カテゴリー「ヴュータン Vieuxtemps」の8件の記事

クリストのCD その2

過去記事を見て思い出したのだが、
クリストのCDで同じく廃盤になったもの。

「至高のヴィオラ名曲集」というタイトルで、フンメル、テレマン、ヒンデミット、カサドシュ、ヴュータンの曲が納められている。面白いのはヴュータンのエレジーで、なんと弦楽合奏による伴奏版・・・面白いです。一聴の価値あり。

このCD、ひっそりと復活してましたよ。びっくり。
ただし5枚組CDの一枚として。

クリストの伴奏を務めていたのはベルリン弦楽ゾリステン(ベルリン・フィル弦楽ゾリステン)。彼らの録音全集CDの一枚として再発売、ということで。
探していた方は是非。でもお値段高いなあ。単品で復活してくれれば良かったのに。

ベルリン・フィル弦楽ゾリステン録音全集
TYCE-85006/10
(クリストのCDは5枚目)

|

Duo brillant その3

しつこく待ってみるものである。

何回か記事にした、ヴュータンのDuo brillant 全曲youtubeにアップしてくれた方あり。
感謝!である。
3楽章が特に良い!やはり楽譜見てるだけより音源があると嬉しい♪♪も少し待ったら、ヴィオラ版の方をアップしてくれる人がいるかも♪と期待してしまうなあ。

Vieuxtemps : Duo brillant, op.39


映像は1,2楽章。終楽章もアップされているので探してみて。

| | コメント (4)

Duo brillant その2

根気よく探してみるものである。
以前気になっていたヴュータンのDuo brillantという曲。編成はヴァイオリンとチェロ(またはヴィオラ)と伴奏オケ。

その後、ということでご報告。

たまたま検索してみたら、まずは楽譜がIMSLPにアップされていた(以前は外国の某大学のライブラリーにしか無かった)。
ふっふっふ。嬉しいわ。
それと、演奏をアップしてくれている人がいた!
素晴らしい!
2楽章?のadagioだけなのだけれども。
ヴィオラではなくチェロなのだけれども。伴奏もピアノなんだけど。

楽譜見ながら聴いていたけどとても素敵な曲でした。
どうせなら全曲アップしてくれないかな。気長に待ってます。
それと演奏会に取り上げてくれる人日本にいませんかね?是非。。。

Vieuxtemps : Duo brillant, op.39

追記:全楽章アップされてました。こちらから。

| | コメント (0)

ヴュータン:ヴィオラ・ソナタ

いくつかの音楽系のメルマガを登録しているが、一番頻繁に送ってくるのが某中古CD店のもの。先日、待ちかねた情報が届き行ってみた。
以前欲しいCDとして挙げていたブルーノ・ジュランナのCD。
メルマガではアルペジョーネ・ソナタとして紹介していたが、私の目当てはカップリングの曲。

ヴュータンのヴィオラ・ソナタ。
わーい。ついに手に入りました。思えば昔、FMで聴いてから探し続けての再会。噛み締めるように聴いております。3枚ほどこの曲のCDを持っていますが、やはり思い入れのあるジュランナのCDが良いですなあ。

ヴュータンはいくつかのヴィオラの曲を書いている。どれもどことなく陰のある曲。ソナタも未完成のものを含め2曲書いている。完成したヴィオラソナタは作品番号から言うとヴァイオリン協奏曲第4番と第5番の間にある。作曲家として脂ののっていた時期の作品。エレジーも作品30であるから、決して後年ヴュータンが体が不自由になった時期の作品ではない。
華やかなヴァイオリン曲を書いたヴュータンだが渋いヴィオラの音色も好きだったのだろうか。3枚ほどこの曲のCDを持っているので、改めて解説を読んでみると、ヴァイオリン同様ヴィオラも名手であったとの記述が。
とある解説にはハノーファーのゲオルク5世に献呈されたとの記述もあり。

3楽章構成。中でも第2楽章の「舟歌」が好きだ。
弾いてみようと楽譜を取り寄せてみたら、結構なハイポジション。
途中曲調が変わる部分からさらに高音になり・・・きゃー弾けない。

この楽章に限らず、結構高音域使ってるよね、このソナタ。でもキンキンした印象を感じないのは、例えば冒頭のように上手く低弦の音を織り込んでいるからなのかな?

このジュランナを始めとする他のヴィオラ奏者の方々はハイポジで弾いてますって感じで弾いていなく(当たり前だが)、さらりと弾いていてなんだか悔しい。
第1楽章もいいね。冒頭のゆったりとした部分が特に。
第1、第2楽章が充実しているので第3楽章があっさり終わってしまうのがちょいと不満。

さて、ジュランナのCD。
翌々見ると録音が荒川区民会館と書いてあるのにびっくり。
伴奏者が岩崎淑さんなので、日本での録音だとは思っていたが、区民会館ですか。
それってサンパール荒川??情報求む

Vieuxtemps : Sonata in B flat major for Viola and Piano, op.36
Bruno Giuranna (Viola)
Shuku Iwasaki (Piano)
[日本コロムビア CO-3523]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Duo brillant

わぁ~、ヴュータンのスペルが間違ってましたね。カテゴリーに堂々と。
今気がついて、直しました。スイマセン。

ところで、ヴュータンといえば探している曲があります。
Duo brillant op.39という曲。

ぱっと検索すると、ヴァイオリンとチェロのデュオと出てくると思いますが、

ヴァイオリンとチェロ(またはヴィオラ)の曲らしい。
・・・いや、かもしれない。

たまたま、とある外国の大学のライブラリーを検索していてこの楽譜を見つけたんですけどねえ。ヴィオラのパート譜には「編曲」の文字がなかった気が・・・。
オリジナルなのかなあ、ご存知の方いらっしゃいますか??

気になってしょうがないのですが、どう検索しても音源が出てきません。
ようやくどこかの演奏会で演奏しましたよというのが見つかっただけ。

CD出てないのかなあ。
聴きたいなあ~。できればオケ伴奏版。

探求は続く。

Vieuxtemps : Duo brillant, op.39

追記:映像発見!こちら

再追記:全楽章の演奏映像発見。こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲しいけど・・・

あら、ミッテンヴァルトのサイトっていつの間にリニューアルしたんでしょうか?

弦楽器CD専門店ミッテンヴァルト。

久々にサイトを覗かせていただきましたが、ネットショップにはわくわくするものがありましたね。特に書籍!

「アンリ・ヴュータンの生涯」って何?
そんな書籍出てたなんて知りませんでした。
読んでみたい!

でも

30,000円は高い・・・

うーん。

他の古書店をあたるか?

弦楽器CD専門ミッテンヴァルト

他の古書店に無いか検索してみたらこんなお店が出てきました。
本の一覧を見るだけでも楽しいサイトでしたのでこちらも見てくださいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴュータン:エチュード

病院帰り、気分転換のため神保町へ。

久々にK書店に行くと、ヴィオラの譜面があった。
ヴィオラアンサンブルの譜面と・・・おお、ヴュータンの譜面があるではないか!
700円という値段も気に入って即購入。

etude(練習曲)というタイトルで、ヴィオラとピアノという編成。
どーせ、ヴァイオリン曲の編曲じゃないの?と思ってたら、どうも本当にヴィオラの曲らしい。

楽譜はAllegro。16分音符弾きっぱなし。

音源はないのか?と調べてみた。持ってるヴュータンのヴィオラ曲集のCDには入っていない。completeって書いてあるのにね~。
検索すると1種類該当するものがあったが、すでに発売終了らしく、中古のみ。

うーん。
欲しいけど、カード払いは嫌だなあ。どこかに売ってないかなあ。
探索は続く。

Vieuxtemps : Etude for Viola and Piano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ短調op.31

合わせもの。それはオケの楽しみ。
交響曲や組曲もいいが、独奏者を迎えての協奏曲も楽しい。
なんたって間近で独奏が聴けるのだから。

やるからには伴奏が楽しい曲がいいな。
今までやった曲で何が楽しかっただろうか・・・ラフマニノフの2番ピアノ協奏曲、サンサーンスのチェロ協奏曲、ラロのスペイン交響曲、モーツァルトのクラリネット協奏曲・・・そうそうシベリウスのヴァイオリン協奏曲もよかったな。

今やるとしたら、ブルッフとヴュータンのヴァイオリン協奏曲かな。
ヴュータンは第5番が有名なようだけど、私は断然第4番を挙げたい。
何気に買ったパールマンのCDは衝撃的でした。
技巧的でかつオペラのアリアのようなヴァイオリンの歌いまわし。伴奏の劇的なこと。
第1楽章の冒頭のオケからいいですね。この前奏から何が始まるんだろうと思わず引き込まれてしまいます。そして2楽章のアダージョには泣けます。

このCDを聴いてから、ヴュータンの協奏曲7曲全て集めようと奔走。あと2番3番だけになったところで、NAXOSが出してくれて完了。でも4番がやはり一番いいかな。

なんでヴュータンはメジャーじゃないんでしょうかね?
パールマンとグリュミオーとハイフェッツくらい?しかCDは無さそうなんですが。あ、あとはNAXOSもありますねえ・・・もっと録音して欲しいなあ。

Henri Vieuxtemps : Violin Concerto No.4 in D Minor, op.31
Itzhak Perlman(Violin)
Orchestre de Paris
Daniel Barenboim(Cond.)
[EMI HS-2088]
追記:調べてみたら、メニューインが録音しているようですね。
ヴュータンはヴィオラの曲もいくつか残しています。その話はいずれ。

再追記:フランチェスカッティのLPがアメリカのとあるレーベルでCD復刻されていました。うーん聴いてみたいけど・・・悩むところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

mayonekoお知らせ mayoneko文房具・雑貨 mayoneko日記 mayoneko日記:奏でる mayoneko日記:旅情編 mayoneko気になる mayoneko聴く mayoneko観る mayoneko読む mayoneko調べる mayoneko食す viola アンダーソン Anderson イザイ Ysaÿe ウェーバー Weber ウォルトン walton エルガー Elgar オネゲル Honegger カサドシュ Casadesus カリヴォダ Kalliwoda ガルッピ Galuppi ガーシュウィン Gershwin クライスラー Kreisler クラーク Clarke クロンマー Krommer グリーグ Grieg コダーイ Kodály  コルンゴルト Korngold サン=サーンス Saint-Saëns ザイツ Seitz シベリウス Sibelius シュターミッツ Stamitz シュトラウス R. Strauss, R シュポア Spohr シューベルト Schubert シューマン Schumann ショスタコーヴィチ Shostakovich ジェミニアーニ Geminiani ジョンゲン Jongen ジョン・ウィリアムズ Williams, John チャイコフスキー Tchaikovsky ツェムリンスキー Zemlinsky テレマン Telemann ディッタースドルフ Dittersdorf ドゥランテ Durante ドニゼッティ Donizetti ドホナーニ Dohnányi ドリーブ Delibes ドヴォルザーク Dvořák ニールセン Nielsen ハイドリッヒ Heidrich ハイドン Haydn ハルヴォルセン Halvorsen バッハ J.C. Bach, J.C. バッハ J.S. Bach, J.S. バルトーク Bartók パガニーニ Paganini パッヘルベル Pachelbel ヒナステラ Ginastera ヒンデミット Hindemith ビゼー Bizet ピアソラ Piazzolla ファリャ Falla フィビフ Fibich フォーレ Fauré フンメル Hummel ブラームス Brahms ブリテン Britten ブルックナー Bruckner ブルッフ Bruch ブロッホ Bloch プッチーニ Puccini ヘルツォーゲンベルク Herzogenberg ヘンデル Handel ベルリオーズ Berlioz ベートーヴェン Beethoven ホフマイスター Hoffmeister ボーウェン Bowen マルチヌー Martinů マーラー Mahler ムソルグスキー Mussorgsky メンデルスゾーン Mendelssohn メールラ Merula モシュコフスキ Moszkowski モーツァルト Mozart ヤナーチェク Janaček ユー Yu ラロ Lalo ラヴェル Ravel リスト Liszt リーディング Rieding ルクレール Leclair ルクー Lekeu レスピーギ Respighi レントヘン Röntgen レーガー Reger ロカテッリ Locatelli ロータ Rota ヴィエニアフスキー Wieniawski ヴィラ=ロボス Villa-Lobos ヴィヴァルディ Vivaldi ヴェラチーニ Veracini ヴェルディ Verdi ヴォーン・ウィリアムズ Vaughan Williams ヴュータン Vieuxtemps 音楽の探し物