カテゴリー「プッチーニ Puccini」の3件の記事

プッチーニ vs ヤナーチェク

以前記事にしたプッチーニのレクイエム。もう一種類手に入れました♪
前回の記事を参照していただければお分かりになると思うのですが、このプッチーニのレクイエムは合唱、ハルモニウム(もしくはオルガン)と独奏ヴィオラのための曲。

このヴィオラのメロディーがとてもとても重要なわけで。

今回のヴィオラ・ソロ、艶っぽい♪とてもふくよかな音色。
断然こちらの演奏が好みです~。

さて、前回のディスクは知られざるプッチーニの作品を集めたものでしたが、今回のものはプッチーニとヤナーチェクのそれほど知られていない宗教曲を集めたもの。

ヤナーチェクの宗教曲初めて聴きましたが、なんと美しい曲たちばかりなんでしょう。
例のごとくヤナーチェクは苦手な作曲家の一人だったのですが、好きになりそうです。
ハープの伴奏が印象的な”OTČE NÁS”、プッチーニに対抗してヴァイオリン・ソロが美しい”ZDRÁVAS MARIA”が特にお気に入り。
これらを聴いただけでも満足満足。お腹一杯になるCDなのでした。

Puccini : Requiem
Janáček : Otče Náš
              Zdrávas Maria

The choir of gonville & caius college, Cambridge et al.
(ASV CD DCA914)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プッチーニ:菊

高校時代部活でお世話になった恩師が亡くなったと友人から電話。
昨年末にもやはり恩師の一人が亡くなっていて、私もああそういう歳になったのかなあと、友人の懐かしい方言のシャワーを浴びつつ思う今日この頃。
今日お通夜だったのだが、同期で出席できなかったのは私ともう一人のみ。後輩たちも多数出席したらしい。
そうそう、その当時も人気のあった先生だったのだよ。

今晩は哀悼の意を表してこの曲を聴いています。

プッチーニの菊。

プッチーニがスペインのアマデオ1世の死を悼んで作曲されたもの。アマデオ1世はもともとイタリア・サヴォイ家の出身。権力闘争に疲れ果てて王位を明け渡し、44歳の若さで亡くなる。
弦楽合奏もあるようだけれども、カルテット版がより”泣き”度が高く、こちらが好み。

先生どうぞ安らかに。

Puccini : I Crisantemi

後にオペラ「マノン・レスコー」にもこの曲のメロディーが転用されている・・・らしい
うーん、第4幕のここかしら。映像をつけてみました。探してみてくださいな。

Puccini : Manon Lescaut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プッチーニ:レクイエム

生誕150周年。
プッチーニが気になります。

ヴィオラが美味しい曲と言うと、マノン・レスコーの第3間奏曲。
ソロはあるは、tuttiでもしばらくメロディーを独占と美味しいことこのうえありませぬ。
全曲スコアを見てみると、この曲に限らずヴィオラは美味しいようで、CD・DVDを手に入れねばと今思っているところ。

さて、他には無いのかなと思っていたら、こんな曲がありました。

レクイエム

ヴェルディの4周忌のために作られた曲。短いです。10分にも満たない曲。
で、この曲の編成が面白い。

3声合唱、独奏ヴィオラ、ハルモニウム(またはオルガン)

不思議な編成です。何故に独奏ヴィオラが??
作曲の経緯についてはCDには書かれていないので、良く分からず。
伝記とかを調べてみようかな。

ヴィオラのソロは派手でも技巧的でもない。
ただただ物悲しく行き来する。

楽譜ではcon molt sentimentoという指示が書かれているようだ。

youtubeで検索してみると、二つ映像があった。
一つは伴奏が弦楽合奏に編曲されたもの、一つはオルガンとおそらく独奏オーボエのもの。
当然前者の方がいいね。ヴィオラを弾く姿が確認できるし。

ネットでさらに検索するとこの弦楽合奏版のレクイエムの楽譜も出てくる。これも必見。独奏ヴィオラの楽譜が確認できる。

CDはプッチーニ・ディスカヴァリーズという知られざるプッチーニ作品を集めたもの。
このCD、プッチーニの生誕150周年に合わせて廉価版として再発売されるとか。
嬉しいけど、実はこのヴィオラソロはあんまり好きではない。
他のCDも聴いてみたいな。

Requiem per coro, viola, armonium o organo

L'Orchestra Sinfonica di Milano Giuseppe Verdi

Riccardo Chailly (Cond.)

[ユニヴァーサルミュージック UCCD-1112]→2008年7月に再発売の予定詳しくはこちら

追記:you tubeの画像を追加。これは弦楽合奏版。こちらからどうぞ

再追記:原題が漏れてました。追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

mayonekoお知らせ | mayoneko文房具・雑貨 | mayoneko日記 | mayoneko日記:奏でる | mayoneko日記:旅情編 | mayoneko気になる | mayoneko聴く | mayoneko観る | mayoneko読む | mayoneko調べる | mayoneko食す | viola | アンダーソン Anderson | イザイ Ysaÿe | ウェーバー Weber | ウォルトン walton | エルガー Elgar | オネゲル Honegger | カサドシュ Casadesus | カリヴォダ Kalliwoda | ガルッピ Galuppi | ガーシュウィン Gershwin | クライスラー Kreisler | クラーク Clarke | クロンマー Krommer | グリーグ Grieg | コダーイ Kodály  | コルンゴルト Korngold | サン=サーンス Saint-Saëns | ザイツ Seitz | シベリウス Sibelius | シュターミッツ Stamitz | シュトラウス R. Strauss, R | シュポア Spohr | シューベルト Schubert | シューマン Schumann | ショスタコーヴィチ Shostakovich | ジェミニアーニ Geminiani | ジョンゲン Jongen | ジョン・ウィリアムズ Williams, John | チャイコフスキー Tchaikovsky | ツェムリンスキー Zemlinsky | テレマン Telemann | ディッタースドルフ Dittersdorf | ドゥランテ Durante | ドニゼッティ Donizetti | ドホナーニ Dohnányi | ドリーブ Delibes | ドヴォルザーク Dvořák | ニールセン Nielsen | ハイドリッヒ Heidrich | ハイドン Haydn | ハルヴォルセン Halvorsen | バッハ J.C. Bach, J.C. | バッハ J.S. Bach, J.S. | バルトーク Bartók | パガニーニ Paganini | パッヘルベル Pachelbel | ヒナステラ Ginastera | ヒンデミット Hindemith | ビゼー Bizet | ピアソラ Piazzolla | ファリャ Falla | フィビフ Fibich | フォーレ Fauré | ブラームス Brahms | ブリテン Britten | ブルックナー Bruckner | ブルッフ Bruch | ブロッホ Bloch | プッチーニ Puccini | ヘルツォーゲンベルク Herzogenberg | ヘンデル Handel | ベルリオーズ Berlioz | ベートーヴェン Beethoven | ホフマイスター Hoffmeister | ボーウェン Bowen | マルチヌー Martinů | マーラー Mahler | ムソルグスキー Mussorgsky | メンデルスゾーン Mendelssohn | メールラ Merula | モシュコフスキ Moszkowski | モーツァルト Mozart | ヤナーチェク Janaček | ユー Yu | ラロ Lalo | ラヴェル Ravel | リスト Liszt | リーディング Rieding | ルクレール Leclair | ルクー Lekeu | レスピーギ Respighi | レントヘン Röntgen | レーガー Reger | ロカテッリ Locatelli | ロータ Rota | ヴィエニアフスキー Wieniawski | ヴィラ=ロボス Villa-Lobos | ヴィヴァルディ Vivaldi | ヴェラチーニ Veracini | ヴェルディ Verdi | ヴォーン・ウィリアムズ Vaughan Williams | ヴュータン Vieuxtemps | 音楽の探し物