カテゴリー「ルクー Lekeu」の5件の記事

ルクーのアダージョ その後

風邪ひいてる時にお酒は飲んではいけませぬ・・・
へろへろのmayonekoです。

ルクーの弦楽のためのアダージョ

ええ曲です。
まだ楽譜を購入していませんが、その後映像を見つけました。
となると確認しなければいけないのが、この曲にヴィオラ・ソロがあるかという事。
探しました。
ヴァイオリンやチェロのソロばかりうつってイライラすること5分ほど。

あった!

ヴィオラのソロのアップ映る。

おおお。

あるじゃないかぁ。
ご覧ください。共に感動を共有しましょう♪

| | コメント (0)

またしても・・・ルクー

ルクーのCD、またしてもひょんなことから手に入ってしまいました。

Ensemble Musique Obliqueのもの。某中古店にて。
わーぉ。今年はついてますね。
神保町でもルクーのCDを見かけたんだなあ・・・今度まだあるようだったら買おうかしら。

まずはこのCD、じっくりと聴きたいと思います。

このお店にはとてもお世話になったので、聴かなくなったCDを一度売りに行こうかしら。
ありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルクー:弦楽のためのアダージョ

思いがけず、手に入ったCD。

演奏、というか響きがややデッドなのが気になるが、この曲を聴けた!という喜びの方が強いので良しとしよう。

いいですねえ。バーバーのアダージョというよりはマラ5のアダージェットに近い感じか?
フランクの弟子だけあって同じテーマがぐるぐる回る。
途中転調して明るい感じになるところが特に好きだなあ。

聴いていて気がついたのだが、ところどころ弦楽器のソロがある。
ヴァイオリンはわかるのだが、あとはヴィオラのような、チェロのような・・・
楽譜を検索してみると、弦楽合奏と弦楽三重奏の組合せ。ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ。

ということはヴィオラのソロがあるのだね?

自信が無いんだけど始まって6分弱のあたりはもしかしてヴィオラ・ソロなのだろうか?

楽譜はカルマスにある。うーん調べてみたい。

Lekeu : Adagio pour quatuor d'orchestre, opus 3
Orchestre de Chamble 13
(Pavane ADW7361)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外や意外

以前、注文したはいいが、ずっとメーカーの在庫切れだからどうしましょうという連絡が来ていたルクーのCD。
他のサイトじゃあもう注文できないからとそのままにしていたのだが。。。
今日、商品が揃いましたとのメールがH○Vから届く。

ん?在庫切れじゃなかったのか?
ずっと書かれていた入手困難の文字が該当のCDのページから消えていた。

嬉しさ半分、疑問半分

不思議じゃ。。でも嬉しい。。ありがとうH○V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルクー:ヴァイオリン・ソナタ

先日のだめの最新刊が出ましたね。
今回清良はサン=サーンスのヴァイオリン・ソナタ第1番を弾いてましたよね。
うーん。サン=サーンスのこの曲も好きなんだが、

最近はまった曲。ルクーのヴァイオリン・ソナタ。
いいですねえ。すっかり虜になってしまいましたよ。

曲調は神秘的というか幻想的というか・・・なんかフランクのソナタみたい?と思ったらフランクが亡くなるまでの2年間ほど師事していたそうで。「最後の愛弟子」なーんて解説に書かれているCDもありましたね。

この曲はヴァイオリニスト、イザイの依頼によるもの。
ルクーもイザイもベルギー出身。イザイはこの同じ国出身の若き作曲家の書いたソナタをことのほか気に入って、いたるところで演奏し世に広めた。
そして今度は彼にピアノ四重奏曲の作曲を依頼したのだが、2楽章を書き終わらぬままルクーは短い生涯を終える。

24歳だよ。
若い~。

ということはヴァイオリンソナタはさらに若い時に書いたことになるわけだが、21~22くらいに書き上げたという言葉よりも「晩年」という言葉の方が似合うかもしれない。
少なくともこの2楽章の美しい調べを聴く限りは。

3楽章は私的には3つの楽章の中では今ひとつ。ここで盛り上がるのか?というところであっさり曲調が変わってしまったりしてあんまり面白くない。

聴いたのはグリュミオーの演奏。彼のCDは、他にサンサーンス、ラロの協奏曲を収めたCDを持っているが、はっきり言って良いとは思わなかった。
このCDはいいですね。
ルクーを好きになった半分の理由はこのグリュミオーの演奏によるものかもしれない。

次は弦楽のためのアダージョのCDを注文中。
○MV以外は売り切れだったCDなんだけど大丈夫かな?早く聴きたいよ~

Lekeu : Sonate pour violon et piano
Arthur Grumiaux (Violin)
Dinorah Varsi (Piano)
(Philips PHCP-9653)

追記:やっぱりねー。H○Vにまたやられましたよ。
待たされるだけ待たせて在庫切れだって。。。

再追記:その後、注文をそのままにしておいたら、なんとご注文の商品が揃いましたとのメールが!
えええ?どういうこと?・・・と、とにかく、ありがとうH○V!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

mayonekoお知らせ | mayoneko文房具・雑貨 | mayoneko日記 | mayoneko日記:奏でる | mayoneko日記:旅情編 | mayoneko気になる | mayoneko聴く | mayoneko観る | mayoneko読む | mayoneko調べる | mayoneko食す | viola | アンダーソン Anderson | イザイ Ysaÿe | ウェーバー Weber | ウォルトン walton | エルガー Elgar | オネゲル Honegger | カサドシュ Casadesus | カリヴォダ Kalliwoda | ガルッピ Galuppi | ガーシュウィン Gershwin | クライスラー Kreisler | クラーク Clarke | クロンマー Krommer | グリーグ Grieg | コダーイ Kodály  | コルンゴルト Korngold | サン=サーンス Saint-Saëns | ザイツ Seitz | シベリウス Sibelius | シュターミッツ Stamitz | シュトラウス R. Strauss, R | シュポア Spohr | シューベルト Schubert | シューマン Schumann | ショスタコーヴィチ Shostakovich | ジェミニアーニ Geminiani | ジョンゲン Jongen | ジョン・ウィリアムズ Williams, John | チャイコフスキー Tchaikovsky | ツェムリンスキー Zemlinsky | テレマン Telemann | ディッタースドルフ Dittersdorf | ドゥランテ Durante | ドニゼッティ Donizetti | ドホナーニ Dohnányi | ドリーブ Delibes | ドヴォルザーク Dvořák | ニールセン Nielsen | ハイドリッヒ Heidrich | ハイドン Haydn | ハルヴォルセン Halvorsen | バッハ J.C. Bach, J.C. | バッハ J.S. Bach, J.S. | バルトーク Bartók | パガニーニ Paganini | パッヘルベル Pachelbel | ヒナステラ Ginastera | ヒンデミット Hindemith | ビゼー Bizet | ピアソラ Piazzolla | ファリャ Falla | フィビフ Fibich | フォーレ Fauré | ブラームス Brahms | ブリテン Britten | ブルックナー Bruckner | ブルッフ Bruch | ブロッホ Bloch | プッチーニ Puccini | ヘルツォーゲンベルク Herzogenberg | ヘンデル Handel | ベルリオーズ Berlioz | ベートーヴェン Beethoven | ホフマイスター Hoffmeister | ボーウェン Bowen | マルチヌー Martinů | マーラー Mahler | ムソルグスキー Mussorgsky | メンデルスゾーン Mendelssohn | メールラ Merula | モシュコフスキ Moszkowski | モーツァルト Mozart | ヤナーチェク Janaček | ユー Yu | ラロ Lalo | ラヴェル Ravel | リスト Liszt | リーディング Rieding | ルクレール Leclair | ルクー Lekeu | レスピーギ Respighi | レントヘン Röntgen | レーガー Reger | ロカテッリ Locatelli | ロータ Rota | ヴィエニアフスキー Wieniawski | ヴィラ=ロボス Villa-Lobos | ヴィヴァルディ Vivaldi | ヴェラチーニ Veracini | ヴェルディ Verdi | ヴォーン・ウィリアムズ Vaughan Williams | ヴュータン Vieuxtemps | 音楽の探し物