カテゴリー「バッハ J.S. Bach, J.S.」の12件の記事

アリア

すっかりFMづいているmayonekoです。
決して良い受信状況ではないのですが、東京よりははるかにまし!

今晩は東日本大震災のためのヨーロッパでのチャリティコンサートの模様が放送されていましたね。

最近バッハのアリアをこういったコンサート中継などで良く聴きます。
先日N響も弾いてなかったっけ?

この曲はいつからそういう場で演奏されるようになったのかしら。

他にどの曲がふさわしいか?と聞かれるとうーん・・・と思っちゃいますが、
そうかこういう時にはアリアが演奏されるのだな。

もう何回聴いたかしら・・・
聴くたびに悲しいことを思い出すような曲にならなければよいのだけれども


| | コメント (0)

読響のシャコンヌ

E姐から情報をいただく。

バッハのシャコンヌヴィオラ4重奏版の映像。

読売交響楽団のヴィオラセクションによる演奏です。
2月8日にJTアートホールでこの読響ヴィオラセクションの演奏会があったことを知ったのは終わってしまってからかなり後のことでして・・・

聴きたかったなあ~と思っていただけに、この映像の存在は嬉しかったです。
有難うE姐!

映像はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハのアリア

おかげさまで先日卒園いたしました。
もう、涙・涙でしたねー。
よくぞここまで育ってくれたものだと
卒園式のビデオ撮りながらぐしぐしcrying泣いてました。

卒園証書授与の時に流れていたのはバッハのアリア。巷で「G線上のアリア」と言っているやつ・・・mayonekoはこの言い方は好きではない・・・ですね。これがまた泣けて。。。

ところで、この曲ストコフスキーがくアレンジしてます。フルオケではなく原曲と同じ弦楽合奏なのですが、原曲は1stヴァイオリンがメロディーを担当していますが、こちらではチェロと1stヴァイオリンが交互にメロディーを担当。
では内声はそのままかというと、やはり他の楽器に振り分けてあったり、音も違っていたりとこちらもびっくりの内容。聴いていてなんだか不思議な感じ。
バッハ好きの方だったらこのスコアをみたら怒っちゃうかもねえ。
でも一度演奏してみたいんですけど。アンサンブル大会とかどうだろ?チェロの皆様?

そういえばマーラーも同じく編曲をしてますが、こちらはスコアを持っていないのでなんともいえないけど聴いた感じでは、原曲と変わらないような気がします・・・どこを変えたのかしら?

ぷっぴーが主役の卒園式後は母主役の謝恩会!二次会・三次会・・・4次会?
すごいですよー。最後は明け方の4時だったそうです。
mayonekoは今日中に帰りました~♪

追記:CDデータ追加しました。

J.S. Bach : Air from the Ouverture No.3 in D major
Arranged by Stokowski

BBC Philharmonic
Matthias Bamert(cond.)
[Chandos CHAN9259]

Arranged by Mahler

Los Angeles Philharmonic
Esa-Pekka Salonen(Cond.)
[Sony Classical SK89012]

マーラー編曲の方は、第2組曲と第3組曲を抜粋したもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦戦

本日ぷっぴーのヴァイオリン・レッスン。
発表会の曲の一つ、スズキの教本第一巻から
バッハのメヌエット第一番と言う曲。

簡単に思えて、拍がどうも上手く取れないらしく、苦戦。

・・・2段目にトラップがあるのだな。

ということで、先週のレッスンから昨日まで、手を叩いたり、歌を歌ってみたりと曲の2段目までしか進まず。・・・うう。
なんとか今日は曲の最後まで指の確認をしつつ弾き終えることが出来ました。

・・・まだまだぐちゃぐちゃですが。

最後まで弾けるなんてやっぱり先生はすごいなあ、のせかたが。

ところで、この曲実はバッハの曲ではないようで。
原曲は組曲ト短調 BWV822の中の7番目の曲なのだが、
三省堂の辞書を見ると「他人の作の編曲」とある。

なので楽譜にもバッハ?と?がわざわざついている。
?が取れたバッハの曲を弾くのはもう少し先になりそうです。

ちなみにこれは先生のお嬢様から教えてもらったのだ・・・さすが姉弟子。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハのフォリア?

暑い夜にバッハなんぞ聴いています。

狩のカンタータBWV208
以前紹介した「羊らは安けく草はむ」が入っているやつ。
心なしか涼しげ。心地よいです。

カップリングはBWV212の農民カンタータ。
こちらも良いですねえ。
そういえば、この農民カンタータを聴くたびに気になっていた事があって。

途中でとある舞曲が聴こえてくるのです。

それはフォリア。

フォリアというのは、古い舞曲のひとつ。スペイン起源だといわれていて、やはりシャコンヌやサラバンド同様にテーマの後に変奏が続く。様々な作曲家がこの舞曲を取り上げていて、有名なのはコレッリのヴァイオリン・ソナタ”ラ・フォリア”。
私はジェミニアーニとヴィヴァルディのものが好きだなあ・・・

それはさておき、件のカンタータの中の一曲から、そのタン・ター、タ・ターンというテーマが聴こえてくるんだなあ。
コレッリみたいに、その後凝りに凝った変奏が続くわけではなく、すぐに終わっちゃうんだけど・・・。

そう思いませんか?是非聴いてみてください。

J.S.バッハ:アリア「あたいらのすてきなだいじな式部の大夫さまは」~農民のカンタータ「わしらの新しいご領主に」BWV212より
J.S.Bach : "Unser trefflicher lieber Kammerherr"~Bauernkantate "Mer hahn en neue Oberkeet" BWV212

Concentus musicus Wien
Nikolaus Harnoncourt (Cond.)
[ワーナーミュージック WPCS-21142]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストコフスキーのスコア

買い物ついでに楽譜やさんに寄る。

バッハのトッカータとフーガと小フーガのスコアを発見。
オルガンではなく、ストコフスキー編曲のオケスコア。
そういやうちにもパッサカリアのスコアがある。

ストコフスキーのスコアはちょっと変わっていているのだ。アート(死語?)してます。
音の無い小節がカットされている、というか塗りつぶされるかのように消されているのだ。
白紙の上に音符のある楽器の小節だけが浮いているというわけ。

なので、ずーっと見ていると音符の書かれた小節がまるでリボンのように揺らめいているように見えてきてなんだか怪しい気分になる。リボンが2本になり3本になり・・・最後にはスコアに書かれた全ての楽器の段が揃う。
おお~っ。面白い~と思うのは私だけだろうか。

口で言ってもお分かりにならないと思うので、こちらを見ていただけると、例が載っているのでわかるかと。

ストコフスキーの編曲が嫌いな方も、スコアだけでも覗いてみて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルマスのバッハ

昨日の続き。

バッハの編曲ものの楽譜を探す際に、カルマス(KALMUS)のサイトも覗いて見た。

レスピーギの編曲のものは無かったが、代わりにストコフスキーの編曲がいくつかと、ラフの編曲のものを発見。
ふむふむ。
ラフの編曲したものは有名な「シャコンヌ」。スラトキンのCDに収録されているやつ。
あ、編成にチューバは無いのね。

で、驚いたのはそのリストの中にリードの編曲したものがいくつかあったこと。
例えば「羊らは安けく草はむ」とかね。
リードというのはアルフレッド・リード。吹奏楽で有名な人。
じゃあこれは吹奏楽編成の編曲?
と思いきや、ちゃんと弦楽器がついていてフルオケバージョンの編曲だったりする。

これ、どんなバッハになるのか聴いてみたい。
CDは無いのだろうか?
探求は続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハとレスピーギ

金曜日からぷっぴーが風邪。
治ったんだか治らないんだかという感じでずるずると日曜日。
どこにも行けず、CDなんぞ聴く。

昔バッハイヤーの頃買ったバッハの編曲もののCDを引っ張り出す。
バッハのオルガン曲は好きだが、オーケストラに編曲したものも大好き。
お気に入りのアレンジャーはシェーンベルク、レスピーギ。エルガーにオネゲル。ストコフスキーも今回聴き直してみて、良いかも・・・と思った曲もあり。

シェーンベルクの”聖アン”、レスピーギの”パッサカリア”の編曲は特に素晴らしいと思う。パッサカリアの編曲は他にストコフスキーのものがあるんだけど、迫力が違う。
で、聴きながら思い出したのは、当時スコアが欲しかったんだけど、当時の某楽譜やさんの冊子にレスピーギのスコアは絶版ですと書いてあって諦めたこと。

今もそうなんだろうか?
確かめてみた。

手っ取り早くRICORDIのサイトを検索するが、なんだかよくわかんない。
楽譜販売サイトなど手当たり次第検索してみる。

・・・・

あった!

Passacagliaはuniversalからポケットスコアで。
3 Chorales、
Prelude & FugueはRICORDIからフルスコアで
それぞれ出てるとのこと。

おおぅ~。やっと見つけた~。
いつか頼んでみよう。

Bach-Respighi : Passacaglia and Fugue in C Minor
                    : Three Corale Preludes
                    : Prelude and Fugue in D Major

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハの素顔

ニュースでこんな話題が流れてました。

バッハの顔。実は白髪の短髪。

あ、バッハというのはセバスチャンの方です。
骨が残っているのだそうで、今回デジタル復元となったとのこと。
私の覚えているバッハの顔は音楽室のカツラかぶった顔かなあ・・・
特に今回の画像を見て驚きというのはありませんでしたが、それにしても墓から骨を掘り起こすとは・・・有名人は亡くなっても安眠できないんですねえ。。

ロイターの記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再会!?

ちょっと探し物をしていたら、別の探し物を偶然発見。

フランチェスカッティのバッハの協奏曲集。

おおう、これこれ。
ずーっとずーっと昔に貸してそのまま行方不明になってしまったやつじゃないの。
○年ぶりに国内盤で再会できるとは~(涙)
忘れないようにメモっておこう。全快したら買おうっと。

J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
ジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)/他
ルツェルン音楽祭弦楽合奏団、指揮:ルドルフ・バウムガルトナー
(ユニバーサルクラッシック
 UCCA-3176「バロック名盤1200」 バッハ:ヴァイオリン協奏曲集

追記:
指揮者が誤っていたので直しました・・・ユニバーサルミュージックのサイトのほうはまだ間違っているようですけど・・・バウムガルトナーですよねえ。。ちなみに無くしたCDは輸入版でこちらもまだ販売しているようです。さてどっちにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

mayonekoお知らせ | mayoneko文房具・雑貨 | mayoneko日記 | mayoneko日記:奏でる | mayoneko日記:旅情編 | mayoneko気になる | mayoneko聴く | mayoneko観る | mayoneko読む | mayoneko調べる | mayoneko食す | viola | アンダーソン Anderson | イザイ Ysaÿe | ウェーバー Weber | ウォルトン walton | エルガー Elgar | オネゲル Honegger | カサドシュ Casadesus | カリヴォダ Kalliwoda | ガルッピ Galuppi | ガーシュウィン Gershwin | クライスラー Kreisler | クラーク Clarke | クロンマー Krommer | グリーグ Grieg | コダーイ Kodály  | コルンゴルト Korngold | サン=サーンス Saint-Saëns | ザイツ Seitz | シベリウス Sibelius | シュターミッツ Stamitz | シュトラウス R. Strauss, R | シュポア Spohr | シューベルト Schubert | シューマン Schumann | ショスタコーヴィチ Shostakovich | ジェミニアーニ Geminiani | ジョンゲン Jongen | ジョン・ウィリアムズ Williams, John | チャイコフスキー Tchaikovsky | ツェムリンスキー Zemlinsky | テレマン Telemann | ディッタースドルフ Dittersdorf | ドゥランテ Durante | ドニゼッティ Donizetti | ドホナーニ Dohnányi | ドリーブ Delibes | ドヴォルザーク Dvořák | ニールセン Nielsen | ハイドリッヒ Heidrich | ハイドン Haydn | ハルヴォルセン Halvorsen | バッハ J.C. Bach, J.C. | バッハ J.S. Bach, J.S. | バルトーク Bartók | パガニーニ Paganini | パッヘルベル Pachelbel | ヒナステラ Ginastera | ヒンデミット Hindemith | ビゼー Bizet | ピアソラ Piazzolla | ファリャ Falla | フィビフ Fibich | フォーレ Fauré | ブラームス Brahms | ブリテン Britten | ブルックナー Bruckner | ブルッフ Bruch | ブロッホ Bloch | プッチーニ Puccini | ヘルツォーゲンベルク Herzogenberg | ヘンデル Handel | ベルリオーズ Berlioz | ベートーヴェン Beethoven | ホフマイスター Hoffmeister | ボーウェン Bowen | マルチヌー Martinů | マーラー Mahler | ムソルグスキー Mussorgsky | メンデルスゾーン Mendelssohn | メールラ Merula | モシュコフスキ Moszkowski | モーツァルト Mozart | ヤナーチェク Janaček | ユー Yu | ラロ Lalo | ラヴェル Ravel | リスト Liszt | リーディング Rieding | ルクレール Leclair | ルクー Lekeu | レスピーギ Respighi | レントヘン Röntgen | レーガー Reger | ロカテッリ Locatelli | ロータ Rota | ヴィエニアフスキー Wieniawski | ヴィラ=ロボス Villa-Lobos | ヴィヴァルディ Vivaldi | ヴェラチーニ Veracini | ヴェルディ Verdi | ヴォーン・ウィリアムズ Vaughan Williams | ヴュータン Vieuxtemps | 音楽の探し物