カテゴリー「ウォルトン walton」の5件の記事

りチャード三世が・・・

ウォルトンがらみで探していた「ヘンリー5世」のDVD。その後見つける事が出来ました。
ローレンス・オリヴィエのやつね。

なんと書店で売っている名作映画のDVDの中にあったのですよ。
たまたま入った書店で見つけ、即買いました。

面白かったです。最初は劇場でヘンリー5世を上演している、という形で始まって途中から劇場を飛び出していった演出がいいですね。
背景がもろに「絵」のようなところも昔風でなんともいえず。
あのパッサカリアも確認できました。CDで聴いたそのままではないでしょうか?

ところで、このローレンス・オリヴィエが監督したシェークスピア映画は他に二つあり、かつウォルトンが音楽を担当しているらしいのですが、「ハムレット」はやはり書店で売っているような安いDVDで見つけられた(まだ購入していません)のですが、「リチャード三世」が見つからないのです。
何でこれだけ無いのかしら~??見つからないと尚更欲しくなるのよね。

情報求む。
とりあえずyoutubeでサントラを聴いて気を紛らわそう・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウォルトン:パッサカリア~フォールスタッフの死

楽譜の整理をしていたら出て来ました。おや懐かしい。かなり昔に買いましたよこの楽譜。久々に聴きたくなってCDも棚から出してきました。

ウォルトンのパッサカリアというとチェロの曲にもある?はずなのだが、mayonekoが持っているのは弦楽合奏の曲。映画音楽ヘンリー五世から2曲取り出して「弦楽のための2つの小品」として出版したもの。

1曲目がパッサカリア。2曲目は「やさしき唇に触れて、別れなん」どちらも3分程度の短い曲で譜面もすぐに弾けそうな易しい曲。2曲目はヴァイオリン曲に編曲されて演奏される事もあります。

ウォルトンというと金管バリバリ!というイメージがある方にお勧め。こんな素敵な曲も書いているのですよ♪

残念ながら映画の方は見た事が無くて・・・ローレンス・オリヴィエだっけ?DVDは出ているのでしょうかね。出ているのでしたら一度音楽の確認も兼ねて見てみたいものです。

Walton : Two pieces for strings from the film music "Henry V"
1.Passacaglia : Death of Falstaff
2"Touch her soft lips and part"

English Chamber Orchestra
[Deutsche Grammophon 4390529-2]

ちなみにyoutubeの映像は映画とは関係ないようですけど・・・???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聴ける!? 10

来月今井信子さんがウォルトンを弾きますねえ♪
平日の夜、という時点でmayonekoは行けません(子持ちは辛い・・・)が・・・

プログラム自体も魅力的なオール・イギリスプロ
エルガーのシンフォニーも聴ける♪
この日は1番ですが、違う日には2番も聴けるみたい。

前プロのすずめばち序曲って何?
とても惹かれますねえ。
どなたか行かれましたら是非感想をお聞かせください。

東京都交響楽団
第696回定期演奏会 Bシリーズ
4月15 日(木)19:00開演 サントリーホール
ヴォーン・ウィリアムズ:「すずめばち」序曲
ウォルトン:ヴィオラ協奏曲
エルガー:交響曲第1番
指揮/ジェームズ・ジャッド  ヴィオラ/今井信子

詳しくは都響のサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聴ける!? 7

今回はウォルトンのヴィオラ協奏曲。
以前小野富士さんの独奏で実演を聴いた事があります。

なんと今回ご紹介のソリストは清水直子さんだ。
おっ、これは楽しみな。

他の曲目も魅力的。オールイギリスプロ。ブリテンのソワレ・ミュージカル、エルガーのエニグマ・・・いいですねえ。

これは是非聞きたいのだが・・・でもこの演奏会は仙台フィルの定演なのでした。仙台はきついなあ・・・。どなたかか聴きに行ってくださって感想を是非お聞かせくださいませ。

仙台フィルハーモニー管弦楽団第240回定期演奏会
(9月11日(金)午後7時開演・9月12日(土)午後3時開演)
詳しくはこちらを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォルトン:ヴィオラ協奏曲

オケのある方にスコアを貸したところ、先日宅急便にて我が家に帰還。
お貸ししたのは、
ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルクによる管弦楽版)
のスコアであったが、戻ってきたそのスコアと一緒に

ウォルトン:ヴィオラ協奏曲

のスコアが。
そういえば貸してくれると言ってたな~と思い、パラパラとめくる。
えらく立派な表装だと思ったら

このスコア、なんと1929年版と1962年版(現行版)の合本だった。
すごい。
・・・というか2ヴァージョンあるという事を実は知りませんでした。
うちの所蔵CDはどっちなんだろう。わくわく♪

なんでヴィオラじゃないのにこんなスコア持っているんでしょう I さん?

内容を紹介したいのですが、まずはじっくり読ませてくださいな。
詳細はまた今度、ということでスコア到着報告でした♪

他にもぷっぴー宛ての駄菓子を大量にいただく。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

mayonekoお知らせ mayoneko文房具・雑貨 mayoneko日記 mayoneko日記:奏でる mayoneko日記:旅情編 mayoneko気になる mayoneko聴く mayoneko観る mayoneko読む mayoneko調べる mayoneko食す viola アンダーソン Anderson イザイ Ysaÿe ウェーバー Weber ウォルトン walton エルガー Elgar オネゲル Honegger カサドシュ Casadesus カリヴォダ Kalliwoda ガルッピ Galuppi ガーシュウィン Gershwin クライスラー Kreisler クラーク Clarke クロンマー Krommer グリーグ Grieg コダーイ Kodály  コルンゴルト Korngold サン=サーンス Saint-Saëns ザイツ Seitz シベリウス Sibelius シュターミッツ Stamitz シュトラウス R. Strauss, R シュポア Spohr シューベルト Schubert シューマン Schumann ショスタコーヴィチ Shostakovich ジェミニアーニ Geminiani ジョンゲン Jongen ジョン・ウィリアムズ Williams, John チャイコフスキー Tchaikovsky ツェムリンスキー Zemlinsky テレマン Telemann ディッタースドルフ Dittersdorf ドゥランテ Durante ドニゼッティ Donizetti ドホナーニ Dohnányi ドリーブ Delibes ドヴォルザーク Dvořák ニールセン Nielsen ハイドリッヒ Heidrich ハイドン Haydn ハルヴォルセン Halvorsen バッハ J.C. Bach, J.C. バッハ J.S. Bach, J.S. バルトーク Bartók パガニーニ Paganini パッヘルベル Pachelbel ヒナステラ Ginastera ヒンデミット Hindemith ビゼー Bizet ピアソラ Piazzolla ファリャ Falla フィビフ Fibich フォーレ Fauré フンメル Hummel ブラームス Brahms ブリテン Britten ブルックナー Bruckner ブルッフ Bruch ブロッホ Bloch プッチーニ Puccini ヘルツォーゲンベルク Herzogenberg ヘンデル Handel ベルリオーズ Berlioz ベートーヴェン Beethoven ホフマイスター Hoffmeister ボーウェン Bowen マルチヌー Martinů マーラー Mahler ムソルグスキー Mussorgsky メンデルスゾーン Mendelssohn メールラ Merula モシュコフスキ Moszkowski モーツァルト Mozart ヤナーチェク Janaček ユー Yu ラロ Lalo ラヴェル Ravel リスト Liszt リーディング Rieding ルクレール Leclair ルクー Lekeu レスピーギ Respighi レントヘン Röntgen レーガー Reger ロカテッリ Locatelli ロータ Rota ヴィエニアフスキー Wieniawski ヴィラ=ロボス Villa-Lobos ヴィヴァルディ Vivaldi ヴェラチーニ Veracini ヴェルディ Verdi ヴォーン・ウィリアムズ Vaughan Williams ヴュータン Vieuxtemps 音楽の探し物