カテゴリー「mayoneko読む」の87件の記事

されど値札

某書店。
新刊本も扱っているがそこの目玉は古書。沢山の文庫やコミック、雑誌・・・etc.
4月にこちらに来て以来、お気に入りの書店の一つとなり、時間があればぷっぴーとお気に入りの本を探しに行く。お値段的にもとても助かる助かる・・・

しかし、この書店古書の取り扱いを始めた日が浅かったのだろうか、困ったことが一つだけあった。それは値札。ちょっと大きめなのはまだいいのだが、ばっちり本の表紙にくっついていて剥がすのに難儀するのだ。きちゃなーくはがれちゃったり、のりが残ったり。下手したら本が破けちゃうぞ・・・

本棚にしまうとき他の本にくっつくのも嫌だが、何よりもこの本がまたリサイクルされる、という可能性を考えていないのだろうか・・・

と思っていたら、最近値札シールが変わった。剥がしやすくなってる!?

誰か指摘してくれたんだろか?
ありがたや。

| | コメント (0)

本屋さん

ここでの行きつけの本屋さんを探すべくうろうろしてます。
探す本屋は大型書店。出会う本屋さんは小さな本屋さんだと思うのだな。

店構えは小さいけど変わった・心躍るような・長居したくなるような品揃えの本屋さん。

とりあえず一軒見つけた。
INAXブックギャラリーみたいなところ。
も少し探してみよう。

| | コメント (0)

発信する本屋さん

書店・図書館系のつぶやきが面白いものがいくつもあって楽しい。
どちらかというとこちらから行って本の山に埋もれて探すことが好きなmayonekoですが、発信してもらうのも良いなあと。
しかも新刊情報ではなく、おすすめ本的な。
よく書店に行くと店員さんの手書きカードが添えられているような、あれですね。

個人的には書泉グランデ、岩波書店のつぶやきがはまってますねー。

他にもありそうだなー開拓してみよっと。

| | コメント (0)

図書館も・・・

先日、テレビ局の呼びかけで児童書を被災地に贈ろう、という企画に参加して、ぷっぴーが昔読んでいた本を窓口に預けてきました。ぷっぴーのお手紙を添えて。

まだそういう運動をやっているところはあるのかな。と調べてみたらこんなページが出てきました。図書館を始め、博物館・美術館、公民館の被害状況を紹介したサイトです。
東北地方はもちろん、関東地方も多くの施設が被災しているのですね。ぜひご覧下さい。

このページに本を送る運動についていくつかリンクが貼られていたので、問い合わせてみようかと思います。

| | コメント (0)

本屋漂流

昨日銀座に行く用事があって。
思いがけず時間が空いたので、久々にINAXブックギャラリーへ。

110223_1247521

お昼時に行ったので、人が沢山いました。
よ、良かった。当分このお店は無くならないわよね。
相変わらず楽しい企画と本が揃ってます。その日は子供部屋について書かれた本を購入。
そろそろね、机を買ってあげようかなあと思っているのですよ。ぷっぴーさんに。

それはおいておいて、そのあとふらり歩いて丸ビルへ。青山ブックセンターに実は初めて入ったのですが、置いてある本が面白くて長居してしまいました。今までどうせスペース的に小さいし大した本が無いだろうと思っていたけど、mayoneko的にツボにはまる本があって・・・イモムシの本買えばよかったかなあ・・・

銀座~東京コースがまた面白くなりましたよ。

| | コメント (0)

オケ老人!

110203_204532タイトルだけでも十分笑えます。

この前帰省した時の電車の共に買った本。一気に読みましたよ。

主人公はすんごい上手いアマオケに入団希望を出したつもりが、間違えて似たような名前のオケに見学に行っていまい・・・それが世界最高齢?のアマオケだった・・・詳しくは本をお読みください♪

そのすんごい上手いオケとか、東京なら沢山ありそうだわ、と思いつつ読んでおりましたよ。かたやご老人組。なんだかんだで活躍してます。

面白かったけど、いささか話を詰め込みすぎなところがあって。別にスパイ話まで入れなくても良かったんじゃあないかと。かえって話をややこしくさせたんじゃあないかなあ。

それにしても「オケ老人」。mayonekoはいつまで楽器が弾けるだろうか。オケ老人になっても弾きたいものだ。シニアオケというものがあるらしいがほんとだろうか。

他人事じゃあないかも。

荒木源:オケ老人! (小学館文庫)

| | コメント (0)

サンタさん噺あれこれ

ここ数日サンタさんがらみの話が周辺でありまして。
子どもって思った以上にサンタさんの事を信じているのですね。mayonekoもかつてはサンタさんをかつては信じておりましたが、いつサンタさんを信じなくなったのかしら?

その1 とある方のお話し
その方の娘さんが大きくなって、そろそろサンタさんという歳でもないだろうということで、昨年「もう大きくなったから終わりにしますね」といった趣旨のお手紙(サンタさんからのメッセージとして)をプレゼントに添えておいたのだとか。
そうしたら、その娘さんが学校で友人に相談したところ「そんなことない!今年も来るはずだよ」と言われ、今年も来てくれるようにどうやったら頼めるのかと娘さんに相談されてしまったのだとか。

その2 先輩ママから
「こんな本を読んだのよ」と渡された本。題名がずばり「サンタクロースっているんでしょうか?」(偕成社)。アメリカの実話(wikipediaより)をもとにした本で、世の中には洒落た事をしてくれる方がいらっしゃるのねえとつくづく思う。
実際高学年のクラスで読まれたそうだが、最初は「いるわけないよ!」と大騒ぎしていたクラスが最後にはシーンとなったのだとか。そしてずーっと信じていると思しき子どもたちがうん、うんと力強く頷いていたのが印象的だったのだとか。
この本欲しいけど、売っていないようなのだな。惜しい。

その3 ぷっぴー
で、我が家の娘だが、今年「サンタクロースに会いたいからクリスマスは夜通し起きている!」と宣言。
おや、サンタさん信じていたんだ。それが一番意外。
いつも欲しいものはじいじサンタやお父さんサンタに、とか言っていたくせに

それよりも何が欲しいかそろそろ申告してくれないかしら。直前だとサンタも大変なのよ。

| | コメント (0)

ROME

先日ビックカメラのDVD売り場で激安で売っていたので、購入。
海外ドラマ”ROME”前半シリーズで870円也。調べたらamazonより安かった。
カエサルがポンペウスとの戦いに勝ってから暗殺されるまでが前半シリーズ。
お子様には見せられないシーンが多々あるが面白い。
オクタヴィアヌスの母親がすごい嫌な女で(史実は違うらしいが)、いらいらしながら見ております。

途中まで見て、そういえば塩野七生の「ローマ人の物語」を途中まで読んでそのままであったことに気づき、せめて見たDVDまでは追いついておかねばとこちらも購入。昨日ようやく本の方はルビコン越え。

しばらくはまりそうです。


| | コメント (0)

ホーガン

知らなかった。。。
今日の朝刊を見てSF作家のジェイムズ・P・ホーガンが無くなった事を知った。
まだ69歳だそうだ。

mayonekoはこの方の作品に一時期はまったことがありまして。懐かしくも悲しい想いをいたしましたよ。
「星を継ぐもの」が一番好きでした。謎を解いていくミステリー小説のような味わいがあって(ラストが感動的!)。ちなみにハント博士がお気に入りでしたねえ・・・ダンチェッカー博士も良かったけど。
「ガニメデの優しい巨人」、「巨人たちの星」までは買い続けて、他にも「断絶への航海」とか本屋さんで見かけたら買ってましたけど・・・そうそう、星野之宣氏が漫画化したやつとかも買ったなあ・・・。
でもやっぱり「星を継ぐもの」が一番好きでした。

もう作品が読めないんですねえ・・・遅くなっちゃいましたけどご冥福をお祈りします。

最近はフラッシュフォワードが面白かったのでロバート・J. ソウヤーに興味あり。でも本屋に無いのね~。

| | コメント (0)

三国志検定

ぷっぴーが最近ハマっているもの。
それは三国志。漫画だけど。横山光輝の。
本棚にあった文庫版(しかも途中までしか買ってなかった)を読み始め、トイレに持ち込んでまで読みふける熱心さ。お気に入りは劉備。

だんなは自分と同じ趣味だと喜んで、本屋を駆け回り全30巻買いそろえちゃいました。
文庫版じゃなかったら60巻あるのよね、これ。。。置き場所が。。。

そうこうしているうちに、昨日の新聞の広告に横山光輝「三国志」検定なるものを発見!
う、受けられるのか?
ただいま家族会議中。


Ban_ymsk_180_60


| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

mayonekoお知らせ | mayoneko文房具・雑貨 | mayoneko日記 | mayoneko日記:奏でる | mayoneko日記:旅情編 | mayoneko気になる | mayoneko聴く | mayoneko観る | mayoneko読む | mayoneko調べる | mayoneko食す | viola | アンダーソン Anderson | イザイ Ysaÿe | ウェーバー Weber | ウォルトン walton | エルガー Elgar | オネゲル Honegger | カサドシュ Casadesus | カリヴォダ Kalliwoda | ガルッピ Galuppi | ガーシュウィン Gershwin | クライスラー Kreisler | クラーク Clarke | クロンマー Krommer | グリーグ Grieg | コダーイ Kodály  | コルンゴルト Korngold | サン=サーンス Saint-Saëns | ザイツ Seitz | シベリウス Sibelius | シュターミッツ Stamitz | シュトラウス R. Strauss, R | シュポア Spohr | シューベルト Schubert | シューマン Schumann | ショスタコーヴィチ Shostakovich | ジェミニアーニ Geminiani | ジョンゲン Jongen | ジョン・ウィリアムズ Williams, John | チャイコフスキー Tchaikovsky | ツェムリンスキー Zemlinsky | テレマン Telemann | ディッタースドルフ Dittersdorf | ドゥランテ Durante | ドニゼッティ Donizetti | ドホナーニ Dohnányi | ドリーブ Delibes | ドヴォルザーク Dvořák | ニールセン Nielsen | ハイドリッヒ Heidrich | ハイドン Haydn | ハルヴォルセン Halvorsen | バッハ J.C. Bach, J.C. | バッハ J.S. Bach, J.S. | バルトーク Bartók | パガニーニ Paganini | パッヘルベル Pachelbel | ヒナステラ Ginastera | ヒンデミット Hindemith | ビゼー Bizet | ピアソラ Piazzolla | ファリャ Falla | フィビフ Fibich | フォーレ Fauré | ブラームス Brahms | ブリテン Britten | ブルックナー Bruckner | ブルッフ Bruch | ブロッホ Bloch | プッチーニ Puccini | ヘルツォーゲンベルク Herzogenberg | ヘンデル Handel | ベルリオーズ Berlioz | ベートーヴェン Beethoven | ホフマイスター Hoffmeister | ボーウェン Bowen | マルチヌー Martinů | マーラー Mahler | ムソルグスキー Mussorgsky | メンデルスゾーン Mendelssohn | メールラ Merula | モシュコフスキ Moszkowski | モーツァルト Mozart | ヤナーチェク Janaček | ユー Yu | ラロ Lalo | ラヴェル Ravel | リスト Liszt | リーディング Rieding | ルクレール Leclair | ルクー Lekeu | レスピーギ Respighi | レントヘン Röntgen | レーガー Reger | ロカテッリ Locatelli | ロータ Rota | ヴィエニアフスキー Wieniawski | ヴィラ=ロボス Villa-Lobos | ヴィヴァルディ Vivaldi | ヴェラチーニ Veracini | ヴェルディ Verdi | ヴォーン・ウィリアムズ Vaughan Williams | ヴュータン Vieuxtemps | 音楽の探し物