カテゴリー「mayoneko日記」の521件の記事

帰還・・・

4月も後半になってしまいました。
昨年は九州に引越ししたて、ということもあり、中々更新できなかったんですけど・・・

なんと

まただんな様が転勤になってしまいました。
しかも東京ですよ。えええっ!

2~3年っていうからついてきたんだけど・・・
娘もびっくりですよ。

ということで、戻ってきました。4月の初めの嵐のような日に。


これでまた落ち着くまでブログはまたのろのろ更新かな・・・

気長にお付き合いください。

| | コメント (0)

あけまして・・・

という時期はすぎてしまいましたね。

すっかりつぶやきの方ばかりで、こちらはご無沙汰なのですが、あちらの方は時がたつと記事や情報が掘り起こせなくなってしまうという事実に今更気づき、

ブログの方もぼちぼち再開しようと思っている次第です。
本年もよろしくお付き合いくださいませ!

| | コメント (0)

第二楽章

前回から1か月経ちそうですが、ぷっぴーのヴァイオリン。そう今やってるのはバッハのBWV1043。順調にレッスンが進んでます。
月三回のレッスンですから今週はお休みなわけで、家での練習をがんばって・・・はいないけど、それなりにおさらいしております。
嬉しいのは、先週から第二楽章をやりはじめたこと。
mayonekoはスズキの教則本で第一楽章しかやらなかったので、嬉しいし羨ましい。。だってきれいな曲なんだもん。
ところがぷっぴー本人は速い楽章が好きなものだから、「えー、もっと第一楽章やっていたいのに・・・」とぶつぶつ言ってたりする・・・困ったもんだ。ちなみに第三楽章は難しいからまた上達したら戻ってこようね♡だそうです。

ちょっと進歩したのは、指のポジションづけにあれこれ自分の意見を言いだし始めたこと。
もともとの指づけが変に難しいところがあって(D線だけで弾けとか)、直してもいいですよーと言われていて、mayonekoが直して翌週に先生に確認してもらうことになっているが、どうもぷっぴー嬢と意見が合わず。時には喧嘩も・・・

ええい、悔しいが、普段はやらない二楽章だ。ひとまず休戦
母も楽しませてくれい。

| | コメント (0)

3/4

ぷっぴーのヴァイオリン・レッスン。
9月から始めたバッハのドッペルコンチェルトはどうなっているかというと、一楽章3ページ中2ページまで進んできました。先日のレッスンで二、三楽章はどうしますか?と尋ねたら二楽章はやりましょうとのお言葉!うれしー!二楽章好きなんだよねえ。がんばってよね、ぷっぴー。

ところで、楽器変えました。1/2から3/4へ。
半年で4センチ身長が伸びたんです。さすがに発表会前に楽器を変えるのはまずいのでやめましたが、楽器が小さく見えてきたのでそろそろかなと。
いつも貸していただいているM女史は東京なので、取りに伺おうかと連絡したら、
「あー、送りますよ」
と送っていただいた・・・感謝感謝です。

楽器を構えてもらったら、丁度良い感じ。
音量も3/4の方が大きい。
「何だか上手くなったような気がする~♪」
と言いながら、練習してます。

1/2を使ったのは半年とちょっと。短かった。さて3/4はいつまで使うのやら。

| | コメント (0)

運動会!?

暑かったらどうしよう・・・と思っていたらまるで衣替えに帳尻を合わせるように、10月にはすとーんと気温が落ちましたね。

先日転校した学校での初めての運動会を経験しました!
前の学校は運動場が狭いのにまあ沢山の人が集まって、押しあいへし合いの運動会。ま、それでも楽しかったんですが、

ここは凄かった。

運動場に行ってみたら、敷物組の場所取りの中に混じって、「テント」や「パラソル付きのピクニックテーブル」が・・・しかもテントでも物凄い大きなものがあったりと、驚きの連続。
まるでハリーポッターの映画で、クィディッチ・ワールドカップのシーンにそんな光景があったような・・・あのテントの中に入ったらもっと広いのかな、なんて想像したりしてました。
見ればおじいちゃんおばあちゃん連れの家族が沢山いたので、そうよね、敷物じゃあつらいわ。

運動会始まれば、児童はもちろん先生方も一生懸命に応援していて好感が持てました。特にぷっぴーの○組の先生は特に力入っていて応援団長を凌ぐほど・・・保護者も盛り上がっていたなあ、ぷっぴーの出番だけ見ればいいやと思っていたけど、あまりの盛り上がりに最後まで立ちっぱなしで見てました。

そうそう、ここら辺の学校って起立する時に「やーっ」って掛け声かけて立ち上がるんだよね。「県民ショー」で見て知っていたけど、改めて間近で見て喜んでました。ちなみに座る時も掛け声がかかるみたい。

楽しい運動会でした。
何よりも、青空の下で運動できた事に感謝しなければいけないね。

| | コメント (0)

密林の楽譜・・・

前回の続き。

市内の楽譜屋で購入したバッハのヴァイオリン協奏曲。
さて何かCDでもとamazonを検索してみたらば、なんと楽譜が出てきた。
えー、今じゃスコア以外の楽譜もamazonで買えるのか。。。知らなかった。
しかも値段がさっきかったものより大幅に安かったことに衝撃を受けてマス。

・・・ほんとに安んだもの。。ショック

ただ、amazonさんは到着に時間がかかると書いてあったので、その分割増しとして、まあ良しとしよう。

・・・今度から先に調べてから買いに行くべし。

| | コメント (0)

次の楽譜

ぷっぴーさんの次のレッスン曲はバッハの二つのヴァイオリンのための協奏曲。
「楽譜を用意しておいてくださいねー、あ、貸しましょうか?」
と先生のお言葉。
確か持っていた気がしたので大丈夫と家に帰って探したらば、ありゃ、ありませんでした。
一楽章だけならスズキの教則本に載っていたわとこちらも見たが、4巻に2ndが載っていたが、今回ぷっぴーは1stと指定されていたのだった。
さてどうしようか。スズキの5巻に1stが載っているが、情報によると5巻は10月に改訂版が出るので、できたら改訂版が欲しいなあ、と。
じゃあ普通にバッハのこの曲を買っちゃえと市内の楽譜屋さんへGO。メジャーな曲だからあるだろうと探したら確かにあるある。
何冊かぱらぱら見て気が付いたのだが、教則本の何がいいかって、ボーイングとかフィンガリングが書いてあることなのね。普通に楽譜を買うとものによってはまっさらなわけで。自分でボーイングをつけるなんてまだまだうちの子にはできないよ。。。

やっぱり5巻にしようか、いや、やっぱりこっちにしようかと悩んだ末、オイストラフ編のペータース版を買う。指遣い書き込んであるので・・・

教則本の有難味を知った一日でした。

追記:よく考えたら最初から先生に楽譜借りればよかったのよね。そしたら指づかいとか転記できたのにと反省・・・

| | コメント (0)

良い子・・・

8月ももう終わってしまうので、本当に備忘録的な書き方になってしまいますが・・・

8月の中旬、ぷっぴーのヴァイオリン発表会がありました。
夏休みに発表会があるというのは初めての経験。
真っ黒に焼けてしまったので、いつものアイボリーのドレスが全く似合わず。
帰省のスケジュールも大幅変更・・・
でも代わりのドレスは可愛くてお値段も優しいものが見つかったし、帰省の飛行機も取りやすい日程に変わったから良かったかも。
そして何よりも夏休みで良かったのは、毎朝練習ができたこと!!
思った以上に難しくて、仕上がらないんじゃないかと思っていたので、夏休みに入ってからの毎朝練習は本当に助かりましたよ。
本人のやる気も日に日にアップして、最後のピアノ合わせも何とかピアニストと息があうまでに。

発表会は他の教室との合同で、ぷっぴーと同い年の子供も参加すると聞いていたので、さぞかし賑やかになるだろうと思っていたら・・・

びっくり

みんなお行儀が良い・・・

楽屋で騒ぐ子は皆無。そして本番30分前になるとみんな一斉にさらいだすという・・・

前の教室ではそんな事(現象)が無かっただけにショック・・・
前はねえ本番前まで遊びまくってましたけど・・・そんな子たちがしっかりと自分の曲を弾きこなすのを見て胸を熱くしたものですが。

そのお行儀のよさは最後の反省会まで続いておりました。

・・・恐れ入りました。

でもぷっぴーは今のままでいいよ。

| | コメント (0)

ドレス!

先日ぷっぴーの発表会用のドレスを買ってきました。

何故今買ったか。

それはなんと今回8月に発表会があるからなのでした。
他の教室との合同なので実は詳細がまだわからず・・・

いやー初めて。こんな真夏に発表会があるなんて。しかも日に焼けて真っ黒なのに持ってるドレスは真っ白だよどうする・・・
ということで、前に通りかかったリサイクルショップで可愛いドレスがあったのを思い出し、行ってみるとお手頃値段でサイズもぴったりだったので即決で買ってきました。
色は赤。日焼けには赤だよねやっぱり・・・

思えば東京の先生に入門して以来一度も買い替えていなかったのですが、前のドレスと並べて吊るしてみるとさすがにもう小さい!良く着てたものだ・・・お疲れ様。

で、曲の仕上がり状況ですが。
夏休みに入ってから毎朝練習しているせいもあって、2楽章後半のカオスの部分が曲らしく聴こえてきましたよ。
発表会まであとちょっと。今度はピアニストとの合わせもあるのだ。

がんばれー。

| | コメント (0)

暑い!

九州5ヶ月目です。
夏休みに入るとどうしても更新が途絶えがち。つぶやきもやってるしね。

それにしても

暑い!

美容院のお兄さんが「ここの夏は暑いですよー。ただ暑いんじゃなくて蒸し暑いの」
といっていたのを実感中。
朝からもう暑いもん。
さらに

蝉!
うるさーい

じゃわじゃわじゃわ~!となく蝉がだいたい6時くらいに鳴きはじめます。
これが強烈なんだな。
一匹鳴くと一斉に鳴いてすごい音量。

そんなわけで九州の夏の朝?満喫してます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

mayonekoお知らせ mayoneko文房具・雑貨 mayoneko日記 mayoneko日記:奏でる mayoneko日記:旅情編 mayoneko気になる mayoneko聴く mayoneko観る mayoneko読む mayoneko調べる mayoneko食す viola アンダーソン Anderson イザイ Ysaÿe ウェーバー Weber ウォルトン walton エルガー Elgar オネゲル Honegger カサドシュ Casadesus カリヴォダ Kalliwoda ガルッピ Galuppi ガーシュウィン Gershwin クライスラー Kreisler クラーク Clarke クロンマー Krommer グリーグ Grieg コダーイ Kodály  コルンゴルト Korngold サン=サーンス Saint-Saëns ザイツ Seitz シベリウス Sibelius シュターミッツ Stamitz シュトラウス R. Strauss, R シュポア Spohr シューベルト Schubert シューマン Schumann ショスタコーヴィチ Shostakovich ジェミニアーニ Geminiani ジョンゲン Jongen ジョン・ウィリアムズ Williams, John チャイコフスキー Tchaikovsky ツェムリンスキー Zemlinsky テレマン Telemann ディッタースドルフ Dittersdorf ドゥランテ Durante ドニゼッティ Donizetti ドホナーニ Dohnányi ドリーブ Delibes ドヴォルザーク Dvořák ニールセン Nielsen ハイドリッヒ Heidrich ハイドン Haydn ハルヴォルセン Halvorsen バッハ J.C. Bach, J.C. バッハ J.S. Bach, J.S. バルトーク Bartók パガニーニ Paganini パッヘルベル Pachelbel ヒナステラ Ginastera ヒンデミット Hindemith ビゼー Bizet ピアソラ Piazzolla ファリャ Falla フィビフ Fibich フォーレ Fauré フンメル Hummel ブラームス Brahms ブリテン Britten ブルックナー Bruckner ブルッフ Bruch ブロッホ Bloch プッチーニ Puccini ヘルツォーゲンベルク Herzogenberg ヘンデル Handel ベルリオーズ Berlioz ベートーヴェン Beethoven ホフマイスター Hoffmeister ボーウェン Bowen マルチヌー Martinů マーラー Mahler ムソルグスキー Mussorgsky メンデルスゾーン Mendelssohn メールラ Merula モシュコフスキ Moszkowski モーツァルト Mozart ヤナーチェク Janaček ユー Yu ラロ Lalo ラヴェル Ravel リスト Liszt リーディング Rieding ルクレール Leclair ルクー Lekeu レスピーギ Respighi レントヘン Röntgen レーガー Reger ロカテッリ Locatelli ロータ Rota ヴィエニアフスキー Wieniawski ヴィラ=ロボス Villa-Lobos ヴィヴァルディ Vivaldi ヴェラチーニ Veracini ヴェルディ Verdi ヴォーン・ウィリアムズ Vaughan Williams ヴュータン Vieuxtemps 音楽の探し物