« 第二楽章 | トップページ | あけまして・・・ »

3つに惑う

以前記事にしたショスタコーヴィチの「ヴァイオリン二台のための二重奏曲」。
3か5かという話から始まって、その後「5つ」のCDがあって・・・という話だったが、
今回は「3つ」の方の話。

3つの方は楽譜だけ見つけていた。
Petersから出ている”Drei Duette”というもの。
「5つ」ほどではないがYoutubeに演奏をアップしている方もいる。
さてCDはないものかと探していたら、

あった。

しかも日本のレーベル「ミッテンヴァルト」から出ていた。
元イ・ムジチのリーダー フェデリコ・アゴスティーニと吉川朝子のデュオによる演奏。
プレリュードとガボットは「5つ」と重なる。

最後のワルツは何の編曲なのかしら、と解説を見ると、楽譜に何も書かれていないので不明とのこと。

あらがっかり。
しかも、楽譜はBelwin-Millsとな。

え、Petersじゃないの?じゃ全く別物なのかしら・・・
どちらも3曲で、プレリュード・ガヴォット・ワルツのようなのだが。

ご存知の方、教えてください~。

Shostakovich : Three Violin Duets

Asako Yoshikawa, Federico Agostini (Vn)

Yasuo Watanabe (Pf)

[ミッテンヴァルト MTWD99007デュオ・セレナーデ]

ちなみにこのCDには他にもヴァイオリン2台(とピアノ)の曲があり、興味深いです。シンディングがおススメ。

|

« 第二楽章 | トップページ | あけまして・・・ »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

ショスタコーヴィチ Shostakovich」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。