« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

その人の名は?

最近medici.tvに登録をしまして。

もちろん、無料映像のみ閲覧可。の方ですけど。でも侮るなかれ、いろいろ面白い映像があるんですよ。楽しませてもらってます。

さてさて、このmedici.tvを見ようとすると最初にサンプル映像が出てくる。おすすめなのか最新のものなのか良く分からないのだが。とある日の映像はこう。女性歌手がオーケストラをバックで歌っている映像。その歌手の後ろで何やらお一人ソロを弾いている弦楽器奏者あり・・・弾いている場所からして、どうもヴィオラのようだ。しかし、このヴィオラ・ソロ長いではないか。

なんだこの曲はー

その曲は、リヒャルト・シュトラウスの歌劇「アラベラ」の第一幕から”Mein, Elmer!”であった。

リヒャルトでヴィオラというとドン・キホーテしか知らなかったが、こんな隠れた”名曲”があったとは!東京にいたならすぐにスコアを閲覧できるところにいって確かめることができるのだが、今できないのがとても悔しい。音が高めなので最初ヴァイオリンかと思ったのだが、映像の位置からどう考えてもヴィオラ。あえてヴィオラにソロを弾かせたのは何故なのだろう。

medici.tvの映像はザルツブルク音楽祭のもので、ソプラノはルネ・フレミング。ティーレマン指揮のウィーン・フィルによる演奏。
フレミングの歌はもちろん素晴らしかったのだが、ヴィオラのソロはもっと素晴らしくて、もっと映して欲しかったよ。このソロを弾いた方のお名前を知りたいのだがどなたかご存じないだろうか。団員名簿と画像検索からChristian Frohn氏ではないかと思われるのだが・・・

この映像だけじゃ弾いているのがヴァイオリンなのかヴィオラなのかわかんないですよね。是非medici.tvで確認してみて!(youtubeに件の映像があるとの情報も・・・)

R.Strauss : Arabella - "Mein Elmer" 

| | コメント (0)

密林の楽譜・・・

前回の続き。

市内の楽譜屋で購入したバッハのヴァイオリン協奏曲。
さて何かCDでもとamazonを検索してみたらば、なんと楽譜が出てきた。
えー、今じゃスコア以外の楽譜もamazonで買えるのか。。。知らなかった。
しかも値段がさっきかったものより大幅に安かったことに衝撃を受けてマス。

・・・ほんとに安んだもの。。ショック

ただ、amazonさんは到着に時間がかかると書いてあったので、その分割増しとして、まあ良しとしよう。

・・・今度から先に調べてから買いに行くべし。

| | コメント (0)

次の楽譜

ぷっぴーさんの次のレッスン曲はバッハの二つのヴァイオリンのための協奏曲。
「楽譜を用意しておいてくださいねー、あ、貸しましょうか?」
と先生のお言葉。
確か持っていた気がしたので大丈夫と家に帰って探したらば、ありゃ、ありませんでした。
一楽章だけならスズキの教則本に載っていたわとこちらも見たが、4巻に2ndが載っていたが、今回ぷっぴーは1stと指定されていたのだった。
さてどうしようか。スズキの5巻に1stが載っているが、情報によると5巻は10月に改訂版が出るので、できたら改訂版が欲しいなあ、と。
じゃあ普通にバッハのこの曲を買っちゃえと市内の楽譜屋さんへGO。メジャーな曲だからあるだろうと探したら確かにあるある。
何冊かぱらぱら見て気が付いたのだが、教則本の何がいいかって、ボーイングとかフィンガリングが書いてあることなのね。普通に楽譜を買うとものによってはまっさらなわけで。自分でボーイングをつけるなんてまだまだうちの子にはできないよ。。。

やっぱり5巻にしようか、いや、やっぱりこっちにしようかと悩んだ末、オイストラフ編のペータース版を買う。指遣い書き込んであるので・・・

教則本の有難味を知った一日でした。

追記:よく考えたら最初から先生に楽譜借りればよかったのよね。そしたら指づかいとか転記できたのにと反省・・・

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »