« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

リストの楽譜

久々にアカデミア・ミュージックのアカデミア・ニュースを見る。
以前だったらお店に寄ったついでにもらっていたので、ちょっとさびしい気分。

見ていくと、Liszt Society Publicationsからリストの室内楽の楽譜あり。
ヴァイオリン、チェロ、ヴァイオリンとチェロ・・・の楽譜が紹介されている。

うむむ、リストには「忘れ去られたロマンス(Romance oubliée)」という曲がある。いろんな楽器に編曲されているがオリジナルはヴィオラではなかったか?・・・まさか楽譜は忘れ去られてないよね・・・とLiszt Societyのサイトを検索してみた。

おお、
Volume 13: The     Complete Music for Viola and Piano
と書かれてあったよ。一安心。
しかし、他にどんな曲があるのかな。まさか一曲だけ?それともイタリアのハロルドが入っているとか・・・
早く中身が知りたいー

Liszt : Romance oubliée

The Liszt society

| | コメント (0)

早い?

今日はぷっぴーとお買い物へ。
ちょいと大きな文房具屋さんに行ったら、「2012年手帳」の文字が。

は、早くない?

と手に取ったら9月始まり。
やっぱりねー、と以下横に移動していくと10月始まり11月始まり・・・1月・・・ん?
なーんと数は少ないけどホントに来年の1月始まりの手帳があった。

え。もう?

と後ろを見たらさらに来年のカレンダーがやはり少ないが置いてあったりして。
8月にもう出始めるんだね、でも私は毎年ほぼ日手帳だから急ぐことはないわ~と思っていたら、ほぼ日手帳は明日発表というつぶやきが入ってきた。

そ、そうなんだ。考えたら今年はもう半分以上経っているんだね。手帳買うのはきっと年末くらいだなあ。

| | コメント (0)

されど値札

某書店。
新刊本も扱っているがそこの目玉は古書。沢山の文庫やコミック、雑誌・・・etc.
4月にこちらに来て以来、お気に入りの書店の一つとなり、時間があればぷっぴーとお気に入りの本を探しに行く。お値段的にもとても助かる助かる・・・

しかし、この書店古書の取り扱いを始めた日が浅かったのだろうか、困ったことが一つだけあった。それは値札。ちょっと大きめなのはまだいいのだが、ばっちり本の表紙にくっついていて剥がすのに難儀するのだ。きちゃなーくはがれちゃったり、のりが残ったり。下手したら本が破けちゃうぞ・・・

本棚にしまうとき他の本にくっつくのも嫌だが、何よりもこの本がまたリサイクルされる、という可能性を考えていないのだろうか・・・

と思っていたら、最近値札シールが変わった。剥がしやすくなってる!?

誰か指摘してくれたんだろか?
ありがたや。

| | コメント (0)

記憶をたどる。

つぶやきを始めたおかげでネットラジオの面白い番組とかCDの情報とか沢山入るようになり嬉しい限り。でもちゃんとメモっとかなきゃだめだね。後でも聴けるからいいやと思っていたやつがどの放送局だったか思い出せなくて困ったことが多々あり。

思い出せないと言えば、アミハイ・グロスがブルッフのop.83でヴィオラを弾くと言うのでFranceMusiqueの番組をチェックしたんだが、冒頭出てきた曲がどう考えてもブルッフの曲じゃない。でも聴いたことあるんだけどなあ~と考えて、ようやくそれがツェムリンスキーのクラリネット・トリオだと思い出せるのに数日かかった。

あーっ悔しい!この曲だって好きなのにぃ。

というかなんでプログラムに無い曲をONAIRするのよ~。
多分・・・多分去年の音楽祭で演奏されたのを紹介したんではないかと思われるのだが。フランス語わかんないので何とも言えず・・・ツェムリンスキーという言葉が聞き取れなかった私がいけないのね・・・いらぬ労力を使ったわ。やっとこの放送を落ち着いて最初から聴ける・・・と思ったら次の曲もブルッフじゃない!?えええっ(しかも曲名がわからん)

演奏はこちらから。30日間聴けるはず。

追記:ブルッフは1:02:30ごろからやっと聴けました。グロスのヴィオラはブルッフに合ってるなあ~。しっとりと聴かせてくれます。

| | コメント (0)

既視感・・・

太っ腹な映像。モーツァルトのK516全曲。
お気に入りのヤンセンだわ、1stViolaがラクリンだわで見始めたのだが、次第に興味は2ndViolaの方へ。
2ndViolaはBPOのアミハイ・グロスなんだが、弾き方が濃いの。隣のラクリンを覗き込んだり、足でカウントしたり伸び上がったり・・・楽章が進むにつれて存在感がさらに増していくのだな。
いいねいいね。見ていて気持ちいいな。音を聴いただけではわからないこれぞ映像の醍醐味。

あれ?

こういう人古巣オケにいたような気がするんだな。もっとすごい存在感だったな。
さて誰だったっけ?? ふふふ

・・・追記。張り付けた映像が試聴不可になってました。2016.5

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »