« 初詣・・・ | トップページ | お知らせ »

庄司紗矢香さん

たまたま検索していたらネットラジオFrance Musiqueで昨年のラ・フォル・ジュルネ(本家のナント開催のもの)が引っ掛かる。
リストの前奏曲とパガニーニのヴァイオリン・コンチェルト第1番。
コンチェルトのソリストは庄司紗矢香さん。
庄司さんの演奏を聴くのは初めて。かつ、久々にパガニーニのコンチェルトを通しで聴きました♪

この曲は難しいですよね。
何がって、「技巧」ではなく「歌」の面で。
過去、技巧を駆使するあまり、この曲の「歌」の部分を忘れている演奏を聴いたことがあり・・・なんだか超絶技巧のところだけ浮いちゃって、曲が流れている気がしないんだよね。終楽章とか・・・、一時期「苦手な曲」の部類に入っていたこの曲。

庄司さんの演奏は良かったですよ。落ち着いていて。二楽章が特に良かったなあ。
しかしパガニーニはほんとにシンバル好きですねえ。どんだけ鳴らすの?てなぐらい使ってますねえ・・・ってオーケストレーションはパガニーニ自身のものでしたっけ?

庄司さんに興味が出たので、公式サイトを覗いてみると、今年はバッハとレーガーの無伴奏作品のCDを出すことが判明。

おおお。レーガーですか!これは嬉しい。
と、言うことでこのネタは続く。

|

« 初詣・・・ | トップページ | お知らせ »

mayoneko気になる」カテゴリの記事

パガニーニ Paganini」カテゴリの記事

レーガー Reger」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初詣・・・ | トップページ | お知らせ »