« 秋深し | トップページ | 2冊目 »

アッカルドのヴィオラ

サルヴァトーレ・アッカルドというヴァイオリニストがいるが、この人ヴィオラも弾くのである。
モーツァルトの室内楽でヴィオラを弾いているのは知っていた。
で、ずーっとmayonekoが探しているのはアッカルドが弾く「パガニーニのヴィオラと管弦楽のソナタ」。
もうCD会社も分かっているが、廃盤でamazonのマーケットプレイスに載っているのみ。
タイトルがヴァイリンとオーケストラの為の作品集とか書かれているので、少々不安だったが、よくよくその画像を見たらば、controviola(contraviola?ちょっと不鮮明で良く分からず)という文言があったので、安心安心。
ちょっと高いしマーケットプレイスは利用しない人なので、再販してくれないかしらと待っている今日この頃。
ちなみにcontoroviolaって五弦ヴィオラの事かしら?。上に弦が増えるのか下なのかと考えていたら、youtubeにupしてくれた人がいた。
もちろん楽器の映像はないし、確実にこの音源がアッカルドかどうかもわからないので確認のしようが無いが、何だか高音を楽々弾いている気がするのよね・・・上かなあ。

演奏は冒頭の短い前奏と最後のクライマックスが収録されていないだけで曲の大体は聴ける。・・・悪いけど今まで聴いたヴィオリストたちの演奏より良いんだけど・・・歌い回しといい、音程といい・・・どうしたものだろう。

やっぱりCD欲しいな。再販を待つ。

|

« 秋深し | トップページ | 2冊目 »

mayoneko気になる」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

パガニーニ Paganini」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋深し | トップページ | 2冊目 »