« 後悔・・・ | トップページ | 飲み物2題 »

ヴィヴァルディ:シンフォニア「聖なる墓にて」

久々にヴィヴァルディを聴きまくっています。
ヴィヴァルディの曲ってゆっくり目の楽章に、はっとさせられるような美しい、神々しい音楽が聴こえることがあって・・・それがmayonekoがヴィヴァルディ好きな一つの理由でもあります。

聴きまくっているうちに、この曲もそうだったと改めて聴いたのが
シンフォニア「聖なる墓に」
この1楽章のAdagioが良くって。不協和音が気持ち良い~。
最初に聴いたのがカラヤン/BPOのCDで、ゆっくりとして、かつ、ぞくぞくするような演奏でした。

今youtubeとかで検索すると、BPOの演奏(8分弱)ってすごく遅かったようで、今は3分~5分くらいなのね。あのテンポに聴きなれた者としてはえらくあっさり聴こえちゃいます。残念。改めてCDを見てみると2楽章ってAllegro ma pocoって書いてあったりしますが、これってどのくらいのテンポなんでしょうかね。Allegroよりは遅いんだよねえ?

教会で是非聴いてみたい曲の一つです。
Vivaldi : Sinfonia al Santo Sepolcro in B minor RV169

|

« 後悔・・・ | トップページ | 飲み物2題 »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

ヴィヴァルディ Vivaldi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後悔・・・ | トップページ | 飲み物2題 »