« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ローソンが

HMVを買収したらしい。

これで何か変わるのか?
良く分からない。
HMVはamazonみたいに配送料無料とかやっていないのよねえ。書籍は無料なんだけど。
クラシック部門やめるとか言わないよね。

しばし見守ります。

| | コメント (0)

前半終了

ROMEの前半セット見終わりました~。
面白い!
カエサルの栄光と死を見ているようで、結局のところカエサルの姪であるアティアとカエサルの愛人のセルウィリアの戦いを見させられている前半。
女の戦い・・・怖いです。

百人隊長ヴォレヌスがしらずしらずのうちに執政官、そして元老院議員になっていく過程も面白い。

あとやはり塩野七生の本を読んでいたおかげで、次こういう事件があるというのがわかって良かった。ガリア人の王が何故ここで出て来たとかね。

ああ、でもカエサルの暗殺のシーンはホント怖かった・・・。
後半セットを早く注文しなきゃ。続きが気になる

| | コメント (0)

暗譜

本日ぷっぴーのヴァイオリンレッスンなり。
金婚式格闘中です。
そういえば最近レッスン日記書いていないなあ。

今日はそろそろ暗譜で来たでしょうと言う事で暗譜大会。
途中で何回も止められて弾き方をチェックされたけどちゃんと暗譜してましたわ。
すごいねー。
私なんか曲が長くなるにつれて暗譜が上手くいかなくて発表会が恐怖だったんだけど。

ということで何とか12月の発表会には間に合いそうです。
そういえば12月にオケのアンサンブル大会もあるよという話が・・・ぷっぴーも参加させようかしら。ちょいと画策中。

| | コメント (2)

ROME

先日ビックカメラのDVD売り場で激安で売っていたので、購入。
海外ドラマ”ROME”前半シリーズで870円也。調べたらamazonより安かった。
カエサルがポンペウスとの戦いに勝ってから暗殺されるまでが前半シリーズ。
お子様には見せられないシーンが多々あるが面白い。
オクタヴィアヌスの母親がすごい嫌な女で(史実は違うらしいが)、いらいらしながら見ております。

途中まで見て、そういえば塩野七生の「ローマ人の物語」を途中まで読んでそのままであったことに気づき、せめて見たDVDまでは追いついておかねばとこちらも購入。昨日ようやく本の方はルビコン越え。

しばらくはまりそうです。


| | コメント (0)

恐るべし

続き。

伊東屋の次に山野楽器に行ってスコアを買う。
んで、階下のクラシックCDに行ってみたのだが、ヴィオラのCDの品揃えときたら、リアルショップでは山野楽器が一番ではなかろうか。しばらく見入ってしまったよ。
だって、レントヘンのヴィオラソナタのCD(しかも3曲全部入っているやつ)があるわ、マルティヌーのヴァイオリンとヴィオラのデュオ(探していた第2番が入っているやつ)があるわ。。。。そう、この店には定番以外が多い。素晴らしいっ♪

難を言えば値段かしら。ネットの方がやはり安い。
しかしすごいわ。見に来るだけでも楽しい♪
山野楽器贔屓にしてます。

| | コメント (0)

楽譜入れを探しに

昨日は銀座におりまして。
3件ほどお店を回っていました。
まずは伊東屋さんで来年の手帳チェック!
ここ数年「ほぼ日」を使っていますが、他に使いやすいものが無いか調べてみようと。
条件は一日一ページ、月間予定表、2年間の予定表つき。マンスリーのページは適度に余白が必要。できれば書きやすいように罫線か方眼になっていること。
・・・無かった。
一日一ページという手帳はあったんですけどね、マンスリーが無かったり、欄が小さくて使いにくかったりしてやっぱりだめ。ほぼ日のマンスリー欄の何がいいかって、周りの適度な余白だったりするのだね。

ということで次はファイルコーナーへ。
先日楽譜入れが壊れてしまって代わりのものを探しているのですよ。
楽譜入れといっても、家からオケの練習に行くときに楽譜を挟んでおくもの。大抵リュックに入れるので適度な硬さが必要。
楽器屋さんで売っている楽譜入れは種類が無く面白くないし、すぐ中が壊れてしまうのね。
伊東屋なら色々なファイルが売っているので何か代わりになるものがあるはずだ・・・

こんなものがありました
スーパーハードホルダー
クリアフォルダーの丈夫なやつ・・・これは業界最厚だそうです。ふふふ
下敷きにクリアフォルダーがくっついているというイメージでよろしいかと。
これならくたくたのリュックに入れても大丈夫そう。色もいろいろあるようだし。
マチつきだと100枚くらいはいるというところも気に入った。
赤と黄色の2色お買い上げ♪
ただね、サイズがA4なの。
せめてA4ワイド(雑誌サイズ)くらいは欲しいなあ。

101018_230735

| | コメント (0)

楽譜屋さんの情報

久々にアカデミア・ミュージックのサイトを覗く。
おや何だか見やすくなってますね。

つらつらと見ていて興味を引いたもの二つ。

一つ目。シューマンのシンフォニーのマーラー版のスコア。
普通レンタルだけれども期間限定で10月末まで販売しますとのこと♪
興味はあるが高いわ~これ。手が出せませぬ。
しかも力み過ぎてサイトトップの告知が10月31日(土)までとなってマス。
10月31日は日曜日ですよ・・・。

気を取り直して二つめ。
シベリウスのアンダンテ・フェスティヴォのオリジナルヴァージョン(弦楽四重奏版)の楽譜が発売されていた♪
こ、これは手に入れなければ。
何が違うか・・・編成もそうだけど、最後の2つの和音が違うのだとか。
そもそもオリジナル版のCDって出ていたっけ?
それも探さねば・・・

たまに覗いてみるものですね。
そういえばメルマガはいつ発行されるんでしょか。今回も登録しましたがまだ準備中・・・

| | コメント (2)

二枚下ろし

ちょっと前からテレビの調子が悪かったりする。
電源を切ったら少しは改善するのでまあいいかと思っていたが、もう我慢の限界。
・・・ここでじゃあテレビの無い生活を、という判断をしないところがmayonekoらしいところで。

で、今日業者さんが来た。
じゃあテレビ持っていきますね。と言うのかと思いきや、ここで直すとな。
え?
と思ったら、テレビ台からテレビを下ろし、カパッとカバーを外して・・・
テレビの二枚下ろし状態。

こんなの滅多に見れない、写真撮りたいと思いながらも邪魔しちゃいかんとじっと見守る私。

「基盤を取り替えたら直ると思いますよ~」
と作業する事10分。再度初期設定し直してくれてはい終わり!
おおお。すごぉい。感動した。

お茶を差し上げて、業者の方が帰って言った後、ふとテーブルの下に妙なものが。

ネジ!

業者の人、ネジ一本締めて行くのを忘れていったよ。
今までの感動はどこへ・・・どこのネジだ?いったい・・・

| | コメント (0)

Caprice

最近youtubeで見かけて気になっているのが、Marco Misciagnaというヴィオリスト。ヴァイオリンも弾くみたいだがそちらの映像よりヴィオラの演奏が気になる。深みのある低音を響かせる方でとても好みの演奏なのだ。
で、それ以上に興味があるのが曲目である。
Marco AnzolettiのCapriceとな?しかも作品125ときたもんだ。
どうやらイタリアの作曲家のようだが詳細分からず。
うむむ知りたい。他にもヴィオラの曲を書いているのかしら?

この作品125、バッハの無伴奏ソナタのヴィオラ版かしら?と思わせるような部分があったり、民族音楽調になったりと、とにかく面白い。
2曲アップしているが、mayonekoはバッハっぽいNo.11が好み。

ふ、譜面を見てみたい。難しいんだろうなあ。。。

CDも探したけど無かった。
出してくれないかしら。絶対買うわよ~♪

Marco Anzoletti : Caprice for viola solo, op.125

映像はこちら

| | コメント (0)

ホーガン

知らなかった。。。
今日の朝刊を見てSF作家のジェイムズ・P・ホーガンが無くなった事を知った。
まだ69歳だそうだ。

mayonekoはこの方の作品に一時期はまったことがありまして。懐かしくも悲しい想いをいたしましたよ。
「星を継ぐもの」が一番好きでした。謎を解いていくミステリー小説のような味わいがあって(ラストが感動的!)。ちなみにハント博士がお気に入りでしたねえ・・・ダンチェッカー博士も良かったけど。
「ガニメデの優しい巨人」、「巨人たちの星」までは買い続けて、他にも「断絶への航海」とか本屋さんで見かけたら買ってましたけど・・・そうそう、星野之宣氏が漫画化したやつとかも買ったなあ・・・。
でもやっぱり「星を継ぐもの」が一番好きでした。

もう作品が読めないんですねえ・・・遅くなっちゃいましたけどご冥福をお祈りします。

最近はフラッシュフォワードが面白かったのでロバート・J. ソウヤーに興味あり。でも本屋に無いのね~。

| | コメント (0)

雨の中の・・・

昨日は雨で、寒かったですねえ。ちょっと前までポカポカした良い天気だったのに。
そんな雨の中行って参りました。
こういうところ。

とあるお祭り。

Kunitachi01

人が少ないか?
と思いきや、中は子供たちを中心に沢山の人がいましたよ。

模擬店♪、実験コーナーや、ミニコンサートなど盛りだくさんでしたが、外が寒くて模擬店やゲームコーナーの人たちが寒そうでした。
我々も寒いから中ばっかりにいましたけどね。


Kunitachi2

「お祭り」終了間際、ずっとピアノを弾いているおじさまがいました。
職員の方かしら?
歩き回って疲れた我々には程良い癒しの音楽になりました。

楽しかったけどとにかく寒かった!

| | コメント (0)

うっかり・・・

うっかりではなく、全く知らなかったのだが、
今週ジャルスキー&ラルペッジャータの演奏会がNHKFMで放送されたらしいの。
調べたらやっぱりそうで、凄いショックだ―。

FMはいろいろ試してはいるけれど電波状況が良くなくて、綺麗に聴こえないから、全く番組表をチェックしないのよ。

世界のネットラジオが色々聴けるのに、肝心の国内FM放送の電波が上手く受信できないってどういうことかしらねえ。ネットラジオしないのかしら某国内放送様。ついでにオンデマンドにししれくれるとなおよろし。

ああ~聴きたかったよ、モンテヴェルディ。。。

| | コメント (0)

歳です・・・

土曜日に運動会、日曜日にオケ練があるとさすがに疲れました。
月曜日は代休だったぷっぴーと一日倒れてましたよ。

歳だなあ。。。

オケ練は山の中の某会場でやっていたのですが、下界に降りてみるとなんともいえないキンモクセイの香りが町の中に溢れていました。
この香りは好きなのですが、場所によっては強く香る場所もあって辛い。なんだかお腹がごろごろしてきます。なんでか知りませんけど。

雨・雨と鬱陶しかったけどようやく秋らしい雰囲気になってきたかしら。

| | コメント (0)

パガニーニ:ギター四重奏曲第15番

以前にパガニーニが書いたヴィオラの曲・・・という話題が出たが、あと一つ紹介していなかった。CDが届いてから~とかいいながらまだ注文していないのだけれども。

パガニーニはギター四重奏曲というものを書いている。
編成は弦楽トリオ+ギター。
主役は当然ヴァイオリンなんだけど、その中の第15番だけ何故かヴィオラが主役なの。
全部で5楽章あるけど、全部主役なのですよ。
最初youtubeで1楽章だけ聴いて、ヴィオラが1stヴァイオリンの位置で弾いていてかつ、あまりにもヴァイオリンの演奏がヴィオラの引き立て役状態でびっくりした覚えあり。普通だったらすぐCDを買うのだが、この映像ではヴィオラがなんだかつまんなそうな演奏をしているのと、いくつかサイトで試聴したものもなんだか淡々としていたので、別にいつか買えればいいかなあと放っておいたのだ。

最近、凄く熱くこの曲を弾く映像を見つけ、これはやはり手に入れねば!と思い始めた次第。パガニーニは演歌だよねえ。淡々と弾くのは面白くない。
できればこの人のCDが欲しい。エルガーのチェロ・コンのヴィオラ版がデビューCDなんてところも気にいったわ。

熱い映像はこちらから(4、5楽章の演奏)

Paganini : Quartet for Guitar, Violin, Viola and Cello no 15 in A major, MS 42

追記:バシュメットがオケ版を演奏するとのこと詳しくはこちら 

| | コメント (0)

久々に晴れた日は・・・

今日はぷっぴーの運動会だったりする。
ずーっと天気が悪かったので、ほんとに晴れてよかった。
でも役員をやっていたので、いきなり早起き・弁当作り・手伝いとわーっと一日が駆け抜けて行くようでしたよ。
ふう。
さすがに夕御飯を作る気にはならなくて家族で外食。
ふう。
これで明日はゆっくりできるかと思いきやオケの練習だったりする。しかも長いんだわ明日は。
ふう。
今週は気が休まらないねえ・・・

| | コメント (0)

三国志検定

ぷっぴーが最近ハマっているもの。
それは三国志。漫画だけど。横山光輝の。
本棚にあった文庫版(しかも途中までしか買ってなかった)を読み始め、トイレに持ち込んでまで読みふける熱心さ。お気に入りは劉備。

だんなは自分と同じ趣味だと喜んで、本屋を駆け回り全30巻買いそろえちゃいました。
文庫版じゃなかったら60巻あるのよね、これ。。。置き場所が。。。

そうこうしているうちに、昨日の新聞の広告に横山光輝「三国志」検定なるものを発見!
う、受けられるのか?
ただいま家族会議中。


Ban_ymsk_180_60


| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »