« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

交通会館前

先日の・・・日曜日だっけ、銀座に行きました。
交通会館前がちょっとした市場になっていて、野菜が安くて思わず買いこんでしまう。
最近野菜高いんだもの・・・銀座で買うとは思わなかったけど。

ほくほく顔で有楽町駅に向かおうとしたら、三省堂書店前にちょっとしたcafeスペースがありました。これは日曜日限定なのかしら?

Yurakuchonocafe

値段も手ごろで、思わず休憩してしまいましたよ。
その日は晴れていたので外で休憩するといい気持ち。
こんなところもっと増えるといいな。

| | コメント (0)

再会!?

知り合いのブログを見ていたら、NHK教育で「ひつじのショーン」がまた始まるとのこと♪

わあい。このアニメ好きだったのよ。
グッズも可愛いものばかりだし。

10月から楽しみが増えるわ。

ひつじのショーン

| | コメント (0)

鬱々と作業中

学校関係の資料を作成中。
早いとこ仕上げてメンバーが閲覧できるところに置かなければいけないのだけれども遅々としてすすまず。
そういえば運動会関係のお知らせももらったなあ。

それにしても鬱々とした天気だねえ。
こんな日にグリーグの曲は似合わないと実感。。。

| | コメント (0)

イカール星人

まったりと旅行記。続き

青森から函館まで船に乗ったのだが、その中で久々に見てしまった。
函館の観光ビデオ。
宇宙人が攻めてきて、函館の観光名物が迎撃するというものだけど・・・随分前にテレビで紹介されていたのを今回は大きなスクリーンで見ちゃって大笑いさせてもらいました。

函館ではぷっぴーの幼稚園時代のお友達(男の子)に会う予定だったので、急きょ売店に走り、ボールペンを買ってお土産に追加しておいたところ、とても喜ばれました。

地元でも人気なのか~。

私が見たのは3バージョンだけど、youtubeを見るとまだまだあるのね。

| | コメント (0)

神保町にて

おととい。
まだ真夏真夏していた日に探し物のためうろうろ。
とある映画のサントラCDを探していたのだが見つからず、秋葉原から流れて神保町へ。

そういえば入ったことが無いなあと神保町のディスクユニオンに行ったが、本来の目的を忘れて2Fのクラシックフロアへ。
新宿・お茶の水に比べてフロアは狭いがmayoneko的には充分な品ぞろえでした♪
いきなりMTTのマーラーのシリーズに出迎えられて驚いた後はひたすらチェック。

以前欲しいなあと思っていたCD2枚と出会い、もう目的の事は忘れ、即購入。
北欧の弦楽合奏のCDと、ベリオ編のマーラーの歌曲集。
マーラーの歌曲集なんか何故か管弦楽のオムニバスのところに入っていて。運命を感じましたね~。こちらはM姐にお土産として購入。

神保町店、今後も贔屓にします♪


| | コメント (0)

メールラ、さらに

昨晩に引き続きメモ。

スウェーデン放送SRでIl Giardino Armonicoの演奏会の模様が放送される。
プログラムの中にガルッピ、ヴィヴァルディ・・・そしてメールラ!

ライブでメールラのシャコンヌが聴けるみたい♪

ええと、現地時間今日の19:30だから・・・何時になるんだっけ??
いつもオンデマンドで聴いてるから全く計算していなかったのだけれども・・・

と、とにかく楽しみじゃ。

| | コメント (0)

なんと、

以前見つけた山田和樹&レーピンのスペイン交響曲の演奏がネットラジオで放送されるようです。

たまたまfrance musiqueの番組表を見ていたら見つけました。
放送予定日は10月8日。

どんなラロが聴けるのか楽しみ♪
予定が変更となりませんように。

france musiqueの番組表(画面右側の”du 04 au 10 octobre 2010”をクリックしてくださいpdfファイル)

追記:リンクを修正しました。

| | コメント (0)

北の大地へ♪

この連休、北海道へ行ってきました。
と、いうのも連休の1週間ほど前、うちのテツなだんな様曰く、
「「帰り」の北斗星が取れた」
というので急遽計画をたてる事に。

当然ながら、行きの北海道に行く電車・飛行機は一杯で取れない~。
なので

100917_160056

新幹線で八戸。八戸から特急で







100917_201422

青森。
4時間かけて到着。
うーん、贅沢な時間の使い方じゃ。

しかし寒い~

思わず家族でホームの駅そば屋さんに駆け込む。
そば屋のおばちゃんはとても親切だったが、言葉がところどころわからず。申し訳ないです・・・。

さて、八戸から特急で実は北海道に行けるのだが、22時すぎになるので青森で下車。
翌日また移動する事に。

さて、何で北海道へ上陸したかというと

100918_074552

船です!

続きます。

| | コメント (0)

涼しい♪

今日は涼しい朝でした。
久しぶりに窓を開け放してその前に扇風機をおいて、少しでも涼しい風を入れようと苦心。
すこしずつ秋になってきましたねえ、でもまだベランダには夏らしさが残ってます。

ぷっぴーが学校から持ち帰ってきたトマト。
7月に旅行から帰ってきたら、真っ白になっていて(虫??)ほぼ壊滅状態だったのが、8月末から復活して、今青々としてます。花もばんばん咲いていて、もう少ししたらこれ、実がなるのではないかしら?強いぞトマト!
それと、同じく8月末ごろから朝顔の芽が出てきましたよ。
6月ごろまいて、7月に一旦芽が出たけど全く伸びず枯れてしまった朝顔。生き残っていた種が発芽したみたい。
今現在30センチといったところ。

秋になるのは良いけれど、もちょっとうちの植物のためには寒くならない方が良いのだなあ。

| | コメント (0)

ザイツ破れる

昨日ぷっぴーのヴァイオリンレッスンでした。

いつものように課題のスケールや練習曲はサクサク合格。
懸案の曲は来週ついに「仕上げ」られるところまできました。ううう。ただし暗譜してこねば。

で、今年二回目の発表会が冬の某日に決定したとのご連絡。
「発表会何にしましょうか」
と先生が案としてぷっぴーに提示したのは2曲。

・ザイツの5番 
・金婚式

でした。
おお、ついに5番を弾くのかっとぷっぴーの反応を見守っていたら、
彼女の選択は

「金婚式にする」でした。

ううう。そうかあ・・・

先生の狙いは「美しく曲を弾く!」ということで、できれば金婚式にして欲しかったということなので、ま、これで良かったのですねえ。
それにしてもこの曲、1stポジションで弾けるじゃん!と思ったら、そうはいかないようになってました。おそるべし金婚式。果たして優雅に弾けるのか?いざチャレンジ。


| | コメント (0)

5円コピー

近所に5円コピーがあると聞いて、行ってみた。
それも郵便局だったりする。
全部じゃないけど一部の郵便局(検索したら出てる)は5円コピー機を置いているのだよ。

何軒か5円コピーを試した事があるが、滅茶苦茶遅いか、店の隅っこにおいてあって身動きとれず・・・ということが多かったので大して期待せずに行ったのだが、思いのほか使いごごち良し。印字もきれいだし~♪
それに知られてないせいか、結構大量にコピーしていたけど他に誰も来ず。

あとレシートが出てくれば言う事無し!

しばらく贔屓にさせていただきます

| | コメント (0)

文庫本

先日久々に本を何冊か買う。
さっそくお気に入りのブックカバーに入れて・・・と思ったら

入らない。

確かに買う前に違和感感じたんだよね。
なんか大きいなあと。
文庫本サイズは文庫本サイズで揃えてほしい。
ブックカバーだけじゃなくて棚に入れるときも一苦労しちゃうよ。

| | コメント (0)

大雨

台風がやってきた水曜日、夏休み明けのぷっぴーのヴァイオリンレッスンだったのです・・・
いやー大変でした。
バスから降りた途端、文字通り滝のような雨になり、前が真っ白になりましたよ。
親子ともども泣きながら先生のお宅へ。インターフォンも雨の音で聞えたかどうかも分からず・・・

さて、レッスンですが、サクサクとスケールや短いエチュードは合格を次々ともらっているのですが、肝心の曲の方は2カ月ほどこう着状態。
早く仕上がるといいなあ、と思いつつも、焦らせてはいけないと、何も言わずに見守ってはいるのですが・・・。
「とにかく良い音で弾きましょう」と今までになく先生は要求が厳しくなったような。

落ち着いて、とにかく落ち着いて、きれいなボーイングで、良い音で。

も少し頑張ってみよか。

| | コメント (0)

レントヘン:ヴィオラ・ソナタハ短調

レントヘンのCDが届く。
収録されていたのは4曲。ピアノ五重奏曲、クラリネット・ヴィオラ・ピアノのためのトリオ、ヴィオラ・ソナタ、弦楽六重奏曲。

弦楽六重奏曲目当てであったが、ヴィオラ・ソナタが思いがけず良くて♪
レントヘンはドイツ人だが、オランダに移住して後にオランダ国籍を取っている。1924年に全ての公職から引退して山荘に籠り、亡くなる1932年まで創作に没頭した。
ヴィオラ・ソナタは3曲。1926年にハ短調、翌1925年に変イ長調・イ短調の作品を書き上げている。
今回購入したCDに収録されていたのはハ短調のもの。全4楽章。聴き応えのある曲である。終楽章がブラームスっぽいか?でも気にならない。
第2楽章が面白い。曲の前半が不思議な感じ?おどろおどろしいというか、不気味というか。。映画音楽だったかにこんな曲あったような・・・とずっとこの部分だけリピートして聴いてみたくなる。譜面欲しいなぁ。

残り2曲のヴィオラ・ソナタも購入してみたい。是非

Röntgen : Viola Sonata in C minor (1924) 
Steven Dann(viola)
Dianne Werner(piano)

[RCA 88697158372 Right Through the Bone (Snys)]

| | コメント (0)

コルンゴルド:私に残されたしあわせ

先日探していた曲がわかる。
コルンゴルドのオペラ「死の都」から「私に残されたしあわせ」でした。
コルンゴルドは初めて聴く作曲家なのですが、改めてyoutubeやらCDを聴いてみると素敵な曲ですねえ。。。
imslpに「死の都」のスコアがあったので、睨めっこして探してみました。この曲ソプラノのソロと思っていたらこの曲は原曲はデュエットなんですね。中々見つからないと思った・・・

興味のある人はIMSLPのスコアを見るべし。
ACT1,NO.5(part 1)→PDFのページで20ページめ。スコアのページでは79ページめの上段後ろから2小節目(Noch langsamer)から曲が始まります。

この曲でヴィオラが美味しいのは、ほんと最初だけなんですけどね。
でもスコアをざーっと見ると全曲を通して結構ヴィオラ・ソロがあったりします。どんなオペラなのかしら。
全曲CDを手に入れて聴いてみよう♪

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »