« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

コントラバス・・・戻った?

今年のG.W.中でしたっけ?
コントラバスが5台も盗まれて・・・というニュースがありましたが、

今日のニュースによると無事解決したようですね。
めでたしめでたし
犯人の「趣味が高じて・・・」というのが気になりますが、弾き手として?作り手として?
同じ音楽を趣味とする人間にとっては悲しい話です。

・・・コントラバスは無事戻ったのかしら。
それも気になる。

niftynewsより

| | コメント (0)

積るCD

月末にかけて何枚かCDが届く。
どれもヴィオラ関係なんだけど、その一枚の中のヴィオラ協奏曲が「なんだこれ?」という出来で、それ以来CD放置。

ああ、最後まで聴かなきゃ感想も書けないわ。
しばしお待ちください。

| | コメント (0)

図書館にて

予約しておいたCDが届いたということで取りに行く。
予約したのはCDだけではなく書籍もなのだが、いつ届くのかなあとカウンターに行くと、職員の方がまずCDを取り出してくれて、手続きを取ってくれた。
ところが、そのCDに大きなメモがついていて・・・
カウンターの向こう側の私からも良く見えたのだが・・・

「すいません、もうひとつご予約の●●という書籍なのですが、行方不明になったようで」
「は?それって図書館内で無くなったということですか?」
「・・・ええ。同じ書籍をご予約するなら他区から取り寄せますがお時間がかかりますけどどうしましょうか?」

うええ、こんなこと初めて。
誰か盗って行ったということ?
読みたかったのにい・・・
とりあえず予約はキャンセル。
困った。

| | コメント (0)

大学の中の

先日誘われて、東大の中のお店へ行ってきました。
前回は赤門近くのイタリアンだったのですが、今回は農学部の方のお店。

Nogakubuomise

奥深く歩いているとこんな感じの建物が。
外国人の方の宿舎?ゲストハウス?のようです。





Omise_114618

 

お店の中の写真取るの忘れた!外にもテーブル席がありましたが、とてもじゃないが中にしました・・・涼しい・・・素敵な店内だけど、ここまでたどり着くまでが大変だなあ。
メニューも英語併記で。でもメニュー自体は和風です。
定食ではおこわは3種類チョイス可



Omise_115505_2

鶏カツ定食(だったかな?)、を頼んでみました。
結構盛りだくさん。
美味しかったです。お値段も850円と手ごろ。

また行きたいです♪




アブルボア



| | コメント (0)

バルトークのデュオ、またしても

スウェーデン放送SR にもう一つバルトークの44の二重奏曲の演奏会の録音あり。
こちらは原曲通り二本のヴァイオリンによる演奏。
・・・やっぱりこっちの方がしっくりきます・・・。悪いけど。
またしても全曲演奏しているわけではないが、演奏前にひとつひとつ曲名を言ってくれているところがありがたい。勢い余って繰り返しをも一回やってしまいそうになったりと、ライブ放送ならではの面白さ(?)も味わえる。

放送は8月18日のもの。最初に違う曲がちょろっと流れる(シューベルト?)が、すぐに本編の放送が始まるのでちょっと待つべし。

| | コメント (0)

あの唄は・・・?

先週の金曜日、何気にテレビをつけたら、ベルリン・フィルのワルトビューネ・コンサートを放映していて。
ああ、今年はルネ・フレミングがゲストなのね~。とテレビつけたまま他の事をしていたのだが、とある曲で、何やら渋い音が・・・

画面を見ると、ヴィオラが映し出されていて、トップ奏者とサイドの清水さんのみが弾いている。
ん?何の曲だろうと思っていたら歌が始まってしまって・・・その後またしてもよそ見をしていたら曲が終わってしまっていて分からずじまい。

ヴィオラがちょろっと前奏を美味しく弾いていたあの曲は何かしら?
NHKのサイトで曲の一覧が出ていたので、大体の見当はついたのだが・・・

| | コメント (0)

ここではもう秋

封筒を大量に買う用があったので、銀座に寄った後は浅草橋へ。
シモジマに行ってきました。
ラッピンググッズとか文具とか売っているお店なのですよ。折り紙一つとってもたくさんの種類が並んでいたりとか。見てるだけでも楽しい♪

ああ、ここも久しぶりに来たもんだから、レイアウトが違っている・・・1階が文具じゃなかったっけー。
1階フロアがパーティグッズ売り場になっていてしかもハロウィーン一色。。。

100821_154227

そうか業者さんの心はもう秋も半ばごろに飛んでいるのね。

せっかく来たので最上階から1階まで見て回りました。
相変わらず楽しいお店だわ~♪
お目当ての封筒と、ぷっぴーの文具など買い込む。

満足。

| | コメント (0)

案内版は大いに語る

某駅で見かけた案内版。

駅員さんとっても困っているんだろうなあという気持ちにさせてくれたので思わず写メ。

みなさま気をつけましょうね。

100821_143604

| | コメント (0)

久しぶりに来てみたら

久しぶりに銀座に来てみたら、

銀座インズのHMVが無くなっていた!

家に帰ってネットで見てみたら、6月に閉店になっていたとのこと。
えええー!知らなかったよ~。
6月あたりだったら銀座に来ているはずなのに・・・ぐっすん、これでまた銀座でCDを買う店が減ってしまったよ・・・そいうか山野楽器しか無いってこと???

そういえば、その銀座インズを出たところの風景も変わっていたよ。
昔のヤマハの店舗は、高知県のアンテナショップになっていて(しかも今日オープン?)、その向かいにあったハンバーガーショップ?(追記:思い出した!ウェンディーズです)は喫茶店になっていた。

ああ、東京のお店の栄枯盛衰はほんと激しいわ。

| | コメント (4)

別れ

友人から電話。
飼っていた猫が亡くなったとのこと。享年14歳。
半年間の闘病生活の末に最後は友人の膝の上で逝ったとのこと。
この猫君はとても愛想が良く、人が来るととにかく「遊んでくれー」とじゃれついてくる可愛い猫だった。
友人同様長い付き合いだったので友人宅へ急きょ行くことに。

もちろん、ぷっぴーも一緒。彼女はごそごそとお気に入りの工作を出してきて、「これを●●君に」と手紙も書く。

途中花屋さんにいき、花束を作ってもらう。「猫なんですけどね」と言っても少しも動じず可愛い花束を作ってくれた店員さん。
さすがプロだ・・・。というかそういう希望は最近多いのだろうか。

「明日火葬場からお骨が帰ってくるのよ」
という友人の話を聞き、ついでに夕食もごちそうになる。

・・・そうか、これはお通夜なのだな。

| | コメント (0)

バルトークとレントヘン

放送が聴けるうちに記事を書いてしまおう。

相変わらず贔屓にしているスウェーデン放送 SR 。
今回見つけたのは二つの弦楽トリオの競演のようだ。(放送は7/28。一か月間聴くことが可能)
バルトークの44の二重奏曲、レントヘンの弦楽六重奏曲、ブラームスの同じく弦楽六重奏曲第二番というプログラム。

お、バルトークのデュオだ♪ということで、聴いてみたのだが、
どうも、原曲通りではなく、弦楽六重奏版という表記(スウェーデン語が分からないが多分)。聴いてみたらと二重奏なんだけど、曲毎に楽器の組み合わせが違う、というやつ。
それを冒頭と、ブラームスの前に分けて演奏。全曲やったのかしら?曲順もこんなんだっけ??と首を傾げたが、CD以外で聴けたので満足。mayoneko的には後半の演奏が馴染み深い曲が多かったので嬉しい。

それよりも、思わぬ収穫だったのはレントヘンの弦楽六重奏曲。
全く知らない作曲家で聴き飛ばそうと思っていただけにびっくり。

良い曲じゃありませんか~!

ブラームスのような、メンデルスゾーンのような印象を受ける曲。二楽章が特にメンデルスゾーンの某カルテットを思い起こすような曲。
調べたらヘルツォーゲンベルクやブラームスと交流があったらしい。
是非CDが欲しい、楽譜はないのか?と検索したら、最近CDが出ていたらしく購入できそう。
さらに嬉しいことにこのレントヘンはヴィオラ・ソナタを三曲も書いているらしい。

聴かねば!

Röntgen : Sextet in G major →mayonekoが注文したCDはこれ(Right Through the Bone (Snys)

| | コメント (0)

ただいま

10日ばかり里帰り。
里帰りしつつも小旅行も行ったりと盛り沢山。
だけどやはり主役はぷっぴー。

行きは熊谷までポケモンのスタンプラリー!?という過酷な旅程。

100809_125927

都心のポケモンのスタンプの周りは沢山の子どもたちが群がってましたが、さすがに熊谷はひっそりとしてました。

そこからはようやく普通のコースで実家へ。

実家の駅に着いて驚いたのは、JR西でもポケモンスタンプラリーをやってたこと。さすがにこれは出来なかったけど、まさに真夏の風物詩なのねえ・・・

気が向いたら続きを書きます。。。ではでは

| | コメント (0)

ニールセン:ヘリオス序曲

久々にネットラジオを。
そういえばottavaはすっかり聴かなくなった。曲のぶつぎりを聴かされるよりやはり丸々放送される方を選んでしまう。
スウェーデン放送 SR を見てみたら、過去の放送に興味深いものがいくつかあったので、聴いてみる。
今日はエーテボリ交響楽団/サラステの演奏会(放送は7/29)。
ニールセンのヘリオスにウォルトンのヴィオラ協奏曲、ブラームスの交響曲第4番というプログラム。

まあ素敵♪

ヘリオスは大好きな曲。ニールセンの曲では一番好き。
ニールセンがギリシャを訪れた時に見たエーゲ海の日の出から日の入りまでを現した曲。
10年近く前に、友人がオケでこの曲を弾くんだ♪と教えてくれたのが最初の出会い。
夜明けをむかえて周りの景色の色合いが変わる様を現したかのようなホルンの和音が何とも言えず。そしてトランペットのファンファーレに迎えられ輝きを増す「昼」の部分。
昼から夕方にかけての和音の変化、ホルン(太陽)が海に沈む様子も上手く描写されていると思う。
その冒頭と最後に出てくるヴィオラも美味しい。
日の出の時、そして日の入りの時、太陽であるホルンに連れ添うのはヴィオラの音階のようなメロディーだ。暗闇をチェロやベースが表現しているとしたらヴィオラは太陽と闇の境目を表現しているのだろうか。とてもこの部分は目立つのでまるで主役になったかのように楽しい。

そうそう、気持ちよく弾いていたら、「昼」の部分にフーガがあって、ここが弦楽器の難所なのだ。。調子よくテンポを上げ過ぎると大変な事に・・・。
ここさえなければもっとアマオケで演奏されているはず・・・ということはないか。

さて、今回のサラステ(放送ではサ~ラステと発音するので可笑しい。)なのだが、会場のマイクの位置がおかしいのか、いきなりの違和感。
・・・出だしのベースの音が聴こえないの。。いやそれどころか全体的に聴こえないの。mayonekoのパソコンがいけないのか?

うう、何だか芯が抜けたような演奏に聴こえてしまう。
ホルンもヴィオラもまあまあ良かったのだが、この曲の真の主役はベースである事をまざまざと感じた演奏でしたよ。。

Nielsen : Helios overture, FS32, op.17

| | コメント (0)

失敗・・・

まだまだ夏休みはあるのだけれども、8月になったと思ったとたん半分以上夏休みが終わったと思うのは私だけなんだろうか・・・

今日ぷっぴーさんのヴァイオリンレッスン。
・・・すっかり忘れてました。
わざわざ今日にしたのに。

わーん。
8月はあと月末だけなんだよなあ。

| | コメント (0)

久しぶりに

久しぶりに小沢征爾さんをテレビで見ました。

活動再開と題したニュースだったのですが、すごく痩せていて・・・驚きました。
か、顔が、体格が違う・・・ニュースでは15キロ痩せたと言ってましたが、大変だったのですね。でも映像を見る限り指揮ぶりは弱々しくは無かったです。

同じく食道がんを公表していたサザンの桑田氏にエールを力強いエールを贈られていたのが印象的でした。。。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »