« 昨晩の | トップページ | 取り戻す »

プッチーニ vs ヤナーチェク

以前記事にしたプッチーニのレクイエム。もう一種類手に入れました♪
前回の記事を参照していただければお分かりになると思うのですが、このプッチーニのレクイエムは合唱、ハルモニウム(もしくはオルガン)と独奏ヴィオラのための曲。

このヴィオラのメロディーがとてもとても重要なわけで。

今回のヴィオラ・ソロ、艶っぽい♪とてもふくよかな音色。
断然こちらの演奏が好みです~。

さて、前回のディスクは知られざるプッチーニの作品を集めたものでしたが、今回のものはプッチーニとヤナーチェクのそれほど知られていない宗教曲を集めたもの。

ヤナーチェクの宗教曲初めて聴きましたが、なんと美しい曲たちばかりなんでしょう。
例のごとくヤナーチェクは苦手な作曲家の一人だったのですが、好きになりそうです。
ハープの伴奏が印象的な”OTČE NÁS”、プッチーニに対抗してヴァイオリン・ソロが美しい”ZDRÁVAS MARIA”が特にお気に入り。
これらを聴いただけでも満足満足。お腹一杯になるCDなのでした。

Puccini : Requiem
Janáček : Otče Náš
              Zdrávas Maria

The choir of gonville & caius college, Cambridge et al.
(ASV CD DCA914)

|

« 昨晩の | トップページ | 取り戻す »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

プッチーニ Puccini」カテゴリの記事

ヤナーチェク Janaček」カテゴリの記事

コメント

こんにちは〜。
はじめまして。
テレマンの楽譜を検索していてこちらに飛んできた者です。
ヴィオラ好き、でもアマチュアフルート吹きですがアヤシい者ではありません><。

ヤナーチェクといえば某小説で俄に脚光を浴びている作曲家ですよね。
例のオケの曲の他にはピアノ(小オルガン)のための「草陰の小径にて」ぐらいしか知りませんでしたが、そうですか、宗教曲も書いているんですね。今度聞いてみます♪

以前サン=サーンスの「タランティラ」について書かれていたかと思うのですが、
ピアノ伴奏版の楽譜ならInternational Music Companiyから1500円程度で出ています。オケ伴奏ではありませんが、楽しめるかもしれません、、、、ってご存知でしたらすみません><。

投稿: とにゃまま | 2009年12月27日 (日) 23時07分

とにゃままさま
初めまして、mayonekoと申します。ヴィオラとフルートの曲って意外とあることに気がついた今日この頃、フルート吹きの方にコメントいただけて光栄です。今後ともよろしくお願いします。

楽譜情報もありがとうございました♪・・・これはヴィオラ版では無いのですよね?

PSブログ見ました!とにゃりんかわいい♪♪

投稿: mayoneko | 2009年12月28日 (月) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/47123845

この記事へのトラックバック一覧です: プッチーニ vs ヤナーチェク:

« 昨晩の | トップページ | 取り戻す »