« 椅子・・・ | トップページ | おっとっと・・・ »

マルチヌー:ニッポナリ

久々に歌曲。
題名からお分かりのように日本がらみの曲。CDライナーによると「ニッポナリ」とは日本の和歌17首を独訳したものをさらにチェコ語に訳し出版された詩集のタイトルだとか。
取り上げられている和歌は大和時代、平安時代、鎌倉時代初期のもの。
独訳、さらにチェコ語訳されているため原文から相当外れた訳になっているらしいが、日本の和歌が遠いチェコで紹介されていることは感慨深いものがある。

この「ニッポナリ」から7首取り上げ、マルチヌーが曲をつけた。
タイトルはやはり「ニッポナリ」
取り上げられている歌人は曲順に書きだすと額田王、藤原公経、吉備真備、小野小町、静御前、小野小町、大津皇子。小野小町が2首取り上げられている。

題名に惹かれて手に取ったのだが、ゲテモノかしらと思いきや意外と良い曲で。これまたCDライナーにも書かれていたが曲が進むにつれてドビュッシー?ラヴェル?のような趣き。編成は女声とオーケストラ伴奏。小オーケストラと書かれていて、曲毎にころころと編成が変わる。

2曲目の藤原公経の老年という曲がお気に入り。
弦楽器のアルペジオにのせて憂いを帯びた曲調のメロディーが流れていくのだが、歌に寄り添うようにやはり弦楽器のソロが絡む。
これはチェロ?ヴィオラ?
ありがたい事にCDライナーに各曲の編成の詳細が記されていて。
ふふふ、ソロはヴィオラでした。
soloVla、Hp、Eh、5Vla
やはり歌曲にはヴィオラが良く似合う~♪

4曲目にも伴奏はフルート3本、ヴィオラ4台のみという美味しい編成の曲あり。

思いがけず手に入れたCDだったけどね。サプライズでした。

マルチヌー:ニッポナリ~日本の和歌による小オーケストラ伴奏女声のための7つの歌曲集 H.68
Martinů : Nipponari - Seven songs for female voice and small orchestra H.68

Dagmar Pecková(Soprano)
Prague Symphony Orchestra
Jiři Bělohlávek(cond.)
[日本コロムビア(SUPRAPHON) COCO-75032]

追記:同時収録されている曲の中で、中国の詩による歌曲があるのだけれども。この曲にもヴィオラ・ソロがある(2曲目)。このソロも良いね♪

再追記:CD情報。mayonekoの持っているのは邦盤でして。大元のスプラフォンからでているのは多分これ→(Martinu: Nipponari; Magic Nights; Czech Rhapsody)。ただし、収録曲が一部違っているようではあります。

|

« 椅子・・・ | トップページ | おっとっと・・・ »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

マルチヌー Martinů」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/46867466

この記事へのトラックバック一覧です: マルチヌー:ニッポナリ:

« 椅子・・・ | トップページ | おっとっと・・・ »