« 遭遇・・・ | トップページ | 聴ける!? 9 »

マドリガル、再び

マルチヌーの三つのマドリガル。2枚目なり。

エマーソン弦楽四重奏団のCDにも収録されているらしいと聞き、手に入れてみました。
mayonekoはこのカルテットのヴィオラ奏者、ローレンス・ダットンの音が好きなので、期待を持って。
はいはい、ヤナーチェクのカルテットの合間に入っていましたね。
邦版を手に入れたので、日本語解説あり。面白い話が書いてありました。このマドリガルを初演したのはヨーゼフとリリアン・フックスという兄妹デュオなのですが、このヴィオラ奏者であるリリアンにダットン氏はジュリアードで教えを受けているとか。

おお、それはなおさら期待が持てるわ♪と聴いてみたのですが・・・

うーん、キレイすぎかな。こじんまりした曲に聴こえました。楽譜がそう指示しているのか、演奏なのか・・・

前回紹介したyoutubeの演奏がやっぱり好きだなあ。

マルチヌーのヴァイオリンとヴィオラのデュオ。もう一曲ありますがまだ出会えず。
何処~?

Martinů : Three Madrigals for violin and viola

Philip Setzer(vn),Lawrence Dutton(va)
[ユニヴァーサルミュージック UCCG-1458 ないしょの手紙 ]

|

« 遭遇・・・ | トップページ | 聴ける!? 9 »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

マルチヌー Martinů」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/46722448

この記事へのトラックバック一覧です: マドリガル、再び:

« 遭遇・・・ | トップページ | 聴ける!? 9 »