« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

本日の成果

オケ練が終わってクリーニング屋に行くべく練習場を早々と出たら、ぷっぴー&だんなさまが来ていた。

本日神保町まつりとハロウィン行列に参加したぷっぴー。

で、ハロウィンの成果がこれだ!
Image0411





来年も行けたらいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐったり

昨日はばったりと早くに寝てしまいました。
実家の両親+ぷっぴーと七五三のお買い物をしに池袋に行ったのですが・・・
人ごみに疲れてしまって・・・
ああ、やっぱり私って田舎者だなあ。
もうぐったりですよ。
でも両親はデパートの催事場なんかも嬉々としてまわっているしなあ・・・
私が慣れていないだけか。

さて今日はハロウィン。
ぷっぴーは仮装行列に出かけます。
mayonekoは本日半日オケ練習
ああ、今日もぐったりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれドーガン博士

先日「小学六年生」が休刊になるというニュースがあって、そうかあもうそういう雑誌は読まれないのねえと感慨深かった私。
そういやこういう雑誌もありましたね、学研の科学。
ぷっぴーが好きで良く図書館で借りてますが、最近ネットでも楽しんでいるようで。

今日ぷっぴーが馬鹿笑いしていたやつ。

学研サイエンスキッズというサイトにある「アニメ科学なぜなぜ110番(音が出るので注意。おうちのパソコンで楽しんでね)子供たちの質問にドーガン博士が答えてくれる・・・という設定なのだが。。。

すごいです。
ちっとも答えていなくって笑えます。
がんばれドーガン博士!ちゃんと回答してよ!

ぷっぴーのオススメは太陽と火山の質問。
是非ご覧あれ

・・・ちなみにアニメの最後には「本当の答えはこちら」と真面目な解答編が用意してあります。でもウチのぷっぴーは見てないな、こりゃ。

学研サイエンスキッズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の花粉症

今年はいつ来るかと思っていたのですが、どうやら秋の花粉症シーズンに突入したようです。
目かゆい、鼻かゆい

ああ、もうすぐオケの本番なのに・・・
辛いです。
アップしたい記事があったのですが後日ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らない街を歩いてみた

アンサンブルの練習があったのが半蔵門駅?麹町駅?まあその辺りの施設だったのだが、先に市ヶ谷に用事があったので手前の駅になるが降りてみる。
用事を済ませ、地図で見ると歩けそうだったので楽器を抱えて徒歩で練習場に向かったのだが・・・

この辺りってすごい坂なのね・・・。

ぐぐっと降りてぐぐっと昇るのね・・・知らなかったわー。ヴィオラ抱えて歩くとこじゃあないわね

それと美味しそうなお店も何軒か見つけて思わずmemo。

今度は楽器なしでこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議なカノン

先週間違えて練習に行ってしまった、頼まれアンサンブルの練習。ようやく本日練習なり。
とある団体様の行事での演奏依頼。クラシックとそれ以外併せて10曲ほど。オケ仲間数人とカルテットでの参加。

で、その曲目の中にパッヘルベルのカノンが含まれていて、あちゃー、ヴィオラが3rdviolinをやるのかしら?この前聞いたオクターヴ下を弾いたりと妙なやつかしら?とこわごわ譜面を開いてみたら、

何だか変わっている譜面だった。

最初は普通のカノンヴァージョン+ヴィオラのピッツィカート入りというよくある編成で始まるのだが、そうは言っても一本ヴァイオリンが足りない。ではどうするのかというと
ヴァイオリン2本で3本分の美味しいとこ取り、切り張り状態・・・
ん?何だか変だぞ?変だぞ?でも音楽が続いているような気がするという作りになっていて、笑える。(例えば、ヴァイオリンの冒頭ファミレドシラシドは3回聞こえないといけないからと1stヴァイオリンが3回弾くのだ)後半は何を思ったかチェロとヴィオラのパートをヴァイオリン2本が弾いていしまうという荒業も披露してくれる。

これはちゃんとカノンに聞こえるのだろうか?
録音しておけばよかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供達は大変

今朝PTAのお仕事をさくっとこなして帰ってきました。

インフルエンザの影響で学校行事が延期になったりと大変なのですが、11月から更に・・・

休んだ分の授業時間を取り戻さなければいけないので、授業数が増えるのだそうだ。

あらららこれも大変な話。
ぷっぴー頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドニゼッティ:二重協奏曲

気になるヴィオリストを調べていたら出てきた曲。

ドニゼッティのヴァイオリンとヴィオラのための協奏曲

残念ながら編曲もの。本当はヴァイオリンとチェロのための協奏曲なのだ。
ああ惜しい・・・

ドニゼッティはイタリアのオペラ作曲家・・・ということしか知りませぬ。
ましてやオペラ以外の曲を書いていた事も知らなくて、これは他の曲も調べて聴いてみたい気がふつふつと湧いてきます・・・カルテットとかね。

全楽章あわせても10分くらい?の短い曲なのですが、でもメロディーの泣かせ具合が気にいってます。以前紹介したシュターミッツの協奏交響曲同様、二つの楽器は寄り添いながらメロディーを奏でていくのですが、シュターミッツよりずっと良いなあ~。
ヴィオリストも気にいってます。一瞬チェロか?と思ったくらい深みのある音。高音もきれい。
さて楽譜はあるのかいなと調べてみたらP社にありました。スコアもパート譜も。すごいわ♪でもヴィオラ・ソロの楽譜が無い。これって弾いている方が編曲したのかしら。
それと音源。このyoutubeの元音源は何かしら?・・・CDを調べたけれどもチェロ版しか見当たらない。

うう、知りたいよぉ

Donizetti : Double Concerto in D Minor for Violin and Cello(Violin and Viola version) 

映像は、第1楽章。2楽章~3楽章もあるので調べてみて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

猫雑貨・・・久しぶりに

今日は頼まれアンサンブルの練習・・・のはずだったのだが、指定された練習場に書かれている使用団体名がなんか違うなあ・・・あ、来週だった(泣)

悔しさを胸に、ぷっぴーとだんな様の待つ上野へGO!
待ち合わせ時間にまだ余裕があったので、上野アトレのBLEU BLEUETに寄ってみた。
ううむ可愛い猫雑貨があったので本日2つ購入。
ひとつめ
Image037
食器の水切りスポンジ。




ふたつめ
Image039
ブックカバー。
最近使っている手帳は「ほぼ日」と決まっているので、ブックカバーは自分の好きなものをつけて楽しんでます。去年はTails noteというところでやはり猫柄。
気をつけないといけないのは、「ほぼ日」手帳サイズに合わないブックカバーもあるのね。文庫本サイズだから安心して買って泣いたこともあるので注意したいところ。今日のネコマンジュウ柄のものはぴったり合いました。
来年一年間よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニールセン:信仰と希望の戯れ~フルートとヴィオラのための

ヴィオラの曲って中々音源化されていないもの多し。
なので、気になった曲が聴けるとなるととてもうれしいものである。

以前ホフマイスターのフルートとヴィオラのデュエットの曲を紹介したが、他にこの編成で無いものかと探していたら、見つけた。

ニールセン:信仰と希望の戯れ
である。

楽譜はすぐに見つかったが、音源があるといいなあと探したものの中々見つからず。
数ヵ月後、ふとyoutubeで検索してみたら

あら、これかしら。

某楽譜サイトではこの楽譜の最初の部分を見る事が出来るので、照合してみたがどうも同じ曲なようなので・・・

わあい♪
あったよー。

と聴いています。
きれいな曲。なんだかハイドンというかモーツァルトというか、そういう時代の曲のように聴こえますね。2分ちょっとの可愛い曲。ヴィオラは伴奏福を味わえそう。
タイトルを見ると彼の劇音楽から取られているようで、編曲なのかオリジナルなのかはちょいと不明。調べてみるべし。あ、CDも見つけたい。

Mさんまたデュエットしましょうよ~。

"Faith and Hope Are Playing" for flute and viola from Moderen, Op.41, FS 94

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わお。

某CDショップのサイトで廃盤だと書かれていたCD。
ウンか月ぶりに別のサイトで検索してみると何故か注文OKになっていた。

素晴らしい!これは注文しなければ。

久々にCDを注文するなあ・・・
早速注文してみました。届くのが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サン=サーンス:タランテラ 作品6

クラリネットの曲で気にいった曲があると、ヴィオラに編曲してはいないだろうかと探してしまうのは私だけなんだろうか?

これもそんな曲。サン=サーンスのタランテラ。
編成はフルートとクラリネットでオケの伴奏つき。協奏曲みたいなもんですね。
この曲はフルートとかクラリネットの世界では有名なんでしょうか?
最近知ってお気に入りになってしまった曲なのですが。

チェロのポンポンポンというピッツィカートに乗せてフルートとクラが互いに絡まりながらメロディーを奏でていくのですが、

そこはサン=サーンス。作りが凝ってます。

後半になるとフルートソロと絡んでいるのが伴奏のオーボエだったりとオケも単なる伴奏では無いので忙しかったりします。小編成のようでホルンやトロンボーンも加わっていて意外や意外。意外と言えばヴィオラが2部に分かれていて、伴奏の美味しい部分を弾いていたりしますね。ううむ、IMSLPにスコアがあるので興味のある方はじっくりとご覧あれ。

この曲ヴァイオリンとヴィオラに編曲してないかなあと探したのですが、無いですね。弦楽器だと伴奏に負けちゃうからかしら。誰か編曲してくれないか期待。

Saint-Saëns : Tarentelle pour flûte, clarinette et orchestre, op. 6
CDは今取り寄せ中。CDも映像も伴奏がピアノのものが多いような・・・でもこれはオケ版で聴いてもらわないと・・・!

追記:CDが届きました。オケ伴奏版です。ちょっと演奏が大人しい気がしますねえ・・・
Marc Grauwels(Fl),
Guy Vanderborght(Cl)
Orchestre symphonique de la Radio & Télévision Belge
André Vandernoot(cond.)
[Naxos 8.555977 Romantic Flute Concertos]


| | コメント (0) | トラックバック (0)

公園でカマキリと出会う

連休中日、ぷっぴーは公園に行きたいと希望。あ、そう。どうせなら大きな公園がいいわね。ということでこちらへ。

Image03701





はい。ここにある大きな公園と言うと

昭和記念公園!

満喫してきました。同じ志の親子連れ&グループ多し。今日1日で2万人くらいは来場したみたい。
Image040





子供たちの遊べるところが沢山ありますが、mayoneko的にはこの「みんなの原っぱ」がお気に入り。巨大な原っぱ。ボール投げしたり、走ったり皆思い思いに遊んで過ごすところ。
そして敷物をひいてお弁当を食べると楽しい。

そうそう、カマキリさんに出会いました。すごく大きくてこんなのみたのほんと久しぶり。
Image03900







警戒してます。。。

最後に自転車を借りて公園を約2周して終了。

いいんだろか、明日オケの1日練習なのに・・・。でも楽しかったよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなメモ用紙が・・・

次の定演の音源をK氏より沢山借りる。

で、そのCDについていたメモが・・・

山手線?
音源よりそちらが気になったりして。
Image0361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風一過・・・

台風、凄かったですね。
山手線が止まるとは思わなかったよー。

今日、都内のお母さん達はじりじり時を待っていたはず。

それは。

洗濯物!

2週間くらい雨が続いたのだもの。ましてやmayonekoなんぞ唯一晴れた日が運動会でさ。
早く洗濯物干したい!最近じゃあ乾燥機もあるけどやっぱりお日様が一番!

でも今干したら飛んでっちゃうよー

・・・

mayonekoは13時ごろ決断して干しました。

まだまだ風強かったけどね。

お日様の匂いのする洗濯物、早く乾け~♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな日に限って・・・

地下鉄で傘を忘れてしまいました。
降りてすぐ気がついて駅員さんに言ったところ、すぐに連絡を取ってもらったのですが

・・・

すでにもう私の傘は無かったようで。

でも誰か落し物だと届けたかもしれないので、諦めないでもう一回問い合わせてみてね。
と慰められる。

うう、こんな日に限って。
情けなや。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルツォーゲンベルク:ヴィオラとピアノのためのレジェンド 作品62

全く違う作曲家の、しかもホルンの曲を探していて見つけたCDの中に入っていたヴィオラの曲である。

冒頭を聴いてシューマン?・・・いや、ブラームス?・・・ううむ、ヴュータンのヴィオラソナタみたいだなあと思うところもあり・・・と文句をつけているが、いやはやびっくり。3つの曲(楽章?)があり、聴きごたえのある曲なのだ。そんなにA線の高音を多用していないところもお気に入り。mayoneko的にはアグレッシブな第2曲が好きかな。

ちなみに作曲は1890年ごろ。ヴュータンのソナタは既に作曲済み。ブラームスの方はまだ。

ところでこのヘルツォーゲンベルクって誰?と解説を見てみたらば「ブラームスと親しかったということでのみ知られる」の一文のみ。それは無いだろうと色々調べてみたら、ブラームスとヘルツォーゲンベルク夫妻との間の膨大な書簡をまとめた書籍があり、なんとそれを翻訳して日本語のブログで公開されている方がいらっしゃる。すごい、感動です♪
彼はブラームスの信望者であり、やはり作曲家でピアニストである夫人とともにブラームスとつきあいがあったらしい。この夫人が大変才色兼備な方のようで、公開されている序文を読むだけでもとても興味深い。mayonekoがああだこうだというよりこちらをご覧になった方が宜しいかと。「ヘルツォーゲンベルク書簡集」と検索すると出てきますよ♪

日記の中にこの曲の名前がちらっと出きて感動。CDの解説にはないがヨアヒムに捧げられた曲らしい。(ヘルツォーゲンベルクを紹介しているサイト(ドイツ語)でもやはりヨアヒムとの明記あり。)ヴァイオリンではなくわざわざヴィオラの曲を献呈したのは何故なんでしょうかね。

さて、この曲、よくよく我が家のCDラックを探してみたら違う演奏家でもう一枚あった。でもぜんぜん違う。やっぱりコセがいい。この人こんなにアグレッシヴに弾く人だっただろうか。この人のブルッフを聴きすぎたせいかこの演奏は新鮮であった。
彼の新たな魅力を知ったなあ~。

Herzogenberg : Drei Legenden für Viola und Klavier
Gérard Caussé(Viola)
Vadim Gladkov(Piano)

[Campanella musica C130151 ロマン派の変貌ーライネッケからニールセンへー室内楽作品集]

追記:肝心なことを書き漏らしていました。この曲はゲーテの「ファウスト」第二部から下記の詩に基づき作曲されたとの事。

Pfeile, durchdringet mich,
Lanzen, bezwinget mich,
Keulen, zerschmettert mich,
Blitze, durchwettert mich!
Daß ja das Nichtige
Alles verflüchtige,
Glänze der Dauerstern,
Ewiger Liebe Kern!

をみてマーラー8番!と思った方。同志です。握手しましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦闘・・・

気になっていた作曲家を紹介しているサイトを見つけた。

・・・ドイツ語のみのサイトだった。
うう、わからん。

infoseekのマルチ翻訳にかけてみる。

・・・やっぱりわからん
地道に辞書引きか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足が・・・

インフルエンザの猛威の影響でのびのびになっていた運動会がようやく今日ありました。
いやー、今日くらいでしょ?晴れるの。また明日から雨だよね。
ということで貴重な晴れの日に実施できてよかったよかった。

はじめての小学校の運動会だから、とにかくぷっぴーを応援しなきゃと頑張っていたら、もう午前中には足がぱんぱんで・・・
午後は出番の競技が終わったら、家に戻り、気がついたら倒れて寝ていました・・・
1時間後に起きたけどまだ終わっていない・・・過酷だわここの運動会。

結局4時過ぎに帰って来たぷっぴー。
お風呂に入ってそのあと家族でお出かけして「打ち上げ」。

来年は体力配分考えます・・・うう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館の実力・・・

最近感心した事。

欲しい資料やCDがあったので夜中に図書館のHPから検索し予約。
前はね、同じ区内だったら所蔵の図書館へ行っていたのだがだんだん面倒臭くなって、最寄りの図書館に届けてもらう。便利よ~♪

さらに朝になり、あ、そういえばこのCD聴きたいわと追加で予約。

昼にも一枚予約。

午後にぷっぴーが習い事に行っている間取りに行く。

なあんと、全部届いていた。すごいぞ○○区図書館!
資料がそろうとメールが届く仕組みになっているのだが夜中と朝の分についてはメールが来ていたのね。でも行ってみたらば全て揃っていたの。びっくり。ありがたいことです。

ありがたく聴かせていただきましょう。もちろん返却日は守ってマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら・・・

今更な話でしょうが、ちょっと調べ物をしていまして何気にヤマハのサイトを覗いたら、来年2月に新ビルopen!なんだそうで。

まあうれしい♪あ、銀座店の話ね

気になる楽譜のフロアは2階と3階へ。
きっと楽譜の量も増える事でしょう♪

ということはmayonekoの銀座散策コースも変更を余儀なくされるわけで。ヤマハ近くのHMV(銀座インズ店)もクラシックのCDが減って寄る気が無くなったし・・・。来年までに練り直さねば。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブックマークを・・・

mayonekoLINKSはお友達やコメントをいただいた方でリンクしていいですよ♪と言っていただいた方のブログの一覧でして、
mayonekoBOOK MARKSはmayonekoがよく見に行くページなどの一覧だったりしますが。
そろそろブックマークの方を変更してみよっかな。と思ってます。

あと、最近迷惑トラックバックが増えていまして。
一日に同じものが何通も来る場合も・・・
承認制なのでその都度連絡が来るのですね。困ったものです。
トラックバックそのものを受付しないようにしようかとこれまた検討中。

以上お知らせってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤンセン再び

この前のN響アワー見ました?

ヤンセンのチャイコフスキー。

結局行けなかったので(いつものパターンですが)もう楽しみで♪
素敵な二の腕に惚れました。

が、私とした事が録画をするのを忘れ、ぷっぴーを寝かしつつ聴いていたので途中で夢の国へ・・・・覚えているのは豪快な一楽章のみ・・・うう。

チャイコフスキーの後メンコンやったってホント?
見たかったよー。

<関連記事> ジャニーヌ・ヤンセン パッサカリア ヤンセンのヴィオラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »