« 鍵盤ハーモニカ | トップページ | 天国と地獄のシャコンヌ・・・ »

フィリップ・ジャルスキーのヴィヴァルディ

たまたま手に取ったCDがとても良かった!

Philippe Jaroussky

フランスのカウンターテナー。
スラヴァ以来の感動だわ~

素晴らしい声・・・何と表現したら良いのかな、艶っぽい、でも力強い。
彼の歌声を初めて聴いたのはヴィヴァルディのオペラのアリア集。
そう、ヴィヴァルディもオペラを書いているんですねえ。それも沢山。

ヴィヴァルディの器楽曲ばかり聴いていると、これら声楽が入った曲には驚かされるかもしれない。よりふくよかでウェットな感じ。調和の幻想などの協奏曲の2楽章のよう。

このCD2曲目
歌劇「ジュスティーノ(ユスティヌス)」から"Vedrò con mio diletto"

が特に素晴らしい。。。何度もリピートして聴いてます。

残念なのはこのオペラの「筋」がわからないこと。
解説にはちょこっとだけしか書いてなくって・・・タイトルなどから類推するに、ビザンチン帝国がらみかなあ・・・
あまり紹介されることのないオペラなのでそこら辺解説があると嬉しかったなあ。

さて、このジャルスキーの映像、youtubeで見られないかと探したら、まあ沢山あること!
それに"Vedrò con mio diletto"の映像もあったので是非聴いてみてくださいな。伴奏のヴァイオリンのお姉さんが後半髪振り乱して弾いているところなど見どころあり。あ、もちろんジャルスキーも良いですわ~♪

Vivaldi : "Vedrò con mio diletto"~Giustino
Philippe Jaroussky(Countertenor)
Ensemble Matheus
Jean-Christophe Spinosi
[virgin classics 0094636341422 Vivaldi Heroes ]

フランスの音楽番組の映像のようです。伴奏もCDと同じスピノジ/アンサンブル・マテウスと思われます。

|

« 鍵盤ハーモニカ | トップページ | 天国と地獄のシャコンヌ・・・ »

mayoneko気になる」カテゴリの記事

mayoneko聴く」カテゴリの記事

ヴィヴァルディ Vivaldi」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
12月に、紀尾井ホールで面白そうなコンサートがあることを発見しましたので、おせっかいですが、お知らせしてみますnotes
イルジャルディーノアルモニコの往年のコンサートマスターであるエンリコ・オノフリがヴィヴァルディの四季を全曲弾いたり、ヘンデルのコンチェルトグロッソや、コレッリのコンチェルトグロッソの指揮&演奏もします。それに,,,オケのほうのコンサートマスターは、ジャルスキーといつも共演しているラルペッジャータのコンサートマスター、タンピエリ氏diamondを引き連れての来日です。そうとう楽しみなコンサートではありませんかshine
ファンサイトまで発見しました
http://homepage3.nifty.com/enricoonofri/
盛りだくさんなプログラムが組まれているようですupwardright

投稿: たろじゃまるき | 2009年9月20日 (日) 19時17分

たろじゃまるきさま
初めまして、mayonekoと申します。
素敵なコンサートのお知らせありがとうございます!
個人的には10日の森麻季さんの登場する日が面白そう♪と思いました。

ただ子供がいますので行けるかどうかわからないのですが・・・

今後ともいろいろ教えてくださいませ。
ありがとうございました!

投稿: mayoneko | 2009年9月21日 (月) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/45077601

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップ・ジャルスキーのヴィヴァルディ:

« 鍵盤ハーモニカ | トップページ | 天国と地獄のシャコンヌ・・・ »