« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

次の曲は・・・

本日ぷっぴーのヴァイオリンレッスン。
なんと今年度最後のレッスン。
1年続けられたよね!すご~い。感激だわ。

今日2月から取り組んできた曲が終わって、春の発表会に向けての練習が始まるとのこと。次の曲はまたしてもメヌエット。
お、いい曲だわ♪
楽譜を見てびっくりしたんだけど、この曲3rdポジションを使う部分があるのね。

えーもう?

確かヴィヴァルディの協奏曲で初めて使うんじゃなかったっけ?
あとこんなに装飾音がついていたっけ?

?が沢山私の頭の上でとびかってますが
発表会はまだまだ先。

がんばろー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3分咲き?

お誘いを受けて、花見に行ってきました。

・・・でも寒い。

集合は夕方だし、クリーニングに出そうかなと思っていたダウンコートを引っ張り出してきましたよ。
Image561 本日行って来た某所の桜はこんな感じ。3分咲きくらい??

乾杯はとりあえず外で、その後やっぱり寒いので会場を屋内にうつしてすっかりで飲み会モード。
知らない人ばかりでしたが、楽しくお酒をいただきました。

ぷっぴーも、大人に混じってしゃべっていたかと思えば、遠くに座っていた小学生の男の子といつの間にか遊んでいて・・・楽しかったみたいです。

明日も花見~♪
今度はどのくらい咲いているかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジプシーのおどり?

もうすぐ3月も終わるのだが、ぷっぴーの通っているヤ○ハは何故か4月終わりの5月始まり。
なんか変だよねえ。
4月から新しい習い事をしたい人もいるだろうし、転勤とかもあるだろうし・・・
なんとかならんものか。

ということでレッスンをみていたら、新しい曲だといって出てきたのがこの曲。
あれー、なんだかきいたことがあるような、ないような・・・
(あ、今我が家が予習をしていないことがばれてしまいましたが・・・)

ぷっぴーの楽譜を覗き込んだらヴェルディの「ジプシーのおどり」と書いてあった。
じゃオペラの曲かなあ~?
うちに帰った後も気になったので色々と検索してみる。

おお、椿姫!
第2幕のNoi siamo zingarelle(私たちはジプシーの娘)であった。
youtubeに可愛らしい映像があったのでリンクしてみました。
明日ぷっぴーたちに見せてあげようっと。

Verdi : La traviata ~ Act2. "Noi siamo zingarelle"


| | コメント (8) | トラックバック (0)

自主練

ぷっぴーに、ヴァイオリンを練習している時あれこれ口出しをしないで欲しいと言われる。
むー。
言われたらくやしくて泣いちゃうんだそうな。

なので、最近はmayonekoがご飯作ったり掃除したりしている横で、ギコギコ練習タイム。
自分で今日はここまでやると計画して練習するようになったよ。
この前のレッスンで、「まず楽譜を見て歌ってごらん」と先生に言われ、シュラディックの楽譜とにらめっこ。
「ドレドラ~♪、あ、違うドレドミかあ~♪」
気のせいか楽しそう。

口出ししたいけど我慢我慢のmayonekoなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラクリンのヴィオラ

以前、ハルヴォルセン=ヘンデルのパッサカリアの話題が出たが、その時とりあげていた演奏(youtubeにて)はヴァイオリンがジャニーヌ・ヤンセン。ヴィオラが後で分かったのだが、ジュリアン・ラクリンであった。あら、この人もヴァイオリニストじゃありませんか。

ラクリンの公式サイトを見ると、自らをViolinist/Violistとしている。
何でも2000年ごろからヴィオラ奏者としての活動も開始しているらしい。
ふーむ何があったのやら。
なので、同じくこのサイトにはコンサート履歴も載っているが、
シベリウスやモーツァルトのヴァイオリン協奏曲があるかと思えば、バルトークのヴィオラ協奏曲にドヴォルザークのチェロ協奏曲をヴィオラ用に編曲したものを弾いちゃったり、リサイタルの中にヴァイオリンとヴィオラの曲を入れていたりと・・・実に楽しいことをやっちゃってくれている。
これはヴィオラ専門の奏者には出来ない話。いつもダブルケースにヴァイオリンとヴィオラもって世界を旅しているんでしょうか?

で、じゃあヴィオラを弾いたCDは無いのかと探してみたら、ありました。
ショスタコーヴィチのヴィオラ・ソナタ
初ヴィオラCDがこの曲とは・・・mayonekoが大好きな曲。特に第2楽章のおどけた感じが好き。これはしっかり聴かねば。

ラクリンの演奏は意外にも良い感じ。重過ぎなく、軽すぎなく・・・低音に唸らされるというよりは高音にぞくぞくさせられるというタイプ。。
終楽章が良かった。しっとりとこの一番長い楽章を弾ききった。うん、悪くない。

カップリングは、同じくショスタコの前奏曲(原曲はピアノ)をヴァイオリンとピアノ用に編曲したものと、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ第7番・・・あははは。何でしょうこの組み合わせは。
いいですねえ、この人好きになりそう。ヤンセンがやはりCDにヴァイオリンとヴィオラの曲をカップリングしたのはラクリンの影響なのかも。

もっと早くに知っていればよかった。
日本には来ているの?ヴィオラ弾いていったの?情報を集めなきゃ。

Shostakovich : Viola Sonata in C major,op.147
Julian Rachlin(Viola)
Itamar Golan(Piano)
[Warner Classics 2564 61949-2 Beethoven: Violin Sonata No. 7; Shostakovich: Viola Sonata; 10 Preludes]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハのアリア

おかげさまで先日卒園いたしました。
もう、涙・涙でしたねー。
よくぞここまで育ってくれたものだと
卒園式のビデオ撮りながらぐしぐしcrying泣いてました。

卒園証書授与の時に流れていたのはバッハのアリア。巷で「G線上のアリア」と言っているやつ・・・mayonekoはこの言い方は好きではない・・・ですね。これがまた泣けて。。。

ところで、この曲ストコフスキーがくアレンジしてます。フルオケではなく原曲と同じ弦楽合奏なのですが、原曲は1stヴァイオリンがメロディーを担当していますが、こちらではチェロと1stヴァイオリンが交互にメロディーを担当。
では内声はそのままかというと、やはり他の楽器に振り分けてあったり、音も違っていたりとこちらもびっくりの内容。聴いていてなんだか不思議な感じ。
バッハ好きの方だったらこのスコアをみたら怒っちゃうかもねえ。
でも一度演奏してみたいんですけど。アンサンブル大会とかどうだろ?チェロの皆様?

そういえばマーラーも同じく編曲をしてますが、こちらはスコアを持っていないのでなんともいえないけど聴いた感じでは、原曲と変わらないような気がします・・・どこを変えたのかしら?

ぷっぴーが主役の卒園式後は母主役の謝恩会!二次会・三次会・・・4次会?
すごいですよー。最後は明け方の4時だったそうです。
mayonekoは今日中に帰りました~♪

追記:CDデータ追加しました。

J.S. Bach : Air from the Ouverture No.3 in D major
Arranged by Stokowski

BBC Philharmonic
Matthias Bamert(cond.)
[Chandos CHAN9259]

Arranged by Mahler

Los Angeles Philharmonic
Esa-Pekka Salonen(Cond.)
[Sony Classical SK89012]

マーラー編曲の方は、第2組曲と第3組曲を抜粋したもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎のお店

近所にこのお店は一体何???という場所あり。
看板はあるんだけど売っているものがわからず。どうやら文房具屋さんのようなのだが・・・
と頭に?が浮かんだまま●年たった今日この頃。
ようやくわかりました。

というのは、
小学校の説明会に行ったら通学帽とか体操着とかもろもろ、このお店で買うようにという指示があったから。
はい、そういうお店なんですね。学校から指定されているからみなここで買うわけなので、わざわざ他に商売する必要は無いのね。
それって、すごい売り上げじゃない?

他の小学校に行く予定のママたちにも聞いてみたら、そうそう、近所の○○ってお店で買ってくださいっていわれたー。とのこと。

今日はじめて足を踏み入れてきました。とてもきれいなお家のようなお店。一応文具店なんだそうな。
ここで体操着上下、紅白帽、通学帽を買って併せて6,000円くらい!

うわー。
体操着をもうワンセット買ったら一万円かぁ~・・・

溜息が出ました。
お金かかるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定休日の廃止!?

ヤマハの銀座店。
定休日が廃止だそうで。

たまたまサイトをみたら出てました。

今不況でデパートとか定休日を復活させるという話もあるのにね。
でもこれでいつでも思いついたときにヤマハに寄れるのでありがたいっす。

ところで、いつ、もとの場所に戻るんだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イザイ:2台のヴァイオリンの為のソナタ

イザイの曲といえば、有名なのが無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ。
mayonekoも好き。ツィンマーマンの演奏が特に。
ヴァイオリン一本でもスケールの大きな曲なのに、これが二本になるとどうなるか。もちろん無伴奏。

そんな曲をイザイは書いています。
(無伴奏)2台のヴァイオリンの為のソナタ。

うーんいいぞ。コンチェルトみたいだ。
2つのヴァイオリンがぶつかり合い・・・時には寄り添い・・・たっぷり25分聴き応えあり。

フィナーレの楽章が好き。とにかく華やか。ほんとに二台で弾いているのよね??

CDライナーを読むと、最初この曲を出版したときに出版社はこんな難しい曲弾けないだろうと勝手にヴィオラを加えてトリオにしてしまったのだとか。
なので、今までこのオリジナルヴァージョンは弾かれたことが無く・・・確かに難しそう・・・1964年にLeonid Koganがやっと初演したといういわく付の曲らしい。

で、今回手に入れたCDはコーガンのお孫さんDimitri Koganが弾いてます。
それも興味深い話。
お孫さんも、相方のMariannna Vassilievaも瑞々しい演奏。
イザイのほかにはテレマン・ボッケリーニ・オネゲルとイザイだけでもお腹一杯なのに、珍しい曲で嬉しい限り。特にオネゲルが良かったかな。

ええ曲。コンサートで取り上げて欲しい。実演を是非聴きたい。

Ysaÿe : Duo sonata for two solo violins
Dmitri Kogan, Marianna Vassilieva(Vn)
[Delos DE3390 Two Violins ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生キャラメル

今我が家にはお菓子が沢山ありまして♪

ひなまつりのお菓子から始まって演奏会にホワイトデーにといろいろ頂きまして(ありがとうございます!)

話題の生キャラメルもあったりします。
Image573
外苑だったかどこだったかに、レストランができたんですって。食べに行こうよ~と幼稚園mama's誘われたものの、当日ぷっぴーがタイミングよく風邪をひいたのでmayonekoはいけずじまい。
おみやげにとキャラメルをいただきましたよ。

確かに美味しい~。ぷっぴーにもあげたらニコニコ顔で「溶けちゃう~♪もいっこちょうだい」とご満悦。

ありがとうYちゃん♪

ちなみにそのレストラン、料理はどうだった?と聞いたら「少なかった・・・」と言葉すくなでした。しかも食べた人限定でキャラメルが買えたらしいんだけど、40分も並んだとママ’sの評判あまりよろしくなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の丸公園~科学技術館

今週は良いお天気が続いてますね。
花粉は飛んでいるはずなのに、今週は平気です。
花粉の種類が変わった??

こんな日はお出かけ!とぷっぴーと出かけてきました。
北の丸公園。
最寄り駅は「九段下」
Image024 武道館ではコンサートの準備?
でもぷっぴーの目当てはもっと竹橋側の施設。

科学技術館。

今までここは弦楽器フェアとかの催しものでしかきた事が無かったの。
でも幼稚園で見学に来てみたら、意外と面白かった♪その時は時間切れだったので、今日はリベンジ。
ほどよく空いていて、ほどよ~く来館者がいます。
ぷっぴーのお気に入りは5階のメカ。
Image026 大きな鉄の玉をてこの原理とか滑車とか使いながらコースをぐるっと一周するの。
これは大人もはまる面白さ。他にもクレーンとか操作して作業したり・・・

あとは4階。未来エネルギーのコーナー。エコについてゲームをしながら勉強するというもの。カードを作ってゲームでポイントをためて・・・

面白かったよー。この前いけなかった分存分に楽しみました。
ただ、ほどよい人の多さと書いたけど、も少し知られてもいいんじゃないかしら?都心でこんなに楽しめるのに。
あと、説明を聞かないと何の展示が分からないものもいくつか。スタッフの方々はとても親切なのですが、聞きたい時にいないことも多いので、そこらへんなんとかしてもらえれば。

帰りは清水門から出て、千代田区の区役所へ
Image029 前回書いたかもー?
ここにはパン屋さんと座って食べられるテーブルやイス席があってとても有難い。
上には図書館もあるしね♪
ぷっぴーはパンダぱんをチョイス。
楽しいお出かけでした。
この辺りは本当に散歩していて楽しい。お散歩マップも手に入れたし。
また来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千疋屋のフルーツサンド

フルーツパーラーで良く見かける「フルーツサンド」

美味しいのだろうか?
食べたいけど・・・

とずーっと思っていたのだが、思い切って食べてみました。

池袋東武の千疋屋さん。

ちょっと分かりにくいところにあるから、空いているだろうと思っていったら、我々家族の前で満席。
なんだかみんなゆったり過ごしていて中々席空かず。
ようやく入ってメニューを見たらイチゴのサンドイッチが目に入って頼んでみた。

美味しい~♪

Image562 イチゴのお味が絶品でした。そりゃそうだ千疋屋さんなんだもん。
なんだ~こんなに美味しいならもっと前から食べればよかった。
付け合せのフルーツサラダも美味しい。こちらは酸味がきいていてサンドイッチとよいバランス。
フルーツサンドってただ甘いだけじゃあないのね。
今度は他のお店で試してみよう。

京橋千疋屋東武百貨店池袋店

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファイのメンデルスゾーン

メンデルスゾーンの曲で好きな曲はいろいろあるけど、弦楽のための交響曲が特に好き。
と言ったら、たけちゃんが貸してくれました。
「コンチェルト・ケルンよりもぜーったいこっちがおすすめっす」と渡されたのが、ファイ&ハイデルブルク響のCDまずは3枚。

そういえば、以前ハイドンのCDもこの方たちのを彼女から借りたんだっけ。

で、大好きな8番を聴いたのだが、あまりにも良くって、まだ他の曲を聴いてません。
ごめんまだ返せないわ~>たけちゃん
そう。メンデルスゾーンの弦楽のための交響曲のなかでは第8番が好き。
第2楽章がヴィオラ以下の低弦しか演奏しないという変わった楽章を持ってます。
そのほの暗い感じが好きでねえ・・・昔弾いて以来この曲が大好きになりました。

貸していただいたファイのCDではこの第8番は管打楽器がプラスされたフルオケバージョンという貴重なもの。なんだか別の曲みたい。華やかな響きになっています。
第2楽章も管楽器が加えられて行灯の明かりが幾分か明るくなったような印象。
これはこれでいいね。終楽章のフーガも格好いいぞ。
でもオリジナルの弦楽器のみヴァージョンは録音しているのかな?
できればそれも聴きたい。

たけちゃーん。よろしく♪

Mendelssohn : Streichersinfonie Nr. 8(Bläserversion)
Heidelberger Sinfoniker
Thomas Fey

(hänssler CD98.275)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

驚き・・・

今朝ぷっぴーがまだ咳き込んでいたので、休ませる。

午前中にお薬飲んでご飯食べて、ぐーっとお昼寝させている時にネットをみていたら、
とあるブログ(良く拝見しています♪)
故郷のとてもお世話になっていたCDやさんが倒産したという記事を見つけて思わず関係者にメール。

「とうとうクラシック分野のCDが手に入るレコード屋がここに無くなってしまってショックです」
とはやはりとてもお世話になったN氏からのメール。

無いことは無いのだが、地元の人間としてはクラシックのCD(LP)といえば”Y”だった。
今やネットでCDはいくらでも買えちゃうけど、お店に行って色々棚を探すのも楽しいこと。
ネットで探して無かったCDがあったりするからやめられない。

残念。本当に残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い眠い・・・

今日はぷっぴーの幼稚園生活最後の遠足でした。
正確にはお友達の入っているクラブの主催のバス遠足。
ちょっと風邪気味だったけど、「もう絶対行くの!」と大きな荷物担いで出発していきました。

天気もなんとかもったようだし、良かった良かった。

mayonekoはこの土日は6時起き。
しかも土曜日は半日楽器弾いていたしねえ・・・もう眠くって眠くって・・・
見送った後だんなさまとぶらぶら都内散策しているうちにあっという間に帰ってきちゃいました。しかも遊びつかれて、ご機嫌を通り越してぷっぴー不機嫌・・・うう。。。

今日は早く寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレーニング

もうすぐ卒園式。
なんとぷっぴーのクラスのみんなはほとんどバラバラの小学校に行くのだそうだ。寂しいねえ。
で、小学校の説明会が各所終了したのだが、同じ区内でも中身が若干異なっているようで、面白いねえ~♪とママたちと情報交換。
共通している事ももちろんあり。
皆が必ず言われたのが「トイレ・トレーニング」

え?もう小学生なんだからオムツ取れてるでしょ?

いや、オムツではなくて、

和式トイレを使えるように。ということ。

今じゃあ洋式トイレが当たり前?みたいになっているけど、駅とか公園とか・・・あと老舗デパートとかの古い建物のトイレはまだまだ和式が多い。
学校も和式が多いので慣れさせておいてくださいねというお願いがどこの小学校の説明会でもあったのだが、難しいねえ・・・と困っているママたち多し。

和式=汚いというイメージが子供たちの中で固定しちゃって、和式でトイレするならがまんしちゃうという子供もいるのだとか。確かに公園とかのトイレはねえ・・・

かくいう、ぷっぴーは小はOK。大は踏ん張れなくて旅行に行った時困った記憶あり。

現代っ子のトイレトレーニングはまだまだ終わらないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聴ける!?6

正確には「観れる!?」でしょうかね?

しつこく話題に出ているラロの「イスの王」。
なんとついにDVDが出ます!!
HMVのDVDの発売情報を見ていたら、出てました。

まあ~♪

ついに。映像が見れるのね。

演ずるのはベルギーの「ワロン王立歌劇場(Opéra royal de Wallonie)」。2008年4月に上演したものと思われます。

・・・できればトゥールーズのラロが観たかったのだが・・・いやこの前紹介した中国のも観たいのだが・・・で、でもこのオペラの映像が見られるだけいいか。

発売は5月との事。

楽しみじゃ。洪水のシーンが特に観たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばたばたばたと・・・

先週辺りから土日はスケジュール一杯で盛りだくさんの行事。
いろいろあったけど、この話題を。

とあるアマオケの演奏会に行ってきました。
友達が出演していたのだけども、その友達というのがすごいの。
もともとヴァイオリンを弾いていたのが、数年前チェロが弾きたいと習い始め、とうとうオケでもチェロで出演してしまったという・・・

初めてチェロを弾く姿を見たのですが、上手かったなあ~。しかも前のプルトで弾いてるし・・・。一体どのくらい練習していたんだろう、いやそんな時間は無かったはずだし・・・

そんな彼女は2児の母。
カッコいいお母ちゃんです。

また誘ってね。Sちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客様・・・

先日、図書館に行ったときのこと。
本を持って貸し出しのところに立っていたら、
「次のお客様どうぞ~」
と言われた。

え?お客様?
見ると貸し出しコーナーには確かに「お客様へのご案内」など紙が貼ってある。
でも図書館でお客様なんぞ言われたのはこの日が初めて。

いつから「お客様」になったのだろうか?mayonekoが気がつかなかっただけ?
この区だけか?
いやこの図書館だけか?

すごく気になるのだが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »