« 年末の買出し | トップページ | ごあいさつ。 »

ブラームス:偉大なるヨアヒムを称える賛歌

年の終わりは音楽ネタで。
あ、これ聴きたい。と思った曲のことはそれを見つけた書籍なりネットの記事なりをどこかにメモっているはずなんだけど・・・うーん、この曲の場合はネットじゃなくて書籍で知ったのだが、メモが見当たらない・・・大掃除で捨ててしまったのだろうか。

覚えているのは、この曲はブラームスが19世紀を代表する大ヴァイオリニストであり、友人でもあるヨアヒムをからかう為に作ったということ。2ndヴァイオリンはブラームス自身が弾いたということ。
ネットを検索してみたら、詳しい記事があったので、私がうだうだ書くより是非こちらをご参照いただきたい。楽譜も出版されているようです。国立音大の展示記事より p.10に該当の曲の解説あり)

編成はヴァイオリン2つにコントラバス。CDでは冒頭に音合わせしながら「さあいくよ、1、2、3」といった感じで始まる。実際もそうだったのかしら?となんだかニヤニヤしながら聴いてしまう。ちょっとしたカデンツァもあるぞ。
3分くらいの可愛らしい曲。興味があれば聴いてみて。

しかし、どの本でこの曲のこと読んだのかなあ。思い出せず。

Brahms : "Hymne zur Verherrlichung des grossen Joachim" Anh.3-1
Philippe Graffin(Vn)  et al.
[ONIX onix 4039 Hungarian Dances]

CD自体はハンガリアン・ダンスを集めたもの。リストのメフィスト・ワルツのヴァイオリン版(しかも独奏版だよ)とかがあってこれがまた格好いいのだ!バルトークのデュオもいいね。このヴァイオリニストは以前サンサーンスのレアものCDを録音していた人。いい仕事してます。是非次もレアもので録音して欲しい♪

|

« 年末の買出し | トップページ | ごあいさつ。 »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

ブラームス Brahms」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

このCDめっちゃ聴きたい。
新年早々鼻血が出そうです。

つい興奮してしまいました。すみません。

投稿: アルトのパパ | 2009年1月 1日 (木) 23時15分

あけましておめでとうございます。
今年も、mayonekoさん視点からの素敵な記事を
楽しみにしています♪
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 麻由子 | 2009年1月 2日 (金) 10時27分

あるとのぱぱさま

明けましておめでとうございます。「この本に出ていたんですよ~」とお伝えできないのが残念です。ブラームスの辞書を増刷されるときには是非この番号を♪
今年もよろしくお願いいたします。

麻由子さま

明けましておめでとうございます。
最近ご無沙汰ですいません。いつか麻由子さんと室内楽をしてみたいな~と思っています。今年もよろしくお願いいたします。

投稿: mayoneko | 2009年1月 2日 (金) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/43593508

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス:偉大なるヨアヒムを称える賛歌:

« 年末の買出し | トップページ | ごあいさつ。 »