« サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 | トップページ | 特効薬・・・!? »

サン=サーンス:カプリース・ブリリアント

サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番ときたら、この曲も聴かねば。

Caprice brillant

華麗なる奇想曲とでも訳すんでしょうか。
第3番コンチェルトの最終楽章の原曲?というかもうひとつのバージョン。
編成はヴァイオリンとピアノ

確かに華麗・・・伴奏のピアノが特にね。

大体はコンチェルトと同じなのだが、ちょっと違う。それに最終的には伴奏の部分をソロが弾いていたり、あるいはその逆と、あれ?あれ?と思いながら聴くのは楽しい。
個人的には、あの美しいコラールがまた違ったバージョンで聴けたのが嬉しかったかなあ。

私が聴いたCDは"Rare transcriptions for violin and piano"というCD。
他にも知られざるサン=サーンスやイザイの曲(編曲もの)が聴ける。
オススメ。

Saint-Saëns : Caprice brillant
Philippe Graffin(Violin)
Pascal Devoyon(Piano)
[Hyperion CDA677285 Rare Violin Transcriptions ]

|

« サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 | トップページ | 特効薬・・・!? »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

サン=サーンス Saint-Saëns」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/42843592

この記事へのトラックバック一覧です: サン=サーンス:カプリース・ブリリアント:

« サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 | トップページ | 特効薬・・・!? »