« ハロウィン・・・? | トップページ | 父帰る »

ヴェラチーニ:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調

かつて習った事のある曲がどうしても聴きたくなることがある。教本についていたお手本レコード(現在はCD)ではなく、違う演奏家で。

この曲もそう。
スズキの8巻の中では一番好きだった。
たまたま、「あ、ボベスコのCDだ」と手に取ったCDの中に入っていた。しかも日本でのライブ録音。できればモダンの演奏家で聴きたかったので、ラッキー。
ヴェラチーニはイタリアのヴァイオリニストで作曲家。私はこのソナタ以外の曲は知らないのだが(追記参照。もう一曲教本にありました)スケールの大きな曲。
4つの楽章に分かれていて、何といっても第1楽章が良い。前奏のピアノが盛り上げてくれます。これが良いのですわ。この前奏を聴いただけでも私にとっては満足度高し。お腹一杯。
ボベスコの演奏もいいですね。骨太の演奏です。第3楽章で気品ある演奏を聞かせたかと思うと、怒涛のフィナーレ。なんてパワフルかつ美しい演奏なんでしょう。
この曲がまた好きになったと同時に、彼女の演奏もお気に入りに。ルクーあたり聴いてみたいな。探してみましょう。

ピアノもいいなあと思ってクレジットを見たら岩崎淑さんでした。おや、ヴュータンのヴィオラソナタでもお見かけしましたね。

そうそう、なんでカテゴリーにViolaが入っているかというと、IMSLPにこのヴィオラ版の譜面があるのだ。原調ホ短調の楽譜だよ。この録音も探してみたい。

Veracini : Sonata accademiche a ciolino solo e basso in mi-minore op.2-8
Lola Bobesco(Violin)
Shuku Iwasaki(Piano)
[TDK TDK-OC011 サロンコンサート 1986.3.2 ]

同時収録のブラームスのソナタ第1番も素晴らしい。
ちなみに収録は日本都市センターホール。今では無くなったホールですね。

追記:youtubeで画像を探してみました。うーん、いいのが無いんだよねえ。特に前奏がちゃんと入っているやつが。とりあえずこれで。オルガン伴奏バージョンであんまり好みではない演奏ですが雰囲気は伝わるかと。そういえば、5巻にもヴェラチーニの曲がありますねえ確かGigue。op.2-7の終楽章のはず。これもいいなあ。CD探してこよう

|

« ハロウィン・・・? | トップページ | 父帰る »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

ヴェラチーニ Veracini」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/42948268

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェラチーニ:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調:

« ハロウィン・・・? | トップページ | 父帰る »