« スケール・・・ | トップページ | 注文 »

気になるテレマン その2

前回気になっていると言っていた、テレマンの曲。
その一つを発見。

リコーダー、ヴィオラ・ダ・ガンバと弦楽のための協奏曲イ短調

youtubeでこの曲がヴィオラとリコーダーという組合せで演奏されていたのです。(検索してみてね。)
なーんと図書館にあり、借りて、聴いてみたら、そう!これこれ。
出費せずに済みました♪

映像ではなんだかヴィオラが重たい感じでしたが、CDでは軽やかです。ううむ。やはり原曲どおりのガンバがいいのかしら。演奏してみたいのだけれども。フルートとヴィオラで。

テレマンの魅力はなんといってもその曲の心地よさ。軽やかさ。
この4楽章に、昔良く聴いたテレマンの曲の断片がいくつぽろぽろと顔を出してきて、その時の思い出と共に懐かしさがこみ上げてくるんですねえ。

いいなあ。当分テレマンを聴きそうだなあ。

そういえば、この曲TWV番号がついていないのだけれども、ついているのとそうでないものの違いって何??

Telemann : Concerto in a minor for Recorder, Viola da ganba and Strings
Orchestra of the Age of Enlightenment
[harmonia mundi france 907093]

|

« スケール・・・ | トップページ | 注文 »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

テレマン Telemann」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/42528236

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるテレマン その2:

« スケール・・・ | トップページ | 注文 »