« 暑い・・・ | トップページ | ヴィヴァルディ:ラ・フォリア »

バッハのフォリア?

暑い夜にバッハなんぞ聴いています。

狩のカンタータBWV208
以前紹介した「羊らは安けく草はむ」が入っているやつ。
心なしか涼しげ。心地よいです。

カップリングはBWV212の農民カンタータ。
こちらも良いですねえ。
そういえば、この農民カンタータを聴くたびに気になっていた事があって。

途中でとある舞曲が聴こえてくるのです。

それはフォリア。

フォリアというのは、古い舞曲のひとつ。スペイン起源だといわれていて、やはりシャコンヌやサラバンド同様にテーマの後に変奏が続く。様々な作曲家がこの舞曲を取り上げていて、有名なのはコレッリのヴァイオリン・ソナタ”ラ・フォリア”。
私はジェミニアーニとヴィヴァルディのものが好きだなあ・・・

それはさておき、件のカンタータの中の一曲から、そのタン・ター、タ・ターンというテーマが聴こえてくるんだなあ。
コレッリみたいに、その後凝りに凝った変奏が続くわけではなく、すぐに終わっちゃうんだけど・・・。

そう思いませんか?是非聴いてみてください。

J.S.バッハ:アリア「あたいらのすてきなだいじな式部の大夫さまは」~農民のカンタータ「わしらの新しいご領主に」BWV212より
J.S.Bach : "Unser trefflicher lieber Kammerherr"~Bauernkantate "Mer hahn en neue Oberkeet" BWV212

Concentus musicus Wien
Nikolaus Harnoncourt (Cond.)
[ワーナーミュージック WPCS-21142]

|

« 暑い・・・ | トップページ | ヴィヴァルディ:ラ・フォリア »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

バッハ J.S. Bach, J.S.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/41747385

この記事へのトラックバック一覧です: バッハのフォリア?:

« 暑い・・・ | トップページ | ヴィヴァルディ:ラ・フォリア »