« お初・・・ | トップページ | はあ~・・・ »

ヴィオラでJAZZ

評判を聞いて、聴いてみました。

Ketil Bjørnstadの"The Light"

ジャズという「分類」に分けられるようですが、なんだろう、クラシック?ポップス?とにかく心地よい。ぷっぴーが幼稚園から帰ってからかけていたのだが、あまりの心地よさに思わずうとうと・・・「お母さん!」と何度も起こされましたよ。

ピアノ、メゾソプラノ、そしてヴィオラという編成。
何よりもヴィオラが入っているのでこのアルバムを買ったのだが、ヴォーカルも良いのだが、ヴィオラがとても良いのですわ。

ヴィオラって「声」とよく合うのだなあとつくづく思う。

冒頭からヴィオラ・ソロを聞かせてくれる”Natten”(2曲目)が特に好み。
ちなみにこのヴィオリスト。
Lars Anders Tomterという人。
ジャズの人?と思って検索してみたら、NAXOSでウォルトンのコンチェルトを録音している人だった。あらびっくり。幅広い活動をしてるんですねえ。

JAZZも良いですよ。是非聴いてみて。
ただし、寝る前がbest。

そういえば、ブラームスもヴィオラとアルトのために曲を書いてますね。こういう感じなのかしら。探してこよう。

The Light
Ketil Bjørnstad
(ECM 2056 1757977)

お名前を見てお分かりのように、北欧、ノルウェー出身の方です。他のアルバムも聴いてみたい!!

|

« お初・・・ | トップページ | はあ~・・・ »

mayoneko気になる」カテゴリの記事

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

コメント

ブラームスの曲は、ヴェロニカ・ハーゲンのCD(ブラームスのソナタ)に併録されてますよ。

投稿: HN師匠 | 2008年7月 3日 (木) 00時05分

ありがとうございます♪
良い機会なので歌曲集を買ってみようかな、と思ってます。

投稿: mayoneko | 2008年7月 3日 (木) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/41718670

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィオラでJAZZ:

« お初・・・ | トップページ | はあ~・・・ »