« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

オペラシティで科学する?

本日はぷっぴーと初台に行ってきました。そう、オペラシティ。
でも今回は音楽鑑賞でもなんでもなくて、4Fへ。

ここにはNTTインターコミュニケーションセンター(略してICC)というのがあって、夏休み期間に「キッズプログラム」なるものをやっているらしい。しかもあの「ピタゴラスイッチ」の佐藤雅彦さんもからんでる、と聞いたら行ってみようかな。と思い立ち。

Image535 行ってみました。これが面白かったんですよ~、来てみて大正解。
まずはロビーの展示に釘付け。
特にパソコンに描いた絵が、画面にさも泳いでいるかのように映し出されるのにはぷっぴー大興奮。
・・・なんだか変なキャラクターを描いて映し出されてました・・・

階段を昇ると本展示。
「ピタゴラスイッチ」でも見たことがある、「点人間」ができるコーナーにまず我々はチャレンジ。係のお姉さんにマジックテープと丸い玉をつけられて、ステージ?にあがると、「点人間」の出来上がり。「線人間」にもなれるぞ。いろいろと踊ってみたり、ポーズをとってみたり。

あと、ぷっぴーが円の中に入ってパタパタと手を動かすと、あら不思議、小さい影がどんどん高く上っていく・・・これが私的には一番受けた展示。不思議だなあ、どうなってるのかなあ。

そうそう、「計算の庭」ってのも面白かったですね。入口で数字を渡されるんだけど、中に足し算引き算掛け算、割り算のゲートがあるわけ。それを何度かくぐって最終的に73になったら出られるという・・・で、子供たちは結構めちゃくちゃにゲートをくぐるものだから傍にいるママたちは大変!
「そこで割る2だー!」「もいっかいマイナス4」とか声が飛び交ってました。
もちろん我々も挑戦!ぐちゃぐちゃにぷっぴーはゲートをくぐってましたが、なんとか最後には73になってほっとしました・・・

もう少し展示があってもいいかなあと思う人もあるかも。でも入場無料でここまで楽しませてくれたのでいいんじゃないかしら。
cafeもついてました。

8月31日まで。コンサートのついででも楽しいかも。

ICCキッズ・プログラム2008
君の身体を変換してみよ展
2008.7.12-.8.31
NTTインターコミュニケーションセンター
(初台 東京オペラシティ4F)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転ぶ・・・

夕食は早くだんな様が帰ってくるというので外で食べてたんです。家の近くの。
で、お店を出たら、なんだかゴロゴロ・・・って遠くから雷の音。

昨日の金沢や神戸のニュースを思い出して、
こりゃいかん、来るぞと足早になる我々。
ぷっぴーは雷様がおへそをとりにくるという話を信じていて、「おへそ死守!」とばかりに前かがみで走っているのが妙に笑える。

ポツポツ降ってきた雨が次第にジャーってな感じになったところで我が家の前にたどり着く。
いやはや助かったよ・・・
と思ったら
・・・
・・・
我が家のまん前にある階段で派手に転びました。
ええ、真上から真下まで。
ええ、私が。
ぷっぴーはだんなさまと一緒で大丈夫。

そういえば靴の裏がつるつるなのだったわ・・・
一応無事でしたが、お尻と右手中指を強打して痛い・・・
最後まで気を緩めちゃあいけないと思い知った夜の出来事でした。

その後雷がすごかったですね。怖かった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

区役所でくつろぐ

Image018 先日ぷっぴーとこちらに行ってきました。
この写真を見て、どこかわかる人いますかねえ・・・。
とある建物の中から外を写したものです。

どこかのcafe?

いやいや、ここは某区の区役所なんですよ。写真を見たらどの区かもうわかってしまいそうですが。

この区役所。なんと1階にパン屋さんがあります。その周りにイスとテーブルがいくつかあって、買ったパンなどをこちらで食べれるわけですね。ちょうどお昼時。ベビーカーを押すママさんたち、会社員風の人、勉強している学生・・・で賑わってました。

我々もパンを買ってのんびりランチしてました。
外にもベンチがあるし、ゆったりできる空間を提供しているって感じでいいですね。

そうそう、ここに来た目的は、この区役所の中に図書館があるというので来てみたんです。
9~10階にあるのですが、まあきれいなこと。子供向けの本は10階の専用スペース。
ぷっぴーはすっかり気に入って2時間くらい読みふけってました。

きれいな建物できれいな図書館。それはそれでいいんですが、難を言えば、やはり、9~10階というのは不便ですね。もっと低層階だといいんですけど。たまたま昼時だったので、エレベーターが混雑してました。混雑した理由は、10階に食堂があるから。。。。

あと、我々は貸し出しカウンターの前のテーブル席に座っていたのですが、近くにドアがあって、しきりにバタンバタンと出入りがあるんです。食堂でご飯を食べてそのあと読書でも。と思っている人も多いのでしょうね、結構その音が気になりました。子供たちが読書する場所をそこから遠ざけてもいい んじゃないでしょうかねえ・・・

などと、いくつか文句も言いましたが、差し引いても快適な場所でしたよ。ちょっと寒かったけどね。

また行きたいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むけた・・・

先日合宿所近くの海で思いっきり日焼けしました。

体の半分側焼きましたってなかんじで、くっきりと線が入ってマス。嫌だなあ、ちゃんと日焼止め塗ったんだけどねえ。

そしたら昨日から皮膚がぽろぽろとむけてきて。
日焼けでむけるなんてすんごい久しぶりだ~。と感動しながらも、中々上手い具合にむけてくれず、「まだら」状態crying・・・うう、このまま跡が残りませんように・・・

一方のだんなさまも先日ぷっぴーとプールに行き、背中がまっかっかになって帰ってきた。

ふふふ。
数日後が見物じゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーバースディ。さらに。

ちょいと前ですが、
例のハッピーバースディ変奏曲のCD・・・全曲録音版の方ね・・・が手に入っていたのですよ。で、今日初めて聴いてみました。
クレメラータ・バルティカ盤で抜けていたのは、ワーグナー風とレーガー風。
ワーグナーの方はジークフリート牧歌のパロディ。レーガーの方はカルテットから。

正直レーガーは曲を知らないので??でしたが、ワーグナーはいいですよ!素晴らしい編曲です。うん。これは絶対聴いて欲しいな。なんでクレメラータ・バルティカの方ではこれを録音しなかったんでしょう?シューマン入れるよりこっちじゃないかな?

このヴェネツィア弦楽四重奏団のCDはクレメラータ・バルディカ盤同様、「楽しい」カルテット曲が沢山。一曲目の「運命」のパロディは楽しいし、ここのヴィオラ奏者の方の音色が楽しめるラフマニノフ:ヴォカリーズのカルテット版なんかもオススメ。とても渋~い音色です。あ、昨日紹介したガーシュウィンの子守唄も収録されてました。

なんだかお腹一杯になるCDなのでした。

"Fun time with the string quartet"
Quartetto d'archi di Venezia
[Dynamic CDS195]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーシュウィン:子守唄

暑いです。だるいです。
なんだかそんな日々が続いてますが、こんな曲をきいてみました~。

ガーシュウィンの子守唄。気だるい感じっす。
そうですねえ、こんな真夏の日にビアガーデンに行って生ぬるい風に吹かれながらビールを一杯・・・てな感じの曲でしょうかね。ヴァイオリンのフラジオレットがいい感じ。

その昔、某楽譜店でこの曲のスコア&楽譜が売られてたんですね。
ちょうど弦楽合奏にはまっていたので即、買いでした。
たまたまCDも見つけることが出来たし、お気に入りの弦楽合奏曲の一つです。

ガーシュウィンって弦楽の曲も書いていたのですよ、是非聴いていただきたい。
いやはや、それにしても気だるい感じ・・・何故だか夏に聴きたくなる曲なのよねえ。。
ではビールをもう一杯・・・

Gershwin : lullaby
Cleveland Orchestra
Riccardo Chailly (Cond.)
[Decca 417326-2]
ウィキペディアによると原曲は弦楽四重奏だとか。はて、私の楽譜はどちら版だっけ??

追記:例のごとく、youtubeで画像発見。こちらは弦楽四重奏のほうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のお約束

夏休みです!
ぷっぴーと夏休みの間のお約束事を決めました。
1.ラジオ体操に行く
2.毎日本を5冊読む
3.ヴァイオリンを毎日練習する

今のところ、守ってます。えらい!
今までヴァイオリンの練習は毎日強制していなかったのですね。
強制することで、ヴァイオリンが嫌になって欲しくなかったので。
習い始めて3ヶ月が過ぎたし、夏休みだし、ちょっとがんばってみようかとぷっぴーにきいてみたらば、「がんばる!」との返事。

今日は大きな鏡を持ってきて、向き合って練習してみました。
これが大いに受けて、「そろそろやめようよ~」と私が声をかけるほど長く弾いてましたよ。

楽しく、長く弾いて欲しいな。
できれば一緒にオケで弾けたらな。
母の夢でございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

彼女が弾いたのは・・・?

ぷっぴーが寝たので、テレビをつけてみる。
時間は21時台。
チャンネルを色々変えて見ていたら、ふとある場面に出くわす。

恐らく回想シーン。
幼い女の子がヴァイオリンを弾いている。その画面に悲しむ両親らしき2人の姿。

あれ?ザイツだなこれ。

と思いながら他の番組を見てしまう。

んで今、ネットを検索していて、その番組が内野聖陽さんのドラマ「ゴンゾウ」ということがわかったのだが、肝心の「曲」が頭から抜け落ちてしまっていた。

うーん。ザイツなんだよ。
でも曲が思い出せない。2番か5番なんだよ。

ううう。気になってしょうがない。
再放送があるなら確認しよう。

物忘れの酷いmayonekoでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

独訳

かなり前に、海外からグーグルの検索でこちらのブログに来られた方がいて・・・という話題をしたと思う。

今回はドイツから。
ほほう、と後を辿ってみると、グーグルのドイツ語版でも日本語ブログを独訳してくれるサービスがあるようで。。。

それによるとこのブログは

Memorandum of streunenden Katzen

となってました。
本文もドイツ語に訳されてました。すごっ。
ただし、訳が正しいのか違うのかはなんとも分かりませんが・・・

いやはやほんとに便利になりましたね。
ということはドイツ語サイトの和訳サービスはあるのか?

試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かえるバッグ

月光荘さんのブログを読んでいたら、久々に行きたい雑貨屋さん発見・・・!

原宿のアシストオン

サイトを覗くと、わあ~♪と思わず駆け寄って手にとって見たい雑貨ばかり。
とくに九印さん(いまはsetoと名前が変わりましたね)のかえるバッグがここで買えることに感動~。
「ば」さんが持っていて、いいな~、鎌倉の店舗にいつか行きたい!と思っていただけにここで見れるなんて嬉しい~!

他にも楽しい雑貨が沢山。
ふっふっふ。夏休み中に必ず行ってきますよ~。

アシストオン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間ドック

本日人間ドックなり。

朝早く起きて病院へ。
毎年同じ病院だが事務の人も検査する人もみんな親切でいい感じ。
検査を待っている時間も年々短くなっているし。

唯一つ
難を挙げるとしたら、最後の医師による問診?診察?かな。

気持ちよく検査を終えて、最後にここで嫌な気持ちになる。
「何か気になる事はありますか」
と言ううものの、全く棒読み口調で言葉に優しさ感じられず。
気になっている事を尋ねてみるものの、無表情で
「そうですかー。」
それだけ?・・・それだけ。
あとは胸の音を聞いて、「はいこれでおしまいです」

うー。
これだったらいきつけのお医者様でいいじゃんってな感じです。

この最後の問診待ちで結構待たされるので、さらに不満は募る。

せめて人の話をちゃんときいてくれるお医者様をおいてほしい。
某病院様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一学期終了・・・

明日からぷっぴーは夏休み。
本日終業日でした。

最後の最後で大失敗・・・

転園する子のお別れ会があったのですが、集合時間を思いっきり間違え、幼稚園に行ってみたらば、目にハンカチを押さえて出てくる我がクラスのママたち・・・と、「今終わったわよ」と呆れ顔の仲良しママたち・・・

あー、やってしまったー・・・

反省しきりのmayonekoでした。来学期はそういうことのないようにしなきゃ・・・
いや、そのママとはそのあとランチする事になっていて、さらにその次の日も遊ぶ約束をしていて・・・これで会えなくなっちゃう、という気持ちが薄かったんだな、きっと・・・でもごめんなさい,Hさ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生麦でビール

同じヴィオラを弾かれる「あひるさん」のブログを見て、行きたくなったところ。

Image5541 キリン横浜ビアビレッジ。

横浜の生麦にあります。

ビールを生麦で作っている・・・洒落ですか?
ううむ、いかにも美味しそうではありませんか!と周りに行きたい!行きたい!と言っていたら、我がオケのビール好き娘(?)数人+悪友Cが集まってきたので実現できることに。
先日行ってまいりました。もちろん、我が家も家族で参加。

当日、早めに我が家は横浜に出かけていたので気がつかなかったのですが、都内では強い雨が降ったとか。こちらは降らずに猛暑でした。みなとみらいで遊んだ後、早めに現地へ。予約席は一杯で、一般席だったら少し待てば入れますよ~といわれていたので。運良くテーブル席を確保。

メンバーを待つ間、料理の匂いやら美味しそうにビールを飲み干す姿に、待っているのが辛かったですが、とりあえず揃ったところで、早速の乾杯!

美味しい~

Image5601 どんどんピッチャーが運ばれては消えて・・・楽しい夜でした。できれば外で飲みたかったですけどね~、次回は花火を見ながら某所で飲むと言う企画もあるらしいので、期待しましょう!お疲れ様でした~

キリン横浜ビアビレッジ

「生麦事件」の碑がすぐ傍にあります。京急生麦駅からはちょっと歩きますね。でもたどり着いたら美味しいビールが待ってますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラベック姉妹のブルッフ

変イ短調(as-moll)というのはフラットが7つあるんだそうな。
うげげ。
そういう恐ろしい調性の曲、ブルッフの2台のピアノのための協奏曲。巡り巡ってCD3枚目。
今回はラベック姉妹のもの。
ようやくメジャーどころの録音ですね。

ELOQUENCEという廉価版レーベルでの再販。
覚悟はしていたが、開けてびっくりの解説無し。え?録音場所のクレジットもないの~?
幸いにもラベック姉妹のサイト(素敵です!)にある程度の解説は載っているので、まあ良しとしよう。
今まで集めた中では一番バランスの取れた録音ではないかと思う。
前回紹介した世界初録音のCDは確かにオススメとしたが、とにかくピアノが強烈で、オケが弱すぎ。

その点、こちらはピアノはもちろんのこと、オケも良く鳴っている。
ピアノは1stも2ndもはっきりしており、協奏曲的である、と思う。
3楽章のアダージョは特に感動的。ブルッフ節全開です。うう、涙もの。

うん、やっぱりこちらがオススメ。
値段も安いしね。是非是非聴いて欲しいな。

Max Bruch : Konzert für 2 Klaviere as-moll op.88a
Katia & Marielle Labèque (piano)
Philharmonia Orchestra
Semyon Bychkov (Cond.)
(eloquence 4800531)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急スタンプラリー~!

今年もスタンプラリーの夏がやってきました!

ぷっぴーのお気に入り、東急電鉄のスタンプラリー。
やっと告知が~。
今年は仮面ライダーとプリキュアの2本立て。。。
2つのキャラクターは今年が初めて?かな??
男の子キャラが続いたので、女の子の「テツ」を育てるため?にプリキュアなのかしら。
ぷっぴーはどちらもOK!なので、2度楽しもうかしら。

スタンプラリーは7/26から。
楽しむべし。

東急スタンプラリー2008のお知らせ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

IMSLP復活・・・!

そうそうそう、無料楽譜サイトのIMSLPが復活しているのです。

たまたまとある楽譜を探していたときに、復活していることに気がつきました。
わー。
ごく最近復活したみたいですね。

画面も以前と比べ変わってますよね・・・
検索した楽譜に関する音源情報も出てたり・・・時々?なものもありますが・・・、ダウンロードの前に注意書きが出たりと・・・

うーん、収録されている楽譜も以前に比べ増えてますよね??
今ヴュータンのページを見てますが、こんなにあったっけ・・・う、うれしい。

とりあえずは復活。めでたし。

IMSLP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザイツの5番

前回の続き。

ザイツの学生のための協奏曲第5番。
オケ伴奏版がないものかと探してみたら、

ありました。Youtubeで1楽章だけだけど。(またか、と言わないでね~)

なつかし~。
オケと演奏者がずれていったり、なんだか混沌happy01としていくところも含めてなつかし~。

ザイツはこうでなくちゃ。
いいな、オケで伴奏してもらえて。いい想い出になったことでしょう。

Friedrich Seitz : Pupil’s Concerto No. 5 In D Major, Op. 22

追記:youtubeの画像を埋め込みからリンクに変更しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイントカード

山野楽器から手紙。

なんだろーと思ったら、ポイントカードが新しくなるとの案内。
最近、いろんなところからポイントカードが新しくなるとの案内が来ているけど、CDショップ系も例外ではないようで。

一昔前までは、HMVやタワーのポイントカードなんて問答無用の発行日から一年間の有効期限!私にとっては作り損以外の何者でも無くて、作りますか~?と聞かれても作らなかった。
最近はポイントがつく金額が変わったり、ネットと連携していたり、有効期限が変わったり・・・と変化して、これなら財布に入れててもいいかなと思うようにはなった。

さて山野楽器のはよく使ってます。楽譜があるし、CDも銀座の中では比較的品揃えが豊富なので。ゴールドカードだったから有効期限もなかったし、気がついたらポイントが溜まっていて割り引いてもらっていたりと便利だったのですが、どうやら変わるみたい。

ぱっと説明文を読む限りはタワー方式になったと言う事ですかね?
ということで、今度からはポイントの有効期限もつくのね。
楽譜があるから通い続けるとは思うけど、今までの特典が一つ無くなってちょっと残念だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッピングサービスに感激す

よく覗く雑貨屋さんの一つ

CONCIERGE

新丸ビル3Fにあるのは、姉妹店のun petit coeurなのだけど、マカロンのストラップとか、チョコレートのキーホルダーとか・・・可愛い雑貨があって、やはりお気に入り。

今日、転園することになったお友達ママHさんとランチした帰りにここに寄ったら、そういえば送別会用のプレゼントに何か無いかしらとHさん。うう、手頃で可愛い雑貨が一杯。しかも今はセールだし。店内を2人でうろうろ・うろうろ。

可愛いボールペンがあったので、男の子用はこれ、女の子用はこれとまとめ買いして、それぞれ小袋に分けてくださいとお願いする。いいですよ~ちょっとお時間かかりますよ~とにこやかな店員さん。

フロアをゆっくり回ってお店に戻ってきたらびっくり。
素敵なラッピングをしてもらえてました。
いや、フツーに紙袋に入れていただければ、と軽い気持ちだったのですが・・・しかも結構な本数なはずなのに・・・

ありがとうございました。Hさんも感激。
また来ますよ~。

CONCIERGE
今日行ったのは新丸ビルの3F。エスカレーターのすぐそばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィオラケース

新しいヴィオラケースが欲しいとずーっと思っていまして。

今もっているのはシェル型の肩掛けタイプ。ごくごくフツーのケースなり。
それが最近ボロボロになってきたので。

これを形は問わないのでリュックタイプのものにしたいな。
できれば色は明るい色がいいな~。
あ、楽譜とか入る形の方が楽なのかしら~。
と考えてはいろいろサイトを覗いてみるが決められず。

今気になっているのはこのメーカー→追記:現在お店のページが見つかりません。・・・残念。
それともこんなもの(ケースをまるごと収納してしまうリュック型カバー)にしてみようかとも。

再追記:最近また調べて見てみたら、bamの”stylus”というケースが気になる。”Hightech”に比べれば、まだ買えるかなあ~というお値段(それでも高いと思うが)。色もピンク?赤?系の明るい色のケースもあるみたいだし。でもこれだと楽譜が相変わらず入らないかなあ(またもや追記:黒・シルバー・赤。形も三角・四角とあるみたい。三角ケースの画像しか見かけないんだけど・・・四角がいいなあ)
Bobelockという会社の半円型のヴィオラケースも気になる。こちらはグラスファイバーケース。

オススメがあれば教えてくださいませ。

再々追記;スイマセン、スペルが間違っていましたので訂正・・・

2011.06 こんなヴィオラ・ケースがありましたよ。チェロ型?ケースです。外国のサイトはホント種類が豊富。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

World premiere・・・

オケの楽譜について調べものをしていたときにたまたま記事を見つける。

ブルッフは弦楽五重奏曲を2曲書いているのだが、そのうちの1曲は失われたと思われていて、それが出てきたんだそうな。
ただし、ブルッフの自筆ではなく、娘の手によるコピー。
それを元に、Henle社が楽譜を出版することになったとか。

ううむ、ブルッフファンには嬉しいお知らせである。

さらに興味ぶかい記事は続く。
この弦楽五重奏曲の世界初演を7月23日にロンドンで行うのだが、演奏者に注目。
Henschel Quartet, with Kazuki Sawa (viola)
とある。
sawaというのは澤和樹さんのことだろうか?

ブルッフの弦楽五重奏曲の発見、そして(恐らく)日本人がその初演に関る。
気にならずにはいられない。
早くCD出してね。

Bruch : String Quintet in E-flat major

Henle社の記事
Henschel Quartetのサイト(newもしくはneuを見るべし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィオラで聴くシューマンのヴァイオリン・ソナタ

探せば出てくるもんです。

以前紹介したシューマンのヴァイオリン・ソナタ
渋い曲だから、もしかしたらヴィオラで弾いているCDがあるかも~と思っていたら、ありました。
まずは手に入りやすい2番の方を入手。ヴィオラ奏者はHarmut Lindemannという方。
もちろん原調のニ短調での演奏。

うん、悪くないと思います。
ヴィオラで弾く事によってさらに深みが増したような気がします。A線によるハイポジションもキンキンした音ではなく自然な感じ。もしかして簡単なの?と勘違いしてしまうくらい楽々と弾いていますね。

2番といえばなんといっても第3楽章。
この楽章を美しく弾かねば、ヴィオラ版に編曲した意味無し。
・・・途中、「おとぎの絵本」を思い出させるような部分もあったりと、うーん、良い感じじゃ。
サポートのピアノも良いですね。探し出して買った甲斐があったというものです。

期待以上だったので、1番のヴィオラ版も欲しくなってきました。
今のところ在庫無しなんだけど・・・こちらはツィンマーマンの演奏だし、なんとか手に入れたいな。
もちょっと渋めのシューマンのソナタ。聴いてみませんか?

シューマン:ヴァイオリンソナタ第2番ニ短調作品121(ヴィオラ版)
Shumann : Soanate d-moll für Violine und Klavier op.121 (Einrichtung der Viola stimme)

Harmut Lindemann (Viola)
Megumi Hashiba (Piano)
[Tacet 743]

追記:カップリングのアルペジョーネ・ソナタも好き。ギター伴奏版です。

再追記:その後、第1番も入手しました。こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィヴァルディ:ラ・フォリア

前回の続き。
どうもこういう舞曲ものに弱いmayonekoなのだが、またしてもラ・フォリアの話。

ヴィヴァルディのラ・フォリア。
これも良い曲です。うーん、コレッリより好きかも。

19の変奏からできていますが、飽きることなく、だれることなく、最後の変奏まで突き進む。多分、四季とか調和の幻想を聴き慣れた人ほど、この曲を聴くと「おっ!」と思ってくれるはず。カシャカシャしてはいるんだけど、知っているヴィヴァルディとはちょっと一味違う、と思ってくれるはずなんだけどなあ・・・

うーん、いい曲だ。
でも一つ難を言わせてもらうと、編成が2台のヴァイオリンと通奏低音ていうのはいかがなものか。ヴィオラも混ぜてくれ~・・・

うれしい事にこの曲は無料楽譜を公開しているサイトあり。
なんとかヴィオラで2nd弾くから誰かやりましょうよ~。

ヴィヴァルディ:トリオソナタ「ラ・フォリア」作品1の12 RV63
Vivaldi : Sonata op.1, No12 in D minor RV63 "La Follia" for two violins and basso continuo

Il Giardino Armonico
[Teldec 4509-91852-2]

youtubeを検索してみました。結構ありますね。その中から、当時の格好をしたもの?を選んでみました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バッハのフォリア?

暑い夜にバッハなんぞ聴いています。

狩のカンタータBWV208
以前紹介した「羊らは安けく草はむ」が入っているやつ。
心なしか涼しげ。心地よいです。

カップリングはBWV212の農民カンタータ。
こちらも良いですねえ。
そういえば、この農民カンタータを聴くたびに気になっていた事があって。

途中でとある舞曲が聴こえてくるのです。

それはフォリア。

フォリアというのは、古い舞曲のひとつ。スペイン起源だといわれていて、やはりシャコンヌやサラバンド同様にテーマの後に変奏が続く。様々な作曲家がこの舞曲を取り上げていて、有名なのはコレッリのヴァイオリン・ソナタ”ラ・フォリア”。
私はジェミニアーニとヴィヴァルディのものが好きだなあ・・・

それはさておき、件のカンタータの中の一曲から、そのタン・ター、タ・ターンというテーマが聴こえてくるんだなあ。
コレッリみたいに、その後凝りに凝った変奏が続くわけではなく、すぐに終わっちゃうんだけど・・・。

そう思いませんか?是非聴いてみてください。

J.S.バッハ:アリア「あたいらのすてきなだいじな式部の大夫さまは」~農民のカンタータ「わしらの新しいご領主に」BWV212より
J.S.Bach : "Unser trefflicher lieber Kammerherr"~Bauernkantate "Mer hahn en neue Oberkeet" BWV212

Concentus musicus Wien
Nikolaus Harnoncourt (Cond.)
[ワーナーミュージック WPCS-21142]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い・・・

連日の夏日。いやあ蒸し暑いこと・・・

今日は涼しいところに行くぞと決めていたのに、ぷっぴーは某ヒーローショーに行くと言ってだんな様を連れ出す。

この猛暑にヒーローショーとは、出演の悪役、善玉共々大変だねえ。

後で合流してデジカメの写真を見せてもらったら、控え室?のテントで暑がっている某ヒーローの姿あり。

・・・お疲れさんです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

はあ~・・・

はあ~・・・
仲良しの幼稚園ママが転勤すると聞いて、元気がありませぬ。
一緒に卒園式を迎えられると思っていたのですが・・・
本当に残念。

子供同士も仲良し。

まだぷっぴーには言っていないのね。本人が直接言いたいとのこと。
きっと泣くだろうなあ・・・

うーん。

気分転換に「探偵ナイトスクープ」でも見ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィオラでJAZZ

評判を聞いて、聴いてみました。

Ketil Bjørnstadの"The Light"

ジャズという「分類」に分けられるようですが、なんだろう、クラシック?ポップス?とにかく心地よい。ぷっぴーが幼稚園から帰ってからかけていたのだが、あまりの心地よさに思わずうとうと・・・「お母さん!」と何度も起こされましたよ。

ピアノ、メゾソプラノ、そしてヴィオラという編成。
何よりもヴィオラが入っているのでこのアルバムを買ったのだが、ヴォーカルも良いのだが、ヴィオラがとても良いのですわ。

ヴィオラって「声」とよく合うのだなあとつくづく思う。

冒頭からヴィオラ・ソロを聞かせてくれる”Natten”(2曲目)が特に好み。
ちなみにこのヴィオリスト。
Lars Anders Tomterという人。
ジャズの人?と思って検索してみたら、NAXOSでウォルトンのコンチェルトを録音している人だった。あらびっくり。幅広い活動をしてるんですねえ。

JAZZも良いですよ。是非聴いてみて。
ただし、寝る前がbest。

そういえば、ブラームスもヴィオラとアルトのために曲を書いてますね。こういう感じなのかしら。探してこよう。

The Light
Ketil Bjørnstad
(ECM 2056 1757977)

お名前を見てお分かりのように、北欧、ノルウェー出身の方です。他のアルバムも聴いてみたい!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お初・・・

昨日7/1には気になる出来事がいくつか・・・best2はこれら。

1.にゃらん新CM!

たまたまTVを見ていたら可愛い猫のCM。あ、にゃらんだ!と思い釘付けに。
最後に猫ちゃんが肉球マッサージされて眠ってしまうところが可愛い!
見るべし!
「じゃらん」の「にゃらん」

2.ディスクユニオン在庫検索開始!

中古店でこんなことできるのは画期的だよね。クラッシックで検索できるのは新宿店だけですが、充分充分。
早速検索したのですが・・・お目当てのものは出ず。
ああ、あの時買っていればぁ・・・。
ディスクユニオン新宿ブログより

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の音楽祭

某所にて遅ればせながら「ぶらあぼ」7月号をもらってくる。

なんだか今月号は分厚くないか?

パラパラめくると「夏の音楽祭」の特集ページあり。
結構あるんですねえ。
今年は帰省から戻るときに旅行を計画。
もし、音楽祭を聴けるなら、芝生にねっころがって飲み物片手に聞けるイベントがあるところを希望。

そういうことを一度してみたくて。
探すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »