« スケジュールを埋める | トップページ | 夏始まる・・・ »

ヘンデルを聴き、映画を思い出す

金丸葉子さんのCDが発売されてます。
この方のヴィオラは低音がずしりと響きますね。

恐る恐る聴いたリゲティのソナタ。
意外と良かった。
現代曲は聴くのに勇気と根気がいるのですが、すっと聴けました。
やはりその低音の響きの豊かさで知られるツィンマーマンのために書かれた曲ということで、金丸さんにはぴったりだったかも。

さて、このCDを買った目的の一つ。
ハルヴォルセンの二重奏曲。
有名なのはパッサカリア。ヘンデルのハープシコード組曲(第1巻第7)の中の一曲をヴァイオリンとヴィオラのために自由に編曲したもの。

もうひとつハルヴォルセンは書いていて、
サラバンドと変奏。これまた同じくヘンデルの曲を主題(ハープシコード組曲第2巻第4から)とする二重奏曲。編成も同じ。

このサラバンドが聴ける。しかも金丸さんだ。ということで期待を持って購入。
おお、いい曲ではないですか。
なんだかコレッリのラ・フォリアを聴いているよう。
これは楽譜を見て見たい。是非手に入れねば。。。

ん?・・・私この曲どこかで聴いた事がある

・・・多分映画。洋画。

検索してみた。

キューブリックの「バリーリンドン」!!

そうそう。それそれ。映画の中で何度も流されていたのよね。
急に観たくなった。
レンタルやさんに行ってみよう。

Harvolsen - Handel : Sarabande con Variazioni ~ Duo for violin and viola

Yoko Kanamaru金丸葉子(Va)、Liviu Prunaru(Vn)

(ENZO Recordings EZCD-10002 シャコンヌの情景~ヴィオラによる300年の回顧)

You tubeにバリーリンドンの画像がありました。ヘンデルの主題をこちらで聴くことが出来ます(こちらは映画用で弦楽合奏編曲版)。

追記:amazonのリンクを張りましたが、amazonのはかなり高いです。渋谷タワーだと2,590円で、かつ8月にイベントがあるらしいので、そちらをオススメします。

再追記:画像が間違ってました。入れ替えました。


|

« スケジュールを埋める | トップページ | 夏始まる・・・ »

viola」カテゴリの記事

ハルヴォルセン Halvorsen」カテゴリの記事

ヘンデル Handel」カテゴリの記事

コメント

良い曲ですねぇ。

このCD、聴きたいです。

投稿: HN師匠 | 2008年6月27日 (金) 20時38分

バリーリンドンを見てたんですか?!mayonekoさんて私より一回りは下だと思いますが・・・すごいなあ。私サウンドトラックのLP持ってます。(CDにはなってないかもしれない・・・。)
テーマに使われてたアイルランドのティンホイッスルの曲もロマンチックで素敵です。私が一番好きなのはシューベルトのピアノトリオ2番の2楽章。楽譜も買ってしまいました。
ヘンデルのサラバンド、この編曲は弦楽合奏といいつつティンパニーが入ってますよね。音数が多いいからペダル使いでしょうか。ティンパニー&ベースのみのバージョン(決闘の場面に使った)もLPには入ってました。
編曲のレナード・ローゼンマンて人は、かの有名な「エデンの東」の作曲者で、なんとシェーンベルクの弟子だったそうです。(LP附属の解説より。)

投稿: りえ | 2008年6月27日 (金) 22時44分

こんにちは、初めておじゃいたします。
mayonekoさんのかなりの音楽通ぶりがよく表れた、素敵なブログですね!
なんだか「あひる」と名乗るのも憚られるような。。

これから楽しみに読ませていただきますねhappy01

投稿: あひる | 2008年6月27日 (金) 23時35分

>師匠さま
是非~。ハルヴォルセンによる編曲は10分弱くらいです。ほの暗い感じがgoodです。アカデミアだったかなあ・・・楽譜も見かけた記憶があります。

>りえさま
キューブリックが好きなのです~。シューベルトのトリオも良いですね。これも聴きたくなってきた☆

>あひるさま
いらっしゃいませ☆
あひる様のブログも楽しみにしています!これからもよろしくお願いいたします。

投稿: mayoneko | 2008年6月27日 (金) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/41658755

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデルを聴き、映画を思い出す:

« スケジュールを埋める | トップページ | 夏始まる・・・ »