« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

キラキラ星へ・・・

本日ぷっぴーのヴァイオリンレッスン。
満3ヶ月経過。

今日は朝早くから幼稚園に行ったためか、なんだか疲れ気味。
それでもなんとか宿題の曲を弾いてみる。
移弦がよい感じになってきたよ。右手が柔らかく動くようにもなってきた。

今一番ぷっぴーが興味あることはピッチカート。
面白くてたまらんらしい。弦をはじいて音が出ると、何故かにゃははと笑ってる。

いっぱいいっぱい今日も注意されましたが、
来月から遂にキラキラ星を弾く事になりました。

やったー。

来月からまた楽しみじゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パッサカリア

前回の続き。
ハルヴォルセン、ヘンデル編曲ものときたらやはりこの曲のことも書かねば。

パッサカリア

前回も書いたが、ハープシコード組曲第1巻第7からの編曲。編成はヴァイオリンとヴィオラ。こちらの方が有名。

サラバンドがほの暗い雰囲気だとすると、パッサカリアは熱い。
最初からテンション上がってます。

私が最初に聴いたのは、古澤巌さんのCD。ヴィオラはコレッティだったかな?
以来お気に入りの曲の一つ。

なので、この金丸さんのCDでも期待していたのですが。。そうですねえ、サラバンドほどのインパクトを感じませんでした。お2人とも音が美しく、素晴らしいアンサンブルだと思いますが・・・

多分、以前ジャニーヌ・ヤンセンの演奏を聴いた(見た)からなのかもしれない。こちらはノリがすごかった。もちろん演奏もすばらしい。

演奏を見て欲しいので、↓からどうぞ。(・・・最近youtubeネタが多いなあ。)

そうそう、ハイフェッツ&プリムローズのCDがあるらしい。これも是非聴いてみたい。

Halvorsen - Handel : Passacaglia~Duo for violin and viola

追記:ヤンセンの映像を埋め込みからリンクに変更しました。

再追記:映像を元に戻しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏始まる・・・

Image537先日スーパーに行くと、ぷっぴーが一瞬姿を消す。

あれ?と思っていると。
「やっぱり夏はこれだねえ~」と
持ってきたのが、これです。

明治屋のいちごシロップ。

ぷっぴーの夏はかき氷に始まる。
曰く、去年は安いシロップに浮気してしまったが、やはりこれがいいとのこと。

うちに帰って早速食べましたよ~。かき氷。
明治屋さんのは、中栓が栓抜きで開けないといけないようになっているのね。
しっかりと密封されています。

本人は大満足で、以来毎日幼稚園から帰ったらかき氷。

バリエーションで、サイダーに入れたりと大活躍のシロップ。

写真のようにもう残り少なくなってきましたよ。
ああ、また買いにいかなきゃ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンデルを聴き、映画を思い出す

金丸葉子さんのCDが発売されてます。
この方のヴィオラは低音がずしりと響きますね。

恐る恐る聴いたリゲティのソナタ。
意外と良かった。
現代曲は聴くのに勇気と根気がいるのですが、すっと聴けました。
やはりその低音の響きの豊かさで知られるツィンマーマンのために書かれた曲ということで、金丸さんにはぴったりだったかも。

さて、このCDを買った目的の一つ。
ハルヴォルセンの二重奏曲。
有名なのはパッサカリア。ヘンデルのハープシコード組曲(第1巻第7)の中の一曲をヴァイオリンとヴィオラのために自由に編曲したもの。

もうひとつハルヴォルセンは書いていて、
サラバンドと変奏。これまた同じくヘンデルの曲を主題(ハープシコード組曲第2巻第4から)とする二重奏曲。編成も同じ。

このサラバンドが聴ける。しかも金丸さんだ。ということで期待を持って購入。
おお、いい曲ではないですか。
なんだかコレッリのラ・フォリアを聴いているよう。
これは楽譜を見て見たい。是非手に入れねば。。。

ん?・・・私この曲どこかで聴いた事がある

・・・多分映画。洋画。

検索してみた。

キューブリックの「バリーリンドン」!!

そうそう。それそれ。映画の中で何度も流されていたのよね。
急に観たくなった。
レンタルやさんに行ってみよう。

Harvolsen - Handel : Sarabande con Variazioni ~ Duo for violin and viola

Yoko Kanamaru金丸葉子(Va)、Liviu Prunaru(Vn)

(ENZO Recordings EZCD-10002 シャコンヌの情景~ヴィオラによる300年の回顧)

You tubeにバリーリンドンの画像がありました。ヘンデルの主題をこちらで聴くことが出来ます(こちらは映画用で弦楽合奏編曲版)。

追記:amazonのリンクを張りましたが、amazonのはかなり高いです。渋谷タワーだと2,590円で、かつ8月にイベントがあるらしいので、そちらをオススメします。

再追記:画像が間違ってました。入れ替えました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

スケジュールを埋める

早くも・・・でもないか、幼稚園ママ'sの間では夏休みのスケジュールの調整が始まってます。
プールに児童館、帰省にワークショップ。
間を縫って、いつ一緒に遊びに行こう?
幼稚園最後の夏休みだから、お友達とも沢山遊びたいのだが、
さすがに年長組。子供たちの習い事スケジュールもびっしり。
なかなか上手くいかんのよ。

今年の夏。
我が家はぷっぴーに水泳教室にいかせようと画策中。
調べたら通える距離に複数の教室があることがわかり、日程が良いものを選んで申し込んでくるつもり。

ダンスのワークショップにも行く予定。これも楽しみ。

いずれにしても子供中心の夏休み。
当分これは続きそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず完了

カテゴリーの整理をしました。
とりあえず終了。

violaというカテゴリーを新しく作りましたので、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作業中

ただ今作業中。
mayonko聴く:びおら編を作ってはみたものの、
あてはまらないけどヴィオラ系の話がでてくるものがあることに気付く。
移し変え作業半ばですが、このカテゴリーは今日中に消えます。
別の名前にしますね。

あ、もうぷっぴーのお迎えの時間だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもや

ちょいと先ですが、カテゴリーとかの整理をしようかと。
検索で来られる方が多いので、大幅な変更はしないのですが。
ヴィオラの曲がわかるようにもしたいし。

今考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出せない・・・

昨日の続き。
実はずーっと思い出せずにいた曲があって。

そのバレエの発表会は3部に分かれていたのだが、第一部にとある曲が使われていた。
バレエのタイトルからして交響曲。

聴いたことがあるんだけど思い出せない。
聴いたことがあるということは、このCDラックのどこかに曲があるはずなんだなあ。
うーん、ベートヴェンかなあ。でもなんだか違う・・・
今日の昼までずーっと考えてました。
でもお手上げ。

バレエのタイトルをパソコンに打ち込むとたちどころに正解が出ました。

ビゼーの交響曲。
ああ。。。そうかぁ。

ということでビゼーの交響曲のCDを久しぶりに引っ張り出してきて聴いてみました。
おお、これこれこの曲がバックに流れてました。快活な一楽章がいいですね。
もちろんHirokoさんの本家サイトもチェック。

バレエの世界ではこの曲は有名なんですねえ。

バレエや吹奏楽の友人がいると、思いがけず面白い曲に巡りあえたりします。
オケやってる人間にはあまり聴かないけど、そちらの世界では有名な曲とか。

これからも楽しみじゃ。

Bizet : Symphony in C
Orchestre National de France
Seiji Ozawa (Cond.)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

週末のバレエ

今週は行事や思いがけない出来事があったりと、盛りだくさんな週でした。
そして日曜日!
ぷっぴーのお友達のバレエの発表会に出かけてきました。

去年は途中で抜けてご飯を食べてまた戻るという事をしていましたが、一年たつと我慢できるものですねえ、2時間とちょっとの発表会全て見ることができました。
えらいぞぷっぴー。

今回の発表会の目玉は、コッペリアの第3幕。
楽しみにしてましたが、小さい子から指導の先生まで、可愛く、素敵なバレエを見せていただきました。
例のヴィオラのソロの曲、平和の踊りも良かった。伴奏に使ったCDは誰のなんだろう。なんだかチェロみたいな音だったぞ。今度聞いてみよう。

帰り、ぷっぴーは一緒に見に行ったお友達と駅まで踊りながら移動。よっぽど感動したんだね~。

さあて、明日から月曜日。今週は落着いた一週間のはず。

またがんばろー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プッチーニ:レクイエム

生誕150周年。
プッチーニが気になります。

ヴィオラが美味しい曲と言うと、マノン・レスコーの第3間奏曲。
ソロはあるは、tuttiでもしばらくメロディーを独占と美味しいことこのうえありませぬ。
全曲スコアを見てみると、この曲に限らずヴィオラは美味しいようで、CD・DVDを手に入れねばと今思っているところ。

さて、他には無いのかなと思っていたら、こんな曲がありました。

レクイエム

ヴェルディの4周忌のために作られた曲。短いです。10分にも満たない曲。
で、この曲の編成が面白い。

3声合唱、独奏ヴィオラ、ハルモニウム(またはオルガン)

不思議な編成です。何故に独奏ヴィオラが??
作曲の経緯についてはCDには書かれていないので、良く分からず。
伝記とかを調べてみようかな。

ヴィオラのソロは派手でも技巧的でもない。
ただただ物悲しく行き来する。

楽譜ではcon molt sentimentoという指示が書かれているようだ。

youtubeで検索してみると、二つ映像があった。
一つは伴奏が弦楽合奏に編曲されたもの、一つはオルガンとおそらく独奏オーボエのもの。
当然前者の方がいいね。ヴィオラを弾く姿が確認できるし。

ネットでさらに検索するとこの弦楽合奏版のレクイエムの楽譜も出てくる。これも必見。独奏ヴィオラの楽譜が確認できる。

CDはプッチーニ・ディスカヴァリーズという知られざるプッチーニ作品を集めたもの。
このCD、プッチーニの生誕150周年に合わせて廉価版として再発売されるとか。
嬉しいけど、実はこのヴィオラソロはあんまり好きではない。
他のCDも聴いてみたいな。

Requiem per coro, viola, armonium o organo

L'Orchestra Sinfonica di Milano Giuseppe Verdi

Riccardo Chailly (Cond.)

[ユニヴァーサルミュージック UCCD-1112]→2008年7月に再発売の予定詳しくはこちら

追記:you tubeの画像を追加。これは弦楽合奏版。こちらからどうぞ

再追記:原題が漏れてました。追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルシー券

伊東屋さんのメルシー券。

お買い物をするといただけます。
10円券、50円券、100円券と・・・金券ですよ♪
いつもかばんのどこかにいってしまって、なかなか使う機会がなく・・・

かなりたまってきたので、思い切って使ってみました。

Image5361 といっても、愛用のHITEC-Cのコレトをもう一本新調しただけ。

端数の円単位を10円券で支払うという太っ腹(笑)

うーむまだまだ使い切れませんでした~。

また次回にとっておこう。今度は何に使おうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写美のエコバッグ

Image545 美術館とかのミュージアムショップを覗くのは大好き。
思いがけず、面白い雑貨が手に入ることがあるのです。

最近のヒット。
東京都写真美術館。

恵比寿にあります。ガーデンプレイスの端っこ。
こんなところに人が来るのかなと思いきや、私が行ったときには沢山の人・人・人・・・しかも外国の方が多かったですね。

ミュージアムショップも凄い人でした・・・
Image559_2 買ったのは、これです。

Image560 ひもをほどくと・・・
ちょっとしわしわなんですけと・・・猫柄の袋です。
「エコバッグ」ということで売られていました。
中々可愛い猫ちゃんのイラスト。
ポール・スミスのデザインだとか。

お値段は525円・・・。安いです。A4サイズの雑誌は楽々入ります。

コットン製なのでスーパーでの買い物には持っていけないけど(色々と濡れるものがあるからね)、お出かけのお供に使えそう。

まずはアイロンをかけて・・・だね。

東京都写真美術館
今だったらtopページの右側のPick upにこのエコバッグのことが出てますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1/4

お友達Mちゃんと待ち合わせ。
娘さんの使っていた1/4のヴァイオリンを貸していただけることになりました。
うれし~。

なんだかとてもラッキーです。
一度も買わずに1/4サイズまで。

家に帰って、ぷっぴーに見せてみると「弾いてみたい♪」と構えてみたものの、
さすがにでかい。
なんだかヴィオラを構えているみたい。

当分は1/8かな。

Mちゃんありがとう~。今度はランチタイムコンサートでもご一緒しましょうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「魔弾」のソロ

ウェーバーの有名なオペラ「魔弾の射手」にヴィオラ・ソロがあるらしい。

と聞いて、CDを借りてきて聴いております。

序曲は何回も何回も弾いてますが、正直好きな曲ではなく、ヴィオラパートもそんなに面白いとは思っていなかったのですが、全曲を聴きとおしてみて、いや~いいですね。
2幕のアガーテのアリアは素敵だし、伴奏もおいしそうじゃ。

さて、件のヴィオラ・ソロは第3幕。
ヒロインであるアガーテが悪い夢を見たと怖がっているのを、従姉のエンヒェンが慰めるシーン(13.Romanze und Arie)で登場。結構長いのよ。ここのシーンは。

悪夢に不安になるアガーテに、そういやこんな話があって・・・と始まって、怪物だ怪物だと思ったら犬だったのよ~と笑い話を聞かせるエンヒェン。
怖がらせるような伴奏が「怪物だと思ったら~」のところで一転、明るく転調する部分がいいですねえ。そうやって不安な気持ちを取り去ろうとするエンヒェンのアリアに寄り添うようにヴィオラがソロを奏でます。そんなに高い音域でもないし技巧的でもないし・・・ソロというよりは引き立て役という感じですね。

このエンヒェンのアリアの前にはアガーテのアリア(12.Cavatine)があり、こちらはチェロのソロ。こちらは主張してますね。ソロって感じ。

スコアを見てみたら、確かにチェロのソロには”SOLO”と、かたやヴィオラは”OBLIGATA”と書かれてました。

地味だなあ・・・でもヴィオラのソロのほうがやっぱり好きですね。
聴いてみてください。

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」第3幕第2場「死んだ私の従姉の見た夢よ」
Weber : Der Freischütz~ 'Einst träumte meiner sel'gen Base'

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新書カバー

探してます。新書サイズのブックカバー。

文庫サイズはね、色々あるのね。選びがいあり。
でも新書サイズのは種類も少ないし、高い。選びがいなし。

最近本を買った時にはカバーを断っているので、自前のブックカバーをつけたいのだけども。。。新書を買う事が多くて・・・(以下繰り返し)

で、気に入ったブックカバーが見つかるまでこれで我慢しています。

Image5401 伊東屋でみつけたブック&カードホルダーというやつ。
要はビニールのカバーなんだけど、色々なサイズが用意されていて、新書サイズもあり。

お値段は260円+税 安いっ!

ビニール製だから本によってはくっついちゃうかもしれないので、中に紙を入れてます。今は味気ない茶色の紙ですが、可愛い紙が見つかれば差し替えようかと。

お気に入りが見つかるまでの応急措置ですが、案外このまま使い続けるかも。

追記:その後こんなものも。併せて見てね。

再追記:買ってみましたよ。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カノンを聴く

とある行事にて。
慣れないスーツを着、慣れないパンプスを履いての出席。

受付を済ませて会場に入ってみると、なんと弦楽四重奏がBGM隊として控えているではないか。何を弾いてくれるのかなあと耳を澄ませばモーツァルト。
ディベルティメントやセレナードから何曲か。

なんだか物悲しい演奏だったりする。うーん。

そのうち曲がパッヘルベルのカノンに変わる。
おお!この曲はヴァイオリンが3本の曲。
ということはここのヴィオラさんはがっつりヴァイオリンパートを弾いてくれるって事か?
やるじゃーん。
第一ヴァイオリン、第2ヴァイオリンと進み、さあ!ヴィオラだ~

・・・う、途中でオクターブ下げられた。
また元に戻ったり、下がったりとなんとも妙なサウンドのカノンだった・・・・。

いつもは編曲もの大好きな私もこればっかりはねえ・・・原曲どおりにやってほしかったなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またしても・・・ルクー

ルクーのCD、またしてもひょんなことから手に入ってしまいました。

Ensemble Musique Obliqueのもの。某中古店にて。
わーぉ。今年はついてますね。
神保町でもルクーのCDを見かけたんだなあ・・・今度まだあるようだったら買おうかしら。

まずはこのCD、じっくりと聴きたいと思います。

このお店にはとてもお世話になったので、聴かなくなったCDを一度売りに行こうかしら。
ありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットラジオ

OTTAVAも好きだが、他にも色々あることがわかってよく彷徨ってます。

バロック中心のところと名曲ごった煮のところを今晩は聴いているかな。

ネットラジオの面白いところ。
おおモーツァルトだあと思って聴きながらメールを打っていたら、次は1812ときたもんだ。
シャッフル機能でCD聞いている気分になるところかな。

バロック中心のネットラジオは全く曲がわかりません。
修行不足です。精進せねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり・・・

大きな地震がありましたね。
珍しくぷっぴーが早く起きてきたので、よっしゃ今日は遠出しようと思ったら、

「緊急地震速報です」(NHKテレビ)

げっ!
その後東京も揺れました。

色々ニュースの映像とか見ていたらお出かけする気分が萎えてしまいました。
幸いにもお亡くなりになった方々は少数でしたが、大きい地震です。
早く復旧しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOHINI~紅茶のお店

Image568最近、こういう冊子が手に入った。
日本紅茶協会が出している「おいしい紅茶の店」認定店一覧

私は珈琲が飲めないので、cafeでは紅茶を頼む。飲めない事はないのだが、必ずあとで胃が痛くなる。珈琲の後にお酒なんぞ飲むとこれまた大変な事になる。
美味しい紅茶を出すお店って中々出会えませんねえ・・・大きなホテルのラウンジでも、「何ですかこれ?」的な紅茶が出てくることもある。

てなわけで、この冊子をもらってから一つ一つまわってみようと思い立ち。
昨日はモヒーニという紅茶専門店へ。
神保町のTea House TAKANOのような雰囲気。もっと静かかな。
置いてある雑誌が面白くて、「みすず」とか「図書」とか。あと日経ビジネスと紅茶関連の本もありました。これは長居しそう。

Image578 メニューにも沢山の紅茶の名前が・・・お店のご主人にオススメを聞いてダージリンのファーストフラッシュとスコーンをいただく。

スコーンがすごく美味しい~。添えてあるジャムも美味しくて、手作りなんだそうだ。本日は苺かりんごだったけどもうすぐいちじくのジャムができるよと嬉しそうなご主人。

紅茶もたっぷり。ポットサービスで2杯強は入っていたと思う。直ぐ飲めるように時間を計ってポットを持ってきてもらえます。美味しい~♪ホットにして良かった。
後から、さし湯もいただいたのですが・・・もうお腹一杯です~飲めませぬ。

お店の人は本当に気さく。来月はダージリンのセカンドフラッシュが入ってくるから、これ飲まないと~と更に嬉しそうに語るご主人。
ええ、また来ますとも。

MOHINI
都営新宿線曙橋駅徒歩1分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Pictrain

父の日の贈り物。無事買い揃えました。

エコバッグにする~という当初の予定通り、色々見て回った結果、「私の部屋」の麻のバッグ。男の人でも持って違和感の無いものを買いました。(ラッピングしてしまったのでおみせできないのが残念)

Bag01 さて先日こんなものを見つけました。鉄道グッズ?なんだかかわいいぞ。だんな様用に購入。お買い物用に使ってもらいましょう。

帰宅して調べてみたらpictrainという雑貨。いかにも鉄道グッズでございます~という感じではなくていいですね。日々持ち歩けそうだし。
写真のショッピングバッグは「時刻表」というタイトルでした。

他にも色々ケーブルカーとかエスカレーターとかのデザインや、他にも定期入れとか、マグとか様々なグッズがあり、私のほかにも、きっと鉄道好きの子供をお持ちのお母さんとおぼしき方がずーっと見入ってました。

私が買ったのは小田急の三省堂書店横の特設コーナー(臨時)にて。他にもハンズとかにあるようです。

pictrain

追記:金曜日にアップしたつもりが「下書き」のままになってました。あらら~。ということで日付を訂正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早寝・・・

本日の夜は静か。
なぜならぷっぴーが夕方からもう寝ちゃったから。

今日は雨だったから往復歩き。それに私の用事で遅くまで延長保育をしてもらったので十二分に遊んだらしい。

家に帰っておやつを食べ、しばらくして、ふとみたら
ぐぅ・・・
と寝てました。おいおいまだ夕ご飯も食べていないのにぃ~。

明日は早くに
「お腹すいた~!」と起きてきそうです。

では私もお休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巴里編!

次のコミックスはいつ発売だろうと、二ノ宮さんのサイトを覗いたら、

のだめ巴里編アニメ化!10月予定とのこと

おおっ。楽しみ。
もしかして知らなかったの私だけ??

実写はないの~??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョンゲン:ヴァイオリンとヴィオラのためのアダージョ

ヴァイオリンVSヴィオラという二重奏曲では、完全にお互い張り合うか、ヴィオラが伴奏役に徹するかのどちら。
では、この曲の場合はどうだろうか。

ジョンゲンのヴァイオリンとヴィオラのためのアダージョ
どちらかといえばヴィオラが伴奏役か?しかしながらところどころ溶け合うように進む箇所もあってなんだか不思議な感じ。
バロック時代の書法をとっているようだと解説にはあるが、私にはむしろモーツァルトの音楽が聴こえてくる。そう、彼の協奏交響曲の、はたまたカルテットの一節が聴こえてくる気がするのだが。。。それにしても美しい曲。
たった6分で終わってしまうのが惜しい。ただ、重音を弾かされっぱなしの部分はきつそうだなあ。

ジョンゲンはヴィオラという楽器をことのほか気に入っていて、同時期のヴィオラ奏者たちとも交流があったらしい。前回紹介したヴィオラのための組曲を献呈したMaurice Vieuxもその1人だろう。
ライオネル・ターティスとも交流があったことが今回の解説でわかった。
ということはまだまだヴィオラの曲はあるのかな?

期待しよう。

Jongen : Adagio pour violon et alto op.22/1
Ensemble arpae
[Cypres cyp1632]
私は日本語解説つきのものを購入。解説がとても良いのでこちらをオススメ。MCYP1632
収録されている他の曲もオススメ。美しい~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2台のピアノのための協奏曲・・・再び

全く別の作曲家のものを探していたら、出てきました。

以前ブルッフの2台のピアノのための協奏曲のCDでお教えいただいたラベック姉妹のもの。
今年になって廉価版で再発売してました。う、嬉しい。
興味があったので即注文しておきました。
到着が楽しみ~。


あと、別の奏者でもこのブルッフの2台の~CDが出てきました。
案外あるものですね。
こちらMilhaud: Scaramouche, suite for pianos Op165; Bruch: Concerto for pianos Op88
も注目。

この曲についてはカテゴリー:「ブルッフ」のなかで色々書いているので覗いてみてください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3ヶ月目

ぷっぴーのヴァイオリンレッスンは3ヶ月目に突入。

段々30分のレッスンにも我慢できるようになりました・・・というか弾けてきたので面白くなってきたのかな。
もともと某音楽教室でエレクトーンも弾いているぷっぴー。
そこではハ長調~ト長調~ヘ長調ときているのにヴァイオリンではまずイ長調(いきなりシャープが3つ)になるのが彼女的には不思議でたまらないらしい。

今取り組んでいるのが右手の使い方。今変な癖がついちゃうと大変ですよ~と、優しいながらも根気良く先生はぷっぴーに注意。移弦も段々上手くなってきました。

それにしても、見ていて参考になる事ばかり。
実は一番教わっているのは私だったりして・・・

右手の動きが合格したら、いよいよ曲かな?

楽しみじゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴュータン:ヴィオラ・ソナタ

いくつかの音楽系のメルマガを登録しているが、一番頻繁に送ってくるのが某中古CD店のもの。先日、待ちかねた情報が届き行ってみた。
以前欲しいCDとして挙げていたブルーノ・ジュランナのCD。
メルマガではアルペジョーネ・ソナタとして紹介していたが、私の目当てはカップリングの曲。

ヴュータンのヴィオラ・ソナタ。
わーい。ついに手に入りました。思えば昔、FMで聴いてから探し続けての再会。噛み締めるように聴いております。3枚ほどこの曲のCDを持っていますが、やはり思い入れのあるジュランナのCDが良いですなあ。

ヴュータンはいくつかのヴィオラの曲を書いている。どれもどことなく陰のある曲。ソナタも未完成のものを含め2曲書いている。完成したヴィオラソナタは作品番号から言うとヴァイオリン協奏曲第4番と第5番の間にある。作曲家として脂ののっていた時期の作品。エレジーも作品30であるから、決して後年ヴュータンが体が不自由になった時期の作品ではない。
華やかなヴァイオリン曲を書いたヴュータンだが渋いヴィオラの音色も好きだったのだろうか。3枚ほどこの曲のCDを持っているので、改めて解説を読んでみると、ヴァイオリン同様ヴィオラも名手であったとの記述が。
とある解説にはハノーファーのゲオルク5世に献呈されたとの記述もあり。

3楽章構成。中でも第2楽章の「舟歌」が好きだ。
弾いてみようと楽譜を取り寄せてみたら、結構なハイポジション。
途中曲調が変わる部分からさらに高音になり・・・きゃー弾けない。

この楽章に限らず、結構高音域使ってるよね、このソナタ。でもキンキンした印象を感じないのは、例えば冒頭のように上手く低弦の音を織り込んでいるからなのかな?

このジュランナを始めとする他のヴィオラ奏者の方々はハイポジで弾いてますって感じで弾いていなく(当たり前だが)、さらりと弾いていてなんだか悔しい。
第1楽章もいいね。冒頭のゆったりとした部分が特に。
第1、第2楽章が充実しているので第3楽章があっさり終わってしまうのがちょいと不満。

さて、ジュランナのCD。
翌々見ると録音が荒川区民会館と書いてあるのにびっくり。
伴奏者が岩崎淑さんなので、日本での録音だとは思っていたが、区民会館ですか。
それってサンパール荒川??情報求む

Vieuxtemps : Sonata in B flat major for Viola and Piano, op.36
Bruno Giuranna (Viola)
Shuku Iwasaki (Piano)
[日本コロムビア CO-3523]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサート!

終わっちゃったこの前の演奏会。
都合が悪くなって来れなかった友人から、お詫びにと、とあるオケのチケットを頂く。
しかも3枚。

「ぷっぴーちゃんもどうぞ」
とのこと。

そういえばぷっぴーは、フルオケの演奏会には未だに行っていない。お子様向けのイベントなら何回か。

いい機会だし行ってみるか。と、出かけてきた。

曲目はいわゆる名曲プログラム。最初に聞かせるにはいい感じ。
でも三曲もぷっぴーは大丈夫だろうか。
ぐずらないかなあ・・・
席は指定席で、通路側。あとは何かあったらすぐに出ようといろいろ考えながら開演を待つ。。。

開演!
最初の序曲の出だしを聴くや否や
「あ、これ知ってる!」
と言って、冷や冷やしたが、あとは静か。

よしよしえらいぞーと中プロの前にぷっぴーを見ると

爆睡!

寝てました・・・
よく、赤ちゃんは周りがうるさいと寝てしまうって言うよね・・・
そのまま休憩中も寝続け、とうとうメイン終了まで寝てました。
その後、ご機嫌よくアンコールに手拍子して
「ああいい演奏会だったね、あんまりいいから寝ちゃったよ」
だって。

初コンサート無事終了。
これでよかったのか?
よかったんだろうなあ・・・またどこか行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷室冴子さん死去

51歳。
まだまだお若いのに。。。肺がんだそうだ。

氷室冴子さんというと、私の年代ではコバルト文庫、なんて素敵にジャパネスク
だよねえ。
自分の楽しかった思い出を作ってくれた人が亡くなるのはなんとも寂しい限り。

今も手に入るのかな?ジャパネスクは。確かコミックにもなったよね。
ラジオドラマにもならなかったっけ??ちょっとうろおぼえだけど。

うーん、もう一度読んでみたくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランチタイムコンサート

今日もなんだかすっきりしない日でしたねえ。
とりあえずは幼稚園の行き帰りと自転車に乗れたのはラッキーかしら。

昨日に引き続き片付けものをしていたりします。
ちょっとづつきれいになってきたぞ。

ちょっと休憩したついでに、ランチタイムコンサートは今月は何か無いかしらと検索。
うーん、オルガンコンサートだけでも6つはあるねえ。
最近はわざわざ平日の午後にオーケストラの演奏会を企画してくれるところもでてきて、日頃普通のコンサートにいけない子育てママはとても嬉しい。
いや、行けない事は無いんだけどね、丁度子供が眠たくなる21時の終演のコンサートに託児してまで聴きに行くのはねえ・・・申し訳なくって。。

このランチタイムコンサートって、調べないとわかんなくって。。。教会やホールのサイトを中心に調べているんだけど、最近思いもよらぬところでランチタイムコンサートをしていることもあるとわかってびっくり。
ビルのロビーとか、広場とか。はたまた大学の構内とか、史跡とか
地域でミニ音楽祭もしていたりとか。

見つけてはブックマークしてるけど、まとめたサイトがあるとほんとにいいなあ。
誰か作りません??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標100枚・・・

ここ2、3日片付け、掃除にいそしんでます。

まだまだ子供が小さいから~と片付けを怠けていたら、我が家の小部屋・・・将来ぷっぴーの部屋にしようと思っていた部屋が凄いことになってしまったので、整理整頓、荷物のスリム化を図ろうと。うん、結構片付いてきたよ。

で、CDなんかもこの際だから整理しちゃって、聴かなくなったものを売りに行こうとただいま吟味中。

目標100枚!・・・なんだけどね、
今のところ20枚しか選べなかった。

交響曲は、サクサクと選べるんだけど、他の種類はだめね~、踏ん切りがつきませぬ。

うーん、日にちを置いてもう一回選んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間もなく・・・

もうちょっとで乗れますね!副都心線。

先日ぷっぴーのお友達&ママ達とと渋谷の都立児童館に行ったのです。
楽しく遊んで食事をして、原宿からJRに乗ろうとしたら、平日の午後でしたが、凄い混みよう!
で、最後はみんな体を押し込んで乗車したって感じ。あの混雑が少しでも解消されるのでしょうか。。。

ママ'sの注目駅は新宿三丁目。
駅の詳細地図を見ると、新宿タカシマヤから伊勢丹まで地下道で繋がっているように見える。繋がるなら、これはポイント高いねえ~と。
今までだったら地上からでしか行けなかったもんねえ。雨に濡れなくていいね。

渋谷。これも都立児童館により近くなったところに出入り口が新設されていてる。
これも嬉しい。

ん?雑司が谷駅は都電で言うところの鬼子母神駅になるのね、これはいつか間違えそう・・・

とにかく楽しみじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れ物

今日は頼まれた作業に使う資料のコピーを取りにキンコーズへ。

結構な量をコピーしたので疲れてしまい、その後cafeで一休み。
ぷっぴーの6月行事予定を手帳に書き写したりとのんびーり過ごす。何故か外の方が手帳に書き込む作業がはかどる。うちじゃあそんなに書き込まないのに。

その後書店などふらふら寄って、さて帰ろうと駅の改札をくぐろうとしたその時気がついた。

資料のコピーがない!手提げごと無い!

わーん、どこに置いてきたのかなあ。あの作業大変だったんだよ~。
必死に思い出し、cafeに違いないと猛ダッシュ!

走った走った。何年ぶりだろこんなに走ったの。
駆け込んだら、店員さんが待ってましたとばかりに、手提げ袋を出してくれました。

満面の笑みと共に。。。
恥ずかしい・・・久々のうっかり者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の日の贈り物は・・・

今年もやってきた父の日。

さて今年はどうしようと考え、双方の両親にはエコバッグにしようと思い立つ。

今や色んなところに色んなエコバッグがあるけれども、男の人(しかも年配の男性)が携帯しやすいものはあるのかな?

もう少し日にちがあるので探してみよう。

さてぷっぴーは今年は何をしてくれるのかな?
似顔絵かな?「お手伝い券」かな

こちらも楽しみじゃ。期待してるよん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »