« 熱気と殺気と・・・ | トップページ | ジョンゲン:協奏交響曲 »

ヒナステラ:協奏的変奏曲

以前探していた曲。

この曲との出会いは、とあるCD。
ヴィオラのオーケストラ・スタディの音源化したもののようで、ハーリ・ヤーノシュとかドンキホーテとかの実際のヴィオラパートの演奏とコメントが録音されている・・・そんなCDをサイトで見つけたのだが、その収録曲の一覧にヒナステラの曲が書かれていた。

ヒナステラの曲は弦楽合奏の曲を持ってるくらいで、あとは??の世界。
聴いたこと無い。でももしかしたらヴィオラが美味しい曲なのかも。とCDを注文しようか迷っていたら、中古ショップで見つけました。525円なり。ふふふ。

うーん、なんだか不思議な曲なのだ。
曲は12個の部分からなるのだが、
まずチェロがハープを従えて主題を奏でる。
続いて前奏曲。弦楽合奏のみの演奏。
そして変奏曲が7つ続く。
何故か前奏曲に戻る。今度は管楽器のみの演奏。
続いてこれまた主題をもう一度。今度はコントラバスが奏でる。

そして終曲。オケ全体により華々しく終わる。

・・・といった最初と最後に主題と前奏曲をそれぞれに置いた変わった構成。
7つの変奏曲も面白い。それぞれの変奏曲に中心となる楽器がある。フルート、クラリネット、ヴィオラ、オーボエとファゴット、トランペットとトロンボーン、ヴァイオリン、そしてホルンと。上記のように主題をチェロやコントラバスもソロで弾いているし、なんだかブリテンの「青少年のオーケストラ入門」のようだ。

好きなのは、チェロのソロとコントラバスのソロ。ヴィラロボスみたいでいいねえ。

で、この曲、確かにヴィオラのソロ(Variazione dramatica)がある。せかせかと終わってしまう楽器の変奏部分が多い中、ヴィオラには作曲者はゆったりと歌う時間を与えてくれている。なんと12曲の中で一番長いのだ。チェロのソロの2倍だよ~。
これ、いい味出してるソロだと思うんだけど・・・今聴いているCDに関していえば、楽譜がそうなのか?それとも間違って弾いてるのかよくわからず。なんか首をかしげたままこの部分が通り過ぎていってしまう・・・せっかくの長いソロなのにねえ。

他のCDも手に入れて確認してみよう。

Ginastera : Variaciones concertantes para orquesta de càmera Op.23
Europa Symphony
(ARTE NOVA 74321 59218 2 Ginastera: Variaciones Concertantes; Piano Concerto No. 1)

|

« 熱気と殺気と・・・ | トップページ | ジョンゲン:協奏交響曲 »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

ヒナステラ Ginastera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/41139617

この記事へのトラックバック一覧です: ヒナステラ:協奏的変奏曲:

« 熱気と殺気と・・・ | トップページ | ジョンゲン:協奏交響曲 »