« 行きつけの・・・ | トップページ | 検索で・・・ »

ドゥランテ:合奏協奏曲

フランチェスコ・ドゥランテ
というと、宗教曲や声楽曲が有名なんだそうだ。

私がこの作曲家を知ったのは、合奏協奏曲集のLP。コレギウム・アウレウム合奏団の演奏だったと思う。
ヴァイオリン教室の中の子供たちだけの弦楽合奏団でヴィオラを弾くことになって、ヴィヴァルディの調和の霊感とかいろいろ弾いていたら、すっかりバロック音楽が好きになり、親にせがんで色々買ってもらったLPの一つ。

ドゥランテの魅力はなんといっても歌心あふれるメロディーかな。途中でハッとする部分もあるね。それにヴィヴァルディのようにカシャカシャしてないところ(それはそれで好きなんですが)。コレッリやヘンデルの合奏協奏曲に負けないと思うんだけど、なんでマイナーなんでしょうかね。

で、社会人になってから入った弦楽合奏団の指揮者の仕事部屋にお邪魔したら、なんと楽譜発見!楽譜は第1番のもの。
「この曲弾きましょうよ~」と言い続けて数年後、ようやく演奏会のプログラムにのりました。うれしー!
いざ練習してみてびっくり、この第1番には終楽章だけですが、ヴィオラのソロがあるんですね。2つのソロヴァイオリンの伴奏のような短くて、弾いてもあんまり目立たないソロですけどね。ということは、他の曲にもヴィオラソロが入っているのかも。第4番とか特に怪しい。。
うう、スコア無いかなあ・・・確認してみたい。

CDも探してみた。とりあえず、コンチェルト・ケルンのものを購入。でもLPのものと収録している曲が若干違うので、できればコレギウム・アウレウム盤が欲しい・・・。

探求は続く。

Francesco Durante : Concerti
Concerto Köln
(Capriccio 10 371)

追記:上記CDがSACDになってました。これです。(Durante: Concerti Nos. 1

|

« 行きつけの・・・ | トップページ | 検索で・・・ »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

ドゥランテ Durante」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/41024801

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥランテ:合奏協奏曲:

« 行きつけの・・・ | トップページ | 検索で・・・ »