« ルクー:ヴァイオリン・ソナタ | トップページ | 濃ゆいシューベルト »

電クラ

後輩Mちゃん宅に遊びに行く。
そういえば自分より年下に遊んでもらってることが多いか?
彼女は昔いた音楽教室の後輩。偶然にも同じ東京に住んでいて、時々電話でしゃべっている仲だったりする。

お好み焼きをごちそうしてもらったりと楽しい時間を過ごしたのだが、ふとキッチンのカウンターを見ると、何やら電車柄(?)のCDが。。。

「あ、それねー、この前帰省した時にMというライブハウスでね、ライブをやってたの。面白いから買っちゃった」
「Mちゃん、テツだったっけ」
「えー違いますよー。でもね面白かったから2枚アルバム買っちゃった」

ということで、聴かせてもらう。
”電クラ”
クラッシックの中に電車テイストが散りばめられたアルバムというべきか。
聴いてすぐ、ぎゃははは!と笑うよりも、じわじわと笑いが込み上げてくるという感じ?
だって、演奏が上手いんで、聞き惚れちゃって
あ、ここがもしかして笑いのツボ?と気がつくのが遅れたりする。
いや、テツ度が低いだけかもしれないが・・・

といいつつも、帰りの駅ビルでしっかり購入。
そーねー、バッハのアリアと山手線の発車メロディーとのコラボと丸の内線のやつは笑えたかな。だんな様は名鉄、ぷっぴーはVVVFエンジンに反応。。。

テツというよりクラッシックが好きなテツが聴くと楽しめるかな。
ともあれ、聴いてみて。

電クラ
杉ちゃん&鉄平
(UAE JKCA-1040)
オフィシャルサイト


それにしても、Mちゃんはテツじゃないのにどうしてこれが好きなのか。
謎じゃの。

|

« ルクー:ヴァイオリン・ソナタ | トップページ | 濃ゆいシューベルト »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/40579558

この記事へのトラックバック一覧です: 電クラ:

« ルクー:ヴァイオリン・ソナタ | トップページ | 濃ゆいシューベルト »