« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

貸していただいた本

先日思いがけずとある方から本を貸してもらいました。

宅配便で。
なんだろーと思って開けたら今井信子さん今井信子 憧れ ヴィオラとともにとバシュメット「バシュメット/夢の駅の本。

あらびっくり。
同封の手紙によれば、「世話になったから貸してあげる」との文面。

貸してやる・・・というのがとてもその人らしい台詞だなあと思いつつ、読んでおります。

まずは今井信子さんの本から。
Iさんありがとー。

追記:書籍のリンクを貼りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50枚か30枚か

気になりますねえ、deutsche harmonia mundiの50周年box
50枚組でかなりの安さ。
でも50枚。聴き終えるまでに結構時間がかかりそうだね。

かたやこちら。
EMI classicsのヴォーンウィリアムズコレクターズエディション
30枚組。
こちらは前者に比べるとちょいと割高か?
こっちもいつ聴き終えられるやら。。。

ううむ、前者か後者か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前夜祭!?

桜、我が家の周りはほぼ満開になりました。
今週に入って一気に咲きましたね~。

そうそう、ちょっと前に新宿御苑に行ったんですよ。
門の付近にきたらどんどんと人が吸い込まれていくので、なんだなんだ?と思っていたら、
かなりの数のビニールシートに宴会客・・・

まだカンザクラが数本咲いているだけなのに・・・。

前夜祭?
しかも外国の人が多くない?

きっと今は咲いている桜も多くなっていることでしょう。
ビニールシートも足の踏み場も無いくらいに増えているかな?

ちなみにアルコールの持ち込みは不可。
でも中でビールを売ってます。ここで買えってことね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お疲れ様でした・・・。

昨日はココログのメンテナンスで記事が書けなかったのですが、

よく読んでいたブログの一つ
「築地で働く坊主のアメブロ」・・・築地本願寺輪番のブログが、御本人の退任により休止とのこと。
考えさせられる話題から大笑いさせてもらった記事など・・・とても面白いブログだっただけに残念。お疲れ様でした。

・・・とはいえ、こんど瀬戸内海にある某お寺の住職としてブログは再開されるそうです。
近日中に私もリンクを付け替えま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可愛い文房具屋さん♪

先日後楽園のラクーアに行ったついでに小石川周辺を散策。

あれ?こんなところにcafeがあったっけ? 
あれ?ここ工事中?
など、そんなに久しぶりでもないはずが、改めて東京の風景の移り変わりに驚いていたりして。

茗荷谷駅のとなりのビルが新しくなっていたのは知っていたのですが、そこに小さな文房具屋さんが出来ていて。なんか可愛い雑貨もありそうな雰囲気。
時間もあったので覗いてみました。

お、音符柄のトートとかえんぴつとか音楽系の雑貨がかなりありますね。
しかもちょっと変わったやつが多くて、思わず長居してしまいました。
どれにしようかなー。
悩んだ挙句、こんなものを買ってみました。
Image5311
また寄ってみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャニーヌ・ヤンセン

Janine Jansen
オランダのヴァイオリニスト。

画像投稿サイトで見かけて以来、気になってる演奏家の1人です。
ヴァイオリニストですが、ヴィオラも弾くんですね、この方。
もちろん諸先輩方(例えばズーカーマンだとかケネディとかヴェンゲーロフもそうかな)にそういう方もいらっしゃるのですが、

アルバムの選曲が良い。

メンコンとブルッフのロマンス。
バッハのパルティータにはインベンションとシンフォニアの弦楽編曲版(Vn、VaとVnVaVcという組合せ)をカップリングしているところなんか・・・ツボを押さえていて。。。まだCDを注文していないけど、絶対買いますよこれは。

画像投稿サイトでは、ヘンデル=ハルヴォルセンのパッサカリア(Vn、Va)のライブ演奏がアップされていて、これがまた・・・かっこいいのですわ。
ヤンセンはこの演奏ではヴァイオリンだったのですが、いやはや素晴らしい。ヴィオラもブラヴォーの一言。誰なんだろう、名前を知りたい。。。

you tubeで検索してみてください。Deccaが投稿しているプロモビデオもあり。

ユニヴァーサルミュージックのサイト

追記:別の演奏者でパッサカリアの記事を書き、こちらにヤンセンのyoutubeの画像をリンクしました。こちら

再追記:パッサカリアでヴィオラを弾いていたのはJulian Rachlinジュリアン・ラクリンでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラロ:スケルツォ

ラロの曲を聴くときは低音強めにするべし。

のだめでゆうこ曰く、「ずどーん、どすーん」(だっけ?)とはよく言ったもので、
これがラロの曲の特徴の一つであることは確か。かつエキゾチックで華麗なのだ。

ラロのCDは中々見つからないので、見つけると即買い。

最近のお気に入りの一つ
スケルツォ

というオケの曲。

トランペットの序奏から始まって、ずどーん・どすーんとラロ節全開の曲。
5分弱の短い曲なんだけども、何故か癖になって何度も聴いてしまうのね。
解説を読んでみたら、この曲、実はピアノ三重奏曲第3番の第二楽章の編曲なのだとか。

う。聴きたい。。
でも、ただでさえ、ラロのCDは見つからんのに~。室内楽のCDを探せというのか・・・
と思ったら、ふらりと寄った中古ショップであっさり出会ってしまった。

原曲もいいですねえ。編成はヴァイオリン・チェロ・ピアノ・・・当たり前か。
オケ版でもチェロは目立ってますが、こちらでもかっこいいですねえ
このチェロの音域が比較的高いので、ヴィオラでもいいんじゃないの~と勝手に思ってみたり。

○マハの池袋に楽譜を発見。でもね7,000円もするんだよ~。買えないよ~。
EUは円高は関係無し・・・。

Lalo : Scherzo pour orchestre en re mineur

Trio N°3 op.26
pour violon, violoncelle et piano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーサー・C・クラーク死去

アーサー・C・クラーク死去。

学生時代SF大好きだったので、彼の著作はもちろん読んだ。
「幼年期の終わり」が好きだった。

一時期、「2001年宇宙の旅」を正月のテレビでよく放送していて、おばあちゃんのうちのコタツの中から良く見たものである。よくこんな映画正月にやるよなあと思いながら。

サントラも買ったよ~。他の人はこの映画といえば「ツァラトゥストラ~」と言う人が多いだろうけど、私は「美しき青きドナウ」だなあ。
宇宙空間に流れるワルツが印象的でした。

90歳。
大往生ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

濃ゆいシューベルト

熱狂の日も近くなってきたので、
シューベルト好きには是非見て欲しいブログです。

音楽嫋々・クラシック名演奏CD&レコードこだわりの大比較。理想の感動体験への旅。

濃いです。シューベルトへの愛が感じられます。
何が濃いかといいますと、ピアノ五重奏曲「ます」の話から始まっているのですが、その関連する話題を積み重ねて積み重ねて今、114記事め。
比較的ゆっくりとした更新でいらっしゃるのですが、気がつくと次の話題がアップされていて、慌てて読んでいる私です。
そう、細かい分類がされていないので、さかのぼれるだけ遡ってお読みになることをオススメします。どっぷりとシューベルトの世界に浸りましょう。

知らなかったオペラの話もあったりと面白いんですよ。こんな曲も書いてたんだ~と感心することしきり。

是非是非お読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電クラ

後輩Mちゃん宅に遊びに行く。
そういえば自分より年下に遊んでもらってることが多いか?
彼女は昔いた音楽教室の後輩。偶然にも同じ東京に住んでいて、時々電話でしゃべっている仲だったりする。

お好み焼きをごちそうしてもらったりと楽しい時間を過ごしたのだが、ふとキッチンのカウンターを見ると、何やら電車柄(?)のCDが。。。

「あ、それねー、この前帰省した時にMというライブハウスでね、ライブをやってたの。面白いから買っちゃった」
「Mちゃん、テツだったっけ」
「えー違いますよー。でもね面白かったから2枚アルバム買っちゃった」

ということで、聴かせてもらう。
”電クラ”
クラッシックの中に電車テイストが散りばめられたアルバムというべきか。
聴いてすぐ、ぎゃははは!と笑うよりも、じわじわと笑いが込み上げてくるという感じ?
だって、演奏が上手いんで、聞き惚れちゃって
あ、ここがもしかして笑いのツボ?と気がつくのが遅れたりする。
いや、テツ度が低いだけかもしれないが・・・

といいつつも、帰りの駅ビルでしっかり購入。
そーねー、バッハのアリアと山手線の発車メロディーとのコラボと丸の内線のやつは笑えたかな。だんな様は名鉄、ぷっぴーはVVVFエンジンに反応。。。

テツというよりクラッシックが好きなテツが聴くと楽しめるかな。
ともあれ、聴いてみて。

電クラ
杉ちゃん&鉄平
(UAE JKCA-1040)
オフィシャルサイト


それにしても、Mちゃんはテツじゃないのにどうしてこれが好きなのか。
謎じゃの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルクー:ヴァイオリン・ソナタ

先日のだめの最新刊が出ましたね。
今回清良はサン=サーンスのヴァイオリン・ソナタ第1番を弾いてましたよね。
うーん。サン=サーンスのこの曲も好きなんだが、

最近はまった曲。ルクーのヴァイオリン・ソナタ。
いいですねえ。すっかり虜になってしまいましたよ。

曲調は神秘的というか幻想的というか・・・なんかフランクのソナタみたい?と思ったらフランクが亡くなるまでの2年間ほど師事していたそうで。「最後の愛弟子」なーんて解説に書かれているCDもありましたね。

この曲はヴァイオリニスト、イザイの依頼によるもの。
ルクーもイザイもベルギー出身。イザイはこの同じ国出身の若き作曲家の書いたソナタをことのほか気に入って、いたるところで演奏し世に広めた。
そして今度は彼にピアノ四重奏曲の作曲を依頼したのだが、2楽章を書き終わらぬままルクーは短い生涯を終える。

24歳だよ。
若い~。

ということはヴァイオリンソナタはさらに若い時に書いたことになるわけだが、21~22くらいに書き上げたという言葉よりも「晩年」という言葉の方が似合うかもしれない。
少なくともこの2楽章の美しい調べを聴く限りは。

3楽章は私的には3つの楽章の中では今ひとつ。ここで盛り上がるのか?というところであっさり曲調が変わってしまったりしてあんまり面白くない。

聴いたのはグリュミオーの演奏。彼のCDは、他にサンサーンス、ラロの協奏曲を収めたCDを持っているが、はっきり言って良いとは思わなかった。
このCDはいいですね。
ルクーを好きになった半分の理由はこのグリュミオーの演奏によるものかもしれない。

次は弦楽のためのアダージョのCDを注文中。
○MV以外は売り切れだったCDなんだけど大丈夫かな?早く聴きたいよ~

Lekeu : Sonate pour violon et piano
Arthur Grumiaux (Violin)
Dinorah Varsi (Piano)
(Philips PHCP-9653)

追記:やっぱりねー。H○Vにまたやられましたよ。
待たされるだけ待たせて在庫切れだって。。。

再追記:その後、注文をそのままにしておいたら、なんとご注文の商品が揃いましたとのメールが!
えええ?どういうこと?・・・と、とにかく、ありがとうH○V!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休み・・・!

ぷっぴーが春休み突入である。

わくわくhappy02。どこに出かけようか計画中。
とりあえず、近場での計画。

区内の図書館を全部行ってみよう。
自転車(人力)でね。

区内とはいえ、広いよ。
いつも行ってるところ以外だからね。

記念すべき第1号館はまだ家から近いところ。でも疲れたけど・・・。
子供の本のコーナーが広い!
本も沢山!
ぷっぴーは歓声を上げて図書館の中に突入。
2時間ばかりゆっくり親子で読書を楽しんできました。
(もちろん読書中は静かにしてました・・・念のため)

絵本って出版社別に並べてあるけど、どこもそうなのかな?
親が取り出しやすいから?
図鑑は「いきもの」「うちゅう」とかわかりやすく分けてあるんだけどね。

子供が取り出しやすい選びやすい配置なのかなあ・・・
などと考えてしまいましたよ。

ちなみに、CD棚も覗いてみる。
ううむなかなかの品揃え。思わず2つばかり借りる。
CDは作曲家別の配置ですね。こっちはわかりやすかったな。

それにしても2時間いて、他に親子連れ一組だけとは寂しい。
図書館めぐり、第一日目。楽しゅうございました。

帰りはこれまたいつも行ったことのないスーパーで買い物。
これもまた楽しかったよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えた遊具

先日、転園していったぷっぴーのお友達親子が近くに来てるということで、数人誘ってランチ。
半年以上もたってるけど、みんな変わらず仲良くお話できて嬉しい限り。

せっかくだから公園でも行こうよという話になり、近くの公園へ移動。

行ってびっくり!
遊具が無い!

正確に言うと小さな滑り台だけになっていたの。
他にも鉄棒に、木のやぐら、大きい山のような滑り台があったはず。・・・あ、砂場もあったかも。

広めの敷地に小さな滑り台だけぽつんと。
それでも子供たちは遊んでいたけど・・・なんで無くしちゃったのかしら。

そういえば、他の友達も近所の公園の遊具が減らされて・・・と言っていた。
古くなったから?危ないから?
なんでだろう・・・気になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハヤシライスよりも・・・

オアゾの丸善に行く。
本を探し回って疲れたので、4階のエムシーカフェへ。

丸善といえば、ハヤシライス。
丸善の初代の社長が考案したのだとか。

その昔、日本橋のふるーいビルに丸善があったころ、ハヤシライスを食べるには屋上(・・・だったはず)へ行かねばならなかった。
ゴルフ練習場のようなところの一角に小さなお店。そこには仕切りおばさんがいて、あなたここね!と言われて座って食べたハヤシライスは美味しかった。

今、本店は丸の内になって、日本橋もきれいなビルになっちゃったんだけど、あのときのおばちゃん'sはどこに行ったんだろうね。

ということで、エムシーカフェ。
ハヤシライスは食べなかったんだけど、こちらでは新たな名物が。

窓からJRの電車やら新幹線がよく見えるのだ。

窓際の席はカップル、子連れ、そしてテツらしき人々がみんな外を見つめている。
ぷっぴーはその席に座れず、ちょっと悔しそう。

帰り際「こんどあそこでちゅーおーせんがみたいな」

交通会館だったらタダで見れるぞ。あ、中央線は見れないか。
また今度ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレキでブルッフ

エレキと書くのは古いのか?

ともあれ、こんな楽譜を見つけた。

Bruch : Concerto No. 1 for Electric Guitar

は?

ブルッフの協奏曲をエレキで弾くんかいな?
楽譜のサイトの見本を見ると、確かにエレキギターの楽譜だったりする。
しかもCDつきじゃ。編曲者の演奏で伴奏はStuttgart Symphony Orchestra。

どんなんだろう~♪聴いてみたいぞ。
と思ったら、you tubeで投稿している人がいた。

見ちゃいましたよ。3楽章とも。
いや、何と言うか、その・・・1,2楽章はそんなもんかーという感じでしたが、
3楽章がcoldsweats01・・・何の曲??って感じで凄かったですね。

まあ、見てくださいな。やはり3楽章だな~。

youtubeの画像はこちら→追記:その後削除されたようです。残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近聴いている曲

最近曲ネタがありませんねえ~とさりげなくメールが。

そうですねえ・・・なんかばたばたしていてゆっくり音楽を聴けてないかも。

最近よく聴いているのはラロです。あとディーリアス。

管弦楽曲と室内楽と・・・オペラもあるね。これら相次いでCDが手に入ったもので。

おいおい紹介できたら~。
と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れ家ランチ

ぷっぴーの幼稚園もまもなく終業式。
午前保育が続いているので、連日ランチのお誘いがあったりします。

今日お誘いを受けて行ったところ。
住宅街の中にあるマンションの一室の隠れ家的レストラン。

子供が行っても大丈夫なようよ。
というママたちの口コミを聞いてお友達ママが予約してくれました。

Lunch メニューはお任せで、本日はこんな感じ。
お惣菜四種とハヤシライス&サラダ。食後にコーヒー。

子供たちには大人のハヤシライスを取り分けしようと思っていたら、レストラン到着したころにはもうみんなお腹がぺっこぺこな様子。お店の方が機転を利かせて、ハヤシライスをすぐに子供たち用に分けていただきました。

みんな本当にお腹が空いていたんだね。
あっという間に終了。
掘りごたつ風のテーブルの下に潜っていったのを見届けてママたちはゆっくりと食事。

美味しゅうございました♪
コーヒーも美味しかった。
私はコーヒーが苦手なんだけど、今日は美味しく飲めました。食事のせいかな?

いいですねえ。こんなレストラン。
探せば近所にあるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトデー

明日はホワイトデー。
まさか幼稚園児でバレンタインした子なんていないだろうと思ってたら、なーんと、同じクラスの女の子数人がチョコを好きな男の子にあげていたそうな。

中には手作りしたという子も!

そうなんだ。全然知らなんだ・・・というか、考えもしなかったよ。
小さい頃から女の子なんだねえ。。。

さてぷっぴーに聞いてみた。
誰にチョコあげたい?

すると、何人か名前が挙がったよ。ほほう。

ついでにお世話になってるオケの男性陣の中では?と聞いてみたら、これまた何人か。

ほほお。。。では来年作ってみるか。

お返しは母までお願いしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫ラーメン

ま、とにかく見てよ。

とだんな様に言われて見始めたアニメ。

雑誌で連載していたこともましてやTVアニメ化されていたことも知らなかったんだけど。しかもDVDも出ているらしい。

爆笑です。いまyahoo動画で配信中。(2008年5月までだって)

猫がラーメン屋の大将なんだけど、なんか常連客の田中さんとのからみが可笑しいの。

上手く説明できないので、とにかく、見てみて。

猫ラーメン(yahoo動画)

オフィシャルサイト

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ばたばた・・・

年度末です。

私も今ばたばたしてます。

もうすぐ幼稚園の役員の任期が終わる~。と思っていたら、最後に一仕事できてしまい、慌しく打ち合わせと印刷に買い物。なのに雨だよ今朝は・・・。
引継ぎの資料もまだ半ば。
やらなきゃねー。

忙しかった一年でしたが、終わるのはちょっと寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

殺風景

マカロンを買いました。とあるデパートの中の有名店にて。

「ご自宅用ですか?」と聞かれ、へ?と思ったが、
箱に入れては欲しくなかったので
「そうです」と答えると、

速攻でデパートの紙袋+手提げ袋に包まれて笑顔で渡されました。

あ、ご自宅用ってそういうこと。
○○××の店名が入った紙袋には入れてくれないんだ~。

いいんだけどね。別に。
紙袋で中身判断するわけじゃなし。

でも買ったものに比べてちと殺風景というか地味というか。
こんなことでぶつぶつ言っている私にエコの道は険しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

託児でコンサート

子育て中の身には有難いサービス。

昨年の10月からトッパンホールでも託児サービスが始まったとか。

このホール、まだ行ったことがないんだよね。
ちょっと行くのには不便なんだけど、楽しみが増えました。

いつか使ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホフマイスター:フルートとヴィオラの為のデュオ

モーツァルトのフルートカルテット集CDの余白(?)に入っていた曲。

何故にフルートとヴィオラ?
CDライナーを見ても詳しいことは書いていない。
ホフマイスターは、1789年から1790年にかけて、フルートとヴィオラのためのDUOを3曲出版している。

3曲もだよ。

フルートはホフマイスター?ではヴィオラは誰に、なのだろうか?
気になりますねえ。

CDに入っていたのは第3番。これが、なかなか良い曲なのですよ。

3楽章構成。

中でも第1楽章が一番好きかな。一番長いしね。転調したところとかいい感じ。
あ、3楽章も捨てがたいなあ。うーん2楽章も。。。
とにかくこの曲フルートとヴィオラが対等に書かれているので、気が抜けないというか、弾いていて気持ちがいいんです。・・・あ、もちろん伴奏福が味わえる曲も大好きなのですが。

楽譜はPetersからこの3番だけの楽譜が出ています。全曲の楽譜もどこだったっけ、出てますよ(↓Amadeus社。再追記参照)。ずーっと探し続けた末に村松楽器で見つけて買いました。

フルートのお友達がいるのなら、是非この曲をデュエットしてみませんか?
楽しいよ~。

Hoffmeister Duo-Concertante No.3 in F major for Flute and Viola
Joannna G'froerer (Flute)
Pinchas Zukerman(Viola)
(CBC MVCD1143 Mozart: Flute Quartets→試聴可ですよ!)

追記:村松フルートではなく、村松楽器でした。訂正しました。

再追記:みにょさまから3曲入りの楽譜の情報をいただきました。
Amadeus社とのことです。みにょさまありがとうございました。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベジーテ

Image5241トマーテに続く野菜カクテル。

Vegete。

飲んでみました。

ん。。。。

にんじんジュース?

でもお酒。
どちらかというとトマーテの方が好きかなあ。

でも口当たりが良いので、贔屓にしそうです。
お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副都心線

今年新たな地下鉄ができますね♪

副都心線。6月14日開通。
早くも特集を組んでいるサイトとかありますが、私も楽しみにしている一人だったりします。

いつもサイトを覗いているんだけど、まだ行ったことがない雑貨屋さんとギャラリーがこの路線沿いにあって。
今年は行くぞ~。せっかくだから副都心線で。

道迷わないようにしなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂で猫に出会う

神楽坂は好きな町のひとつ。
ちょっと路地に入ったらあらこんなところにこんな店?とか発見のある街。
Cafeも沢山あって、どれも個性的。

以前MAIさんのブログで、「猫カフェめぐり」という本の紹介があり、速攻で私も買ったのだが、まだ行ったことがなかった「マンヂウカフェ麦丸2」に猫ちゃんがいる!

行ってきました。家族で。

今まで行きたいな~と思っていたんですけど、交差点のところからいつも道がわからなくて・・・断念していた私。今回は見つけました。

Image520 場所は神楽坂茶寮の近く。古い民家を使っているので、ぱっと見わかんないかも。
最初お店に入ったとき、満員のようで、一階にいたのですが、注文している間に何人か帰っていったので、二階に移動させてもらいました。
二階には靴をぬいで上がるのです。

これが正解!
しばらくすると、階段を猫ちゃんが駆け上がってきました。Image517
ぷっぴーの真後ろでぐう、と寝てしまってぷっぴー大興奮!
他のお客さまと撫でたり写メしたり、大騒ぎ。でも猫ちゃんは気にせず寝てました~・・・慣れてるのね。

Image518 窓際にもお昼寝中の猫ちゃん。マツ子さん。

そうそう、ここはおまんじゅうが美味しいの。
チョコまん、よもぎまん、紅茶まんをお茶と一緒にいただきました。
いいなあ、この2階。
猫を撫でたり本を読んだり、そしておまんじゅう。Image516

また来よう。

マンジウカフェ麦丸2

MAIさんのブログStrawberry Daysも是非ご覧下さ~い。素敵なブログですよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅~♪

梅が見たいということで、久しぶりに小石川植物園へ行ってみる。

まだつぼみの固い桜の並木の中をは歩いていると、一際目立つピンク色!
Image511 カンザクラが咲いていました。きれい~。

そして、日本庭園のほうへ降りていくと一面の梅の木。Image513
すごいです~。

ぷっぴーは梅の花に鼻を近づけて、
「あれ?甘いよ」と言ってました。
すっぱいと思ったんだろか?

売店でかったお寿司を食べて、ゆっくりと過ごしました。
至福じゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2音だけのティンパニ

2007年はシベリウス没後50年のメモリアル・イヤー。
そして2008年はアマオケ待望のシベリウスの著作権切れの年!だったりします。
前にも書いたかな?日譜とかで続々と安い!スコアが刊行されます。ありがたや。

今月は交響曲第2番。来月はアンダンテ・フェスティヴォ(日譜ではフェスティーヴォ)のスコアが出ます。

アンダンテ・フェスティヴォ!

シベリウスの弦楽合奏の曲の中で一番好きな曲です。
シンプルなのに感動的。
雪の降った朝のような、静かで澄み切った空気を感じさせる曲だと思います。

シンプルなので難しいのですが。同じような音形が繰り返されているので下手をすると単調に聴こえちゃいますし。

かなり前、アンコールとして演奏しました。嬉しかったですね~。
どうしてもティンパニ付でやりたかったんです。
アドリブなので、無しでも良かったんですけど。

でも、その時の曲目の関係でティンパニは二台しか用意して無くって、3台必要なこの曲では無理って打楽器の方に言われたのです。なぜなら、ティンパニは最後の最後で出てくるだけなので、そのためだけに3台はね~。。

そ~か~。だめか~。

そうしたら、ティンパニの方がそっと寄ってきて、「2音だけで良かったら入れてあげれるわよ」と。
粋な計らいで、ティンパニ付の曲として演奏することができました。
嬉しかったな~。やはりこの曲はティンパニが入ると本当に感動的に終わるんです。

その時の録音を聴くと、Kさんの言葉が蘇ります。

シベリウスさんごめんなさい。そしてKさんありがとうございました。
今度演奏するときがあったら、3音完全版で演奏したいです。

シベリウス:アンダンテ・フェスティヴォ
Sibelius : Andante Festivo


CDの紹介は後ほど。ティンパニの入っているものがうちのどこかにあったはず。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »