« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

バッハの素顔

ニュースでこんな話題が流れてました。

バッハの顔。実は白髪の短髪。

あ、バッハというのはセバスチャンの方です。
骨が残っているのだそうで、今回デジタル復元となったとのこと。
私の覚えているバッハの顔は音楽室のカツラかぶった顔かなあ・・・
特に今回の画像を見て驚きというのはありませんでしたが、それにしても墓から骨を掘り起こすとは・・・有名人は亡くなっても安眠できないんですねえ。。

ロイターの記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発車メロディー♪

最近、ぷっぴーが気に入っているもの。

Image5081 電車の発車メロディーが鳴るやつ。「サウンドポット」というらしい。

鳴らしてみると、確かに聞き覚えのあるメロディーが。
ぷっぴーは見つけるたびに、だんな様におねだり。この前も秋葉原で買ってもらっていた。
300円もするんだよ~。

が、ぷっぴーは高田馬場が欲しいのだが、いつも池袋か新宿が出てきて悔しいらしい。
悔しいからといって二ついっぺんに鳴らすのはやめて~

なんかガムランが鳴っているようだよweep

エポック社カプセルコレクション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あら~

オケの練習日程を見てたら、気がついた。

○月×日の練習日はぷっぴーの誕生日だ!

うーん、困ったぞ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横断検索

前に書いたかもしれないけど、これは便利。重宝しています。

東京都公立図書館横断検索

探したい資料がどうしても自分の住んでいる地域の図書館や古書店等で見つからない場合はこれで検索します。

案外あるもんです。
レファレンスコーナーを使わずに探し出せた資料がいくつかありました。

音源も国内で販売したものであれば、検索可能だし。
一部の地域を除き、大抵は誰でも貸出カードが作れちゃいます。
見つけたらわくわくしながらその図書館へ行くルートを考えたりと楽しい。

また利用する時期がやってきました。
今度はどの地域で見つけられるかな。楽しみ

東京都公立図書館横断検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸善で猫

昨日の帰り道、オアゾの辺りを歩いていたら、こんなものが。
Image505
catアートフェスタ

だそうで。
疲れていなかったら寄ったんですけど。残念ながら断念。
写真の猫の右にもう一体ねこちゃんがいるんですけど、顔の部分がくりぬいてあって、記念写真がとれるようになってるの。

ぷっぴーは当然、その中から顔を出してました。もち、写真とりましたとも♪

フェスタは明日までやっているそうですよ。
お近くの方は寄ってみて。ついでにどんな様子だったか教えてくださいな。

丸善丸の内本店催し物情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉屋のクッキー

Image447昔ながらのクッキー。
子供の頃、おみやげによくいただいて、すごく嬉しかった覚えあり。

なので、今でもいただくととても嬉しい。やはり缶入りが一番思い出深く、特に嬉しい度◎。

・・・という話を悪友Cに話したら、数年前から私の誕生日(某月)近くにこのクッキーを持ってきてくれるようになった。

今年も「○才おめでとー」といただきました。ありがとー。
ちびちびと食べてます。

泉屋

特に写真真ん中のリング状のクッキー。これが好物なんでございますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽譜の風景

音楽家って、文章が上手な方々が多いと思う。中村紘子さんに小澤征爾さん。最近では茂木大輔さんかな。読んでいて本当に面白い。
この本は、岩城宏之さんの著作。古本市を物色していたら見つけたもの。

題名がいいね。「楽譜の風景」

自身不勉強家だといいながら、シューベルトやベートーヴェンの楽譜に疑問を持って自筆譜を確認してみたり、初演した曲のスコアは必ず作曲家のサイン入りでもらっちゃうとか、「楽譜」にまつわるエッセイが収録されている。面白い~。
なかでも一番面白い話は、「振り間違えた」話。

のだめでも千秋がコンクールで振り間違えて誤ったというエピソードがあったけど、岩城さんの場合はもっとすごい。フェスティバルでテレビ中継付の演奏会で、振り間違えて、誤魔化す事もせず、演奏を止めて聴衆に謝ったのだとか。
凄い話だね~。
実話だから本当に読んでいてどきどきする。

岩城さんといえば、現代音楽。彼は積極的に現代音楽を取り上げることで有名だったが、そのことについても述べられていた。
音楽は演奏家を通じなければ聴衆には伝わらない。最近の作曲家の楽譜はどう演奏したらよいのか演奏家に伝わらないものが多いのだという。

「風景が優れた音楽を作るのではなく、良い音楽が結果として美しい楽譜の風景を作るのだ」
現代作曲家の作品をひたすら演奏していた岩城さんならではの言葉である。

岩城さんは2006年に惜しくも亡くなられた。ベートーヴェンの交響曲連続演奏会、聴きに行きたかったなあ・・・

楽譜の風景
岩城宏之 著 (岩波新書)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

時代屋のcafe

神保町にはcafeが沢山ある。
だが、緑茶をいただけるところというとなかなか見つからないのではないか?

今日散歩に疲れて、神保町あたりに差し掛かったところで休憩したくなった。
どこがいいかなあと考えて、そういえば時代屋の2階にcafeがあったことを思い出し、行ってみる。

時代屋とは本屋さん。
Image5011 店名からお分かりのように、時代物・歴史ものの書籍が中心。店員さんのコスチュームがお侍さんだったり、女の人も和服だったりと、ちょっと変わったお店である。
何度か来たことがあるけど、2階へ行くのは初めて。
2階は雑貨コーナー!
渋いグッズが沢山。なぜか若い女性が多い。。。
その奥のほうにcafeというか喫茶コーナーあり。
思ったよりメニューが豊富。

Image5001 ぷっぴーは「みたらしだんご!」
わたしとだんな様は煎茶とおもちセットをいただく。
ゆっくりお茶を飲んで、休憩させていただきました。
値段もリーズナブルだし、お茶のおかわりもあるよ。

穴場です。本屋さんも面白いけど、2階へも行ってみて。なんてったってお店の人が親切よ♪

歴史時代書房 時代屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿題・・・またも

曲の背景やエピソードを調べるのって結構好きです。

ネットで関連書籍を調べて、借りてくる。その書籍の後ろには大抵参考文献が載っているのでさらにその書籍を借りてくる・・・それら「調べる」という作業が楽しい。
もちろん読むのも楽しい。思わぬ発見があったりしますよ。

先日某氏からとあるオケの曲解説を依頼されました。

あれとそれとこれ。3曲とも調べたことがない曲。
うーん、頑張ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車やのおっちゃん

自転車がパンク。
もう4回目か?毎日幼稚園にぷっぴーを乗せて通っているのだが、やはり最近重くなってきたのか、パンク続きである。買って8年目の古株自転車というのもあるかもしれない。

前回自転車屋のおっちゃんに、
「次パンクしたらタイヤ交換だな」
と言われていたので、これを機会に電動の自転車にしたいと思っていた。

まあ、注文するまでは必要だからと、とりあえずおっちゃんにタイヤ交換をお願いして買い物に行く。

戻ってきたら、「油さしておいたよ」との言葉。と満面の笑み。
タイヤ交換はもちろん、ブレーキや色んなところをメンテナスしてくれたらしい。
乗ってみるとなんだか乗りごこちが良いぞ。

・・・電動にはまだ変えられないなあ。

ありがとうおっちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あら、ここでも熱狂の日?

熱狂の日、今年はなんと「金沢」でもやるんですって~。

石川県の金沢市。
え~、びっくりだー。

今年からだから第一回目はベートーヴェンだって。
日にちも東京と重なっちゃうね。

こちらも注目!ということで。

ラ・フォル・ジュルネ金沢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷で猫雑貨に迷う

今日、渋谷ヤマハに行きました。
選曲に使うスコアを買いに。

あれ~なんか変わりましたね。ここ。棚が高くなりませんでした?
なんか楽譜の森に来たような感覚。。。

お目当てのものを安く買えてご満悦。
帰り際、ふと見た渋谷駅の東急の催事案内に、「猫」の文字。

おお、猫雑貨展をやっているようである。
プランタンだけじゃないのね。デパートで猫雑貨展って。

いつ来ても迷ってしまう東急の東館の5階にその催事場はありました。
そんなに沢山のお店が出店しているわけではないですが、作家さんご本人もいて、お客さんとお話しながらと和やかな雰囲気。
ねんねこ家でよく見かけるグッズもあったなあ・・・。
猫柄のつめきりもいいなあ、楽器の中にいれておきたい・・・。
うう、このストラップ可愛すぎる・・・。

などなど迷いに迷ったんだけど・・・今日はもう楽譜にお金使っちゃったし、またしても買わずに本日は帰ることに。

催事は20日まで。
東館だよ。ちょっと迷いそうなところにあるので注意。

渋谷東急催事の案内

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「熱狂の日」今年は・・・

熱狂の日のタイムテーブルが発表されていましたね!
今年は、

シューベルトとウィーン

あら、シューベルトだけじゃあないんだぁ。
シューベルトだけだと喜ぶのは私とTちゃんぐらいか・・・

ということで、まだ詳しくは見ていないのですが、とりあえず発見したのは、
アルペジョーネ・ソナタ、2人のヴィオリストの競演!
でしょうかね。
今井信子さんと、ジェラール・コセ氏のそれぞれの演奏が聴けます。
さらにコセ氏の演奏はオケ伴奏版も聴けるということで、嬉しい限り。

以前紹介した、ロンド幻想曲も複数のヴァイオリニストの方が取り上げるようでこれもいいなあ。
庄司紗矢香さんの演奏を聴いてみたいかなあ。

楽しみなんだけど、毎年この時期別の用事が入っちゃう。
さて今年はどれだけ聴けるかなあ~。

「熱狂の日」音楽祭2008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Duo brillant

わぁ~、ヴュータンのスペルが間違ってましたね。カテゴリーに堂々と。coldsweats01
今気がついて、直しました。スイマセン。

ところで、ヴュータンといえば探している曲があります。
Duo brillant op.39という曲。

ぱっと検索すると、ヴァイオリンとチェロのデュオと出てくると思いますが、

ヴァイオリンとチェロ(またはヴィオラ)の曲らしい。
・・・いや、かもしれない。

たまたま、とある外国の大学のライブラリーを検索していてこの楽譜を見つけたんですけどねえ。ヴィオラのパート譜には「編曲」の文字がなかった気が・・・。
オリジナルなのかなあ、ご存知の方いらっしゃいますか??

気になってしょうがないのですが、どう検索しても音源が出てきません。
ようやくどこかの演奏会で演奏しましたよというのが見つかっただけ。

CD出てないのかなあ。
聴きたいなあ~。できればオケ伴奏版。

探求は続く。

Vieuxtemps : Duo brillant, op.39

追記:映像発見!こちら

再追記:全楽章の演奏映像発見。こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レゴで作った世界遺産展

ぷっぴーの音楽教室の日。
到着すると、お友達Tくんが、レゴの固まりをずいと差し出す。

「これ、ポケモンボールだよ」
「・・・じゃなくて、モンスターボールじゃないの?」
とぷっぴーに突っ込まれる。
まあまあ、そう言わずに。よく出来てたよ、Tくん。

それはさておき、レゴ好きの子供って多いよね。
歩行者天国の銀座の博品館前はいつもレゴを作っている親子で賑わってるし。
ぷっぴーは、銀座に来ると、そこを目指し、松坂屋前から爆走しますcoldsweats01

こんな展覧会があるそうですよ。

「レゴで作った世界遺産展 PART2」
文字通り、レゴで世界遺産を作っちゃいました!というイベント。
ピラミッドとかモンサンミシェルとか・・・etc.
もちろん、レゴで遊ぶコーナーもあり(これ重要ね)。

子供と一緒にいかがですか?

「PIECE of PEACE TOKYO - レゴ®で作った世界遺産展 PART 2」展
会場: ロゴスギャラリー
(渋谷パルコパート1 B1F
スケジュール: 2008年02月01日 ~ 2008年02月25日18:00
10:00 - 21:00 入場は20:30まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作りました!

さて、本日ヴァレンタイン。

ぷっぴーに「チョコ作ってみる?」と聞くと、「やる!」とのことだったので、
無印の手作りキットを買っておく。一番簡単そうだったからね~。

幼稚園から降園後、もの凄い勢いで作り出す。
難しいところは手伝うが、ほとんど「ぷっぴーがやるの!」と触らせてもらえず。

・・・私もちょっとはやってみたいのにweep

勢いに乗って、部屋の飾り付けまでやりだした。

・・・聞くと、今日はパーティなのだそうだcoldsweats01

冷やしたチョコを型から取り出して、箱に詰めてできあがり!
つめる時に思いっきり竹串をチョコに突き刺したらしく大きな穴ができていたが、良しとしよう。

で、今、「まだかなあ、まだかなあ」とおとーさんを待っている状態。

びっくりするだろうなあ、きっと。
Image484

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想-IMAGINE Book Search

以前、グーグルのブックサーチを紹介したが、
書籍検索でもう一つ紹介。

想-IMAGINE Book Search

キーワードを入力すると、ジュンク堂を始めとしたデータベースから色々と検索できる!というもの。
神保町ともつながってマス。
用意されたデータベースの中では、新書マップが面白い。
本棚のような画像で表示されるのだ。入力したキーボードから連想されるテーマ別に。

なんでこんなテーマになるのかなあと思いながらも、楽しませてもらってます。

願わくば、も少しデータベースリストが増えるといいな。
ジュンク堂以外の本屋検索とか
千代田区の図書館だけではなく、東京都内図書館横断検索とか。
神保町だけでなくて全国の古本検索とか。

考えるときりがありませんが。。
とにかく面白い書籍検索、使ってみて。

想-IMAGINE Book Search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩みます

買うか買わざるべきか。。

ラフマニノフ:交響曲第2番のピアノ協奏曲編曲版

ラロ:スペイン交響曲のギター伴奏版

どちらも近日発売じゃ。

うう、編曲マニアには嬉しいラインナップ。
悩むのぉthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデーといえば

木曜日がバレンタインデーでしたっけ?

私も、いくつか買いに新宿へ。
だんな様とか父とか・・・渡すのはほとんど身内ですがね。中にはチョコは嫌だと予め注文をつけてくる人もいるわけで。。。coldsweats01

新宿の三越アルコットに寄ったら、いつもは人がまばらなCUOCAに沢山の人、人、人

すごいわ~
みんな、手作りするのね~。

そういえば、無印にも手作りキットがあったなあ、ぷっぴーに今年は作らせようかな。

バレンタインデーのもう一つの楽しみ。
それは可愛い箱や雑貨がこの時期手に入ること!
去年のこの時期、ぷっぴーにちょっと大きめのハート型の箱を購入。
本人も大満足で大事なものをいれているらしい。

今年はまだ見つからないけど、そうやって売り場を回るのも楽しいもんです。

いろいろぐるぐる回ったけど結局、国内メーカーのチョコにしました。美味しそうだったんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J.ハイドン:ピアノ協奏曲ニ長調

ピアノと書いていいものか、とは思うが、最初に聴いたのがピアノでの演奏なので、まあいいか。

自分がハイドンに興味を持った最初の曲。 
以前はハイドンってつまんないの~。と思ってた。あ、シューベルトと同じパターンか。

ピアノ教室の発表会の伴奏で初めて聴く。
演奏したのは小学生?中学生?くらいの女の子だったかなあ。とにかくこのソリストの彼女がすっごく楽しそうに弾いていて、伴奏している自分も楽しかった記憶がある。。

以来、色んな作曲家を併せても、ピアノ協奏曲の中でもこの曲が一番好き。
シンプルな美しさ、というか。

伴奏の楽譜も簡単なんだけど、だからといってでしゃばったらソロが台無し。
とても難しかったなあ。

一番好きな割には、1楽章ばっかりしか伴奏したことがなく、実は2~3楽章を聴いたことがない。CDも持ってない。何故か。

先日、オケのTちゃん(ハイドンマニア)からハイドンのCDを数枚借りたら、その中にくだんのピアノ協奏曲があり、狂気乱舞。
いや~、○年ぶりに聴きましたね。
この曲の良し悪しは冒頭の伴奏で決まると思う。この部分が楽しく弾けると、後が繋がるね。うん、当時を思い出しました。
短かったけど3楽章も良いなあ。2楽章も。

シンプルな美しさ。やはりこれに尽きますね。

Concerto for Piano and Orchestra D Major Hob.XVII:11
Gerrit Zitterbart (Piano)
Schlierbacher Kammerorchster
Thomas Fey(Cond.)

追記:上記CDにはあと2曲ピアノ協奏曲が収録。ヘ長調の協奏曲もいいね。伴奏が美しい。
そういやFeyのハイドン。ハイデルベルク交響楽団とのシンフォニーもTちゃんから借りました。キングインターナショナルさんの記事を読んでずーっと聴きたかったの。これも聴くのが楽しみじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛んでます。

花粉。

飛んでいるようです。
旅行中、上野で新幹線に乗ったとたん、Yちゃんの一言。

「来た!」
と彼女はマスクを装着。素早い。

え~?中が乾燥しているだけじゃないの~?
と思ったのだが、私も鼻がムズムズしてきた。

東京へ帰る頃にはちょっと涙目に。。。

嫌な季節がやってきたなあ・・・オケの今年の春合宿は山だよ。しかも花粉の最盛期。

わあああ~coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角館でカラヤンと出会う。

Image458 何の予備知識もなくやってきました角館。
一緒に行ったYちゃんのだんな様に色々聞きながら散策。
駅前からずーっと歩道にも雪があって滑らないかと冷や冷やしながら歩いていましたが、有名な武家屋敷の辺りからきれいに雪すかしされていて、ほっと一息。
それでも今年は雪が少ないんですって。
去年はもっと雪がなくて、一昨年は逆に大雪だったとか。

ぷっぴーとMちゃんはとにかく雪に触って大喜び。つららも見つけて、各々のお父さんにねだって折ってもらってました。冷たくても平気平気。

この武家屋敷通り。立派なお屋敷がずーっと連なってます。
しだれ桜らしき桜の木もたくさん。
春の桜の季節はとても美しい光景になるのだとか。
映画「たそがれ清兵衛」のロケに使われた場所での「昔語り」を聞いたりとか、稲庭うどんを食べたりとかすっかり観光モードで過ごしていたのですが、

とあるお屋敷。
所蔵コレクションを見てまわっていたら、

Image465 SP(?)コレクションの数々が。

あら、カラヤンの第九。

左はメンゲルベルクかなあ、ブラームスのシンフォニー。
他トスカニーニにフルトヴェングラー、シューリヒト、ワルター・・・etc
のコレクションがずらり。

SPだからジャケットも大きくて、箱も大きい。
すごいですね~。貴重もんですね。

願わくば、聴いてみたかったなあと思った角館の一日でした。

いや、それ以前に、桜の季節にも是非来たいなあ。

追記:武家屋敷が立ち並ぶ中、なんと猫雑貨店を発見。でも今日は休業日だったのかなあ?お店やってませんでした。残念だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連休パス!

我が家の旅行計画は、いつも突然始まる。
しかも、いつも出かける何日か前に本格的に予約に奔走するため、結構危なっかしい。

さらに、我が家以外の同行者を募るのだが、これまたいつも同行者の方は結構ハラハラして参加してくるらしい。

今回、この連休ほんとは、札幌雪まつりに行こう!
と思っていた。

宿は何とか取れそう!でも、肝心の乗り物がテツのだんな様の奮闘むなしく取れず、断念。

ということで南下してみた。

みちのく五大雪まつり
というものがあるらしい。お!これこれ。
臨時家族会議の結果、岩手雪まつりに決定。どうせなら、誰かと一緒にということで、Yちゃんファミリーに打診。それが出発の三日前。

電車を予約したのは前日。JRの三連休パス。
旅程は初日に盛岡、二日目に雪まつり、三日目にどこかと思って、宿を探したが、さすがに初日の宿が取れず、当日の朝まであたったがだめ~weep

ということで、初日は秋田にしました。秋田の角館。
行ったことが無かったのでラッキー!

宿も取れました。電車予約の変更もOK!

Yちゃんファミリーに最終旅程を伝えたのは出発の当日お昼近く。
後で聞いたら、本当に行けるのかすっごくハラハラしていたそうで。
すいませんねえ、我が家はいつもこうなんですよ。。。

Shuppatu4511 いざ出発!旅行日記続く・・・のか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ診断

ちょっと元気になりました。

niftyNEWSから面白い記事があったのでご紹介。

kizasi.jpにブログ相性診断(Myピース)なるものがあり。
診断したいブログのURLを入れるとお互いの共通話題とかを抽出して相性を診断してくれるのだとか。

その他にブログ単独を解析するMy Booというものもあり。

早速お友達ブログとか解析してみました。たしかに面白~いね。

でもね

ココログはどちらも解析対象外なの!

えー。
niftyNEWSに出てたから、当然できるものと思っていたのにcrying
ということで私のブログとの相性診断はできませんでした。
残念。

できるようになったら教えて欲しいなあ

kizasi.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れ・・・

連休の旅行の準備♪と買い物をしていたら、以前所属していたオケのコンマス氏からメール。
練習後によく連れて行ってもらったバーのママさんがお亡くなりになったとか。

57歳。

くも膜下出血だそうだ。まだまだお若いのに。

その後、東京にいるK響仲間とメールや電話の嵐。
最初はただただ驚いて、みんなと連絡を取り合っていたが、終わった途端とても悲しくなり、買い物どころじゃあなくなってしまった。

独身時代、オケの練習後食事して、その後そのバーに行って、朝の3時頃まで、色々いいこともいやな思いでも作ったところ。お店はマスターが続けるのかなあ。

とてもお通夜には間に合わないので、コンマス氏にお香典の立替をお願いした。
ママさんどうか安らかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨシカミ

そういえば、先日浅草の洋食屋さんヨシカミに行きました。
ヨシカミは行列のできるお店。
いつも、「あ、また沢山並んでるなー」と通り過ぎるだけだったんですが。

たまたま、夜に浅草に来た時に、ヨシカミの前を通ったら、

行列がない!

緊急家族会議の末、初ヨシカミすることに。
Image436
ビーフシチューと、オムライスを注文。
写真(食べかけでスイマセン)はビーフシチュー。
口の中でお肉がとけるようです~。美味しいです~happy02Image437

オムライスももちろん♪


もっと注目して欲しいのはお皿。ヨシカミのトレードマークのコックさんのイラスト入り。
可愛いですねえ。

お店の人も親切だったし、帰りにはぷっぴーにガムをいただきましたよ。

また来よう。


ヨシカミは夜に行くべし。空いてるよ~。cat

洋食屋ヨシカミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵文字が・・・

本日ココログのメンテナスがあったようで、
本文はもちろん。コメントでも「絵文字が」使えるようになりましたhappy02
・・・というかココログくらい?使えなかったのは。

使ってくださいね~cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHIROTABIとマルイ

前回、SHIROTABIという雑貨店の話が出ましたが、
有楽町マルイにも期間限定(2.4~2.24)で出店しているそうです。

マルイのサイトを見たのですが、実はこのSHIROTABI、売り上げの一部を恵まれない動物たちの救済支援にあてているのだとか。ただの雑貨やさんじゃなかったんですね・・・。

そしてこの有楽町マルイ。
やはり期間限定で100%Chocolate Cafe.も出店(2.1~2.14)。

まだマルイには行ったことが無いんだ~。行ってみようかな。

有楽町マルイ

追記:またしても行ってきました。今度は北千住
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部活ストラップ

今日はネタの多い日でした。。。

そうそう、部活ストラップって知ってます?
運動部とか、文化部とか・・・に関したものをストラップにしました~ってやつなのですが、もちろん音楽系もあるわけで。
とある楽器店のレジ前にそれがありました。

でも、ヴィオラがないの。

ヴァイオリンとチェロとコントラバスはあるのにぃ。
しかも、打楽器なんかシンバルにスネアにティンパニに・・・って沢山種類があるのに!

何故なの~(涙)

せめてヴァイオリン・ヴィオラと書いてくれるとまだ良かったのだが。
部活ストラップのサイトはこちら

追記:その後、同じ楽器店にいくとありました!ヴィオラが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リュックの整理

最近探しているもの。

リュックの中を整理できるもの。
私はバッグも使うけど、リュックもよく使う。両手が空くしね。子連れのときは大概リュックで行動してます。

バッグの中身はね、無印とかで整理ができるものある。とても便利。重宝してます。

でもね。リュックはないんだな~。

私の使っているリュックは布製で、ファスナーを空けたら小さなポケットだけしかついてないの。荷物が多いからもう中がすごい事になっちゃう。
なんとかならんかなー。

色々見てるんだけど、横型のバッグを想定したバッグinバッグしかなくって、縦型の整理グッズがないんだよね。
どこかにないかなあ、需要はあると思うんだけど~。
ご存知の方教えてくださいまし。

明日も一杯リュックに詰め込んで行くぞ~。

今のところ、無印の旅行用の仕切りケースを使ってしのいでます。
ダブルポケットで一つはメッシュになっているから、便利。

追記:同じく無印からナイロンメッシュの収納ケースが出ました。
上記の仕切りケースは生地が柔らかいので書類や楽譜を入れるのにはちょっと・・・という感じでしたが、こちらはしっかりしていますし、なんといってもケースの端までファスナーがいくので、ケースを縦長にしたり横長にしたりと使い方は自由。私は縦長にしてリュックに入れてます。便利。
Image5311_2 リュックにはこのB5のケースを入れて、あとはポーチを入れればきれいに整理できますね。A4もあるので、オケにもいつものリュックで行きたいときは・・・結構ギリギリサイズですが・・・色違いで使ってます。
そうそう。B5はダブルファスナーにもなっていて、片方には手帳、片方には幼稚園とか習い事のプリントを入れてます。お試しあれ。

さらに追記:無印のネットストアを見ると、もう都内の実店舗では売っていないようですねえ・・・残念。ナイロンメッシュのケースは検索すると色々出てきますが、ファスナーが端までいくのは「ナイロンメッシュ収納ケース」と「メッシュ収納ケース」「メッシュ収納ダブルケース」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とある店にて

探しものがあって、某楽器店に行く。
ふと見ると、壁際に何やらレッスン募集のチラシ

「オーケストラ入門コース」

おおお。とうとうそういう講座もできたんだ。
思わずチラシを手にとって見る。

月2回、時間は2時間

月謝7,350
・・・ん?

別の場所だと8,400
・・・なぬ?

会員になるとお安くなるようだけど・・・

指導者は指揮者のみ。

うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1周年

本日でブログ開設満1年となりました。

これからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お腹にきました

いやー、子供と一緒にいるとしょっちゅう親も風邪をひきますねえ。

今回お腹にきました。
ずーっと寝ていて夕方からようやく復活。

おなかすいた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サン=サーンス:アルジェリア組曲 作品60

サン=サーンスはかなりの歳になるまで、病弱だったという。加えて極度の神経質。
パリの楽壇は若きサン=サーンスの作る曲に対して容赦ない批判を浴びせ続け、ついには母親同様に愛していた大伯母の死をきっかけに彼はパリを去ることとなる。
向かった先は、当時フランスの植民地であったアルジェリアである。

この地での滞在は、心身ともに疲れきった彼を癒し、再びパリへと戻る原動力となった。
以来、彼はアルジェリアを愛し、度々訪れるようになる。
そして1880年、サン=サーンスは自分を癒してくれた地の印象を綴った曲を作り上げた。

「アルジェリア組曲」である。

エキゾチック。美しい曲なんです。
最初の前奏曲「アルジェリアの街」。この冒頭が好きなんです。
ティンパニのロールから始まり、チェロ、ヴィオラと声部が徐々に重なり合い盛り上がっていきます。何かアルジェリアの港に近づいていくような・・・そんな感じがします。

4曲目は「フランス軍隊行進曲」。組曲の中で一番有名ではないかな?特に吹奏楽をやってる方だったら「あ、聴いたことあるかも」という人がいるんじゃ ないかと。
私も最初に知ったのはこの行進曲から。そして日譜の「この曲だけ」のスコアを買って組曲の存在を知り・・・全曲のスコアを買ったという次第で す。
1曲目から3曲目までアルジェリアの風景が続いていたのに終曲で軍隊行進曲。なんか異質。夢心地だったのが現実に引き戻されたような気持ちになりますね。でも格好いい曲ですよ。別にフランス国歌が鳴り響くような曲じゃあないしね。演奏会のアンコールなんかに使えそうだよね。

でもでも、やはり3曲目でしょう。「夕暮れの瞑想Rêverie du Soir」。スコアの序文によると、1879年、彼は”Rêverie Oriental”という管弦楽曲を発表します。評判が良かったのでしょうか、翌年それは”Rêverie du Soir”という名に変わり、アルジェリア組曲の3曲目に収められたのだとか。

そしてこの曲にはヴィオラのソロがあるのですよ♪

最初聴いた時、チェロ?と思ったのですが、スコアを取り寄せてみるとヴィオラでした。

あらびっくり。

アルジェリア組曲4曲中一番編成が小さく、管はフルート・クラリネット・ファゴット・ホルン。弦五部ですが、コントラバスを除いて各2部に分かれます。
短い序奏の後、美しくも切ないメロディーを独奏ヴィオラが奏でます。このメロディーは他の楽器にも受け継がれますが、ソロなのはヴィオラだけ。何ででしょう?でもうれしいなあ。

もっているCDはASVのLSOによる演奏のもの。他にもCHANDOSからも出てるみたい。
色々聴いてみたいな。

Saint-Saëns : Suite Algérienne op.60
- Impressions  pittoresques d'un  Voyage en   Algérie-
Ⅰ Prélude (En vue d'Alger)
Ⅱ Rapsodie Mauresque
Ⅲ Rêverie du Soir (à Bidah)
Ⅳ Marche Militaire Française

London Symphony Orchestra
Yondani Butt (Cond.)

(ASV CD DCA 599 試聴可→Saint-Saëns: Symphony No. 2; Suite Algerienne; Phaeton)

追記:このCD。最後の行進曲が・・・。
最初に聴いたのがバーンスタインのCDで、すっごく速かった~。それが耳に残っているせいか、聴くたびに「遅いよ~」と思っちゃうんだよね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »