« クリスマスツリー!? | トップページ | ネコとクラリネットふき »

シベリウス:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲

ヴァイオリンvsヴィオラ。
ヴァイオリンに対抗して、バリバリメロディー弾くのも良いが、引き立て役もいいもんです。
いや、伴奏の方が実は難しくて格好いいんだぞ・・・とヴィオラ弾きは思っているわけで(本当か?)

この二つの楽器のデュエット曲で有名なのはモーツァルト。
最近、シベリウスも書いていることがわかり、CDを探してみた。

初期の室内楽曲ということで作品番号は無し(JS番号というものが代わりについているようである。CDには記載は無いが、恐らくJS66)。6分弱の曲。
ぱっと聴いてみて、ああこれはドヴォルザークのテルツェットみたいなもんだと思いました。
解説にもシベリウスの生徒がヴァイオリンでシベリウスがヴィオラを受け持ったという記述がある・・・ヴィオラが弾けたのね、ヤンネくん。しかもヴァイオリン同様上手かったって。初めて聞いたわ。

ヴァイオリンのきれいなメロディーの裏でヴィオラがひたすら伴奏する。
この伴奏がなんともいえず良い感じなのだ。盛り上がってるところなんか、ヴィオラがメロディー消してないかい?というくらい。
この曲は「伴奏」福ですね。

楽譜も出ているようなので、手に入れてみるべし。

Sibelius : Duo in C major for Violin and Viola
Yoshiko Arai (VIolin)、Matti Hirvikangas (Viola)
(ONDINE ODE 850-2 Jean Sibelius: Early Chamber Music, Vol. 2)

追記:他の収録曲も注目。10歳頃に書いたという”Water Drops”(水滴?)が聴ける。
カルテットのためのAdagio、Fugueも面白い曲。譜面を取り寄せたくなったよ。

再追記:amazonのリンクをつけておきました。以前紹介したCDにも順次つけていきます。

|

« クリスマスツリー!? | トップページ | ネコとクラリネットふき »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

シベリウス Sibelius」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/17480382

この記事へのトラックバック一覧です: シベリウス:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲:

« クリスマスツリー!? | トップページ | ネコとクラリネットふき »