« 手帳 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

ベルリオーズの「椿姫」

間違いではない。ちょっと前に新聞に出ていた広告である。

新国立劇場のバレエ。世界初演、とあって
一瞬ベルリオーズがそんな曲書いていたっけ?と私も勘違いしてしまった。

調べてみると、「椿姫」をバレエにするにあたり、原作がフランス人によって書かれた物であるから、音楽もフランス人の作曲家で、ということで、この公演の指揮をするフローリオ氏のアドバイスもあり、ベルリオーズの音楽を使った・・・ということらしい。

ちなみに、椿姫の原作者であるデュマの父親は「大デュマ(デュマ・ペール)」。三銃士の作者として有名で、ベルリオーズとは親交があったとか。

新国立劇場の情報誌を取り寄せてみた。

使われている曲は、
歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」
、「トロイアの人々」
、「ベアトリスとベネディクト」
、「幻想交響曲」
、「イタリアのハロルド」・・・ん?

「イタリアのハロルド」!

へえ~、どの場面で使われているんでしょうかね?
ヴィオラソロの部分は使われているのかしら。
興味あり。

追記:
新国立劇場 牧阿佐美の「椿姫」

他にもローマの謝肉祭とかロメオとジュリエットとかの曲を使っているみたいです。
詳しくは新国立劇場のジ・アトレという情報誌の7月号を見てください。

更に追記:
その後、「椿姫」の音楽に関する記事が出ました。こちら
やはり、「イタリアのハロルド」であればヴィオラ・ソロ部分を使うのではないかと思いましたが、やはりですね。
2人の恋人のモチーフに使われるようです。

|

« 手帳 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

mayoneko観る」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

ベルリオーズ Berlioz」カテゴリの記事

コメント

「椿姫」を題材としたバレエっていくつかありますが、ベルリオーズの曲を使ってるバレエもかなりあって、なかなか美味しいところではないでしょうか。幻想交響曲は苦手なのですが(汗)、他の曲は結構好きです。ちょっと興味あるバレエですね。

投稿: Hiroko | 2007年8月11日 (土) 12時48分

hirokoさま
意外!幻想苦手なんですね。
国立劇場の情報誌、なかなか面白かったです。

投稿: mayoneko | 2007年8月12日 (日) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/16072288

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリオーズの「椿姫」:

« 手帳 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »