« ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための協奏曲作品88 | トップページ | 手帳 »

上か下か

ぷっぴーと上野にお出かけ。
用事が終わったら、本屋さんに行こうという約束つき。

で、約束どおり松坂屋の地下の本屋に連れて行ったのだが、好きな本が無かったらしく、たいそう不満顔。
「じゃあ、かき氷食べようか」
「やったー」
と本屋の隣の「みはし」へ連れて行く。えらい出費だがしかたあるまい。

「みはし」はお気に入りの甘味処。東京駅にもお店があるよね。
ここにきたらいつもいちごクリームあんみつと決まっているのだが、季節外れなので、私は抹茶フロート、ぷっぴーは当然いちごのかき氷を注文。そう。夏にここに来たことがないの。

でてきて母娘同時に「あ!」と叫ぶ。
氷の下に蜜がある~!
お皿の底に赤いいちごの蜜があってその上にそれはそれは山盛りのかき氷様が。。。
(写真撮ればよかったんだけど、ぷっぴーが猛然と食べ始めたので取れませんでした。)
たまーに出会うのですが、東京はこれが普通なんでしたっけ?

ぷっぴーを手伝っては見るが、私がやるとかき氷の山が崩壊するので、娘に睨まれる。

これはどのように食べればいいんでしょうかね?攻略法をお教えいただきたく。
私はやっぱり蜜を上からかけたいな。


|

« ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための協奏曲作品88 | トップページ | 手帳 »

mayoneko日記」カテゴリの記事

mayoneko食す」カテゴリの記事

コメント

私が辛党のせいか、あまり見ませんねえ。大抵蜜はトッピングと共に上にかかっていて、食べ進んでいって蜜を食べ尽くしても寂しくない様に、底にも透明の蜜が沁みこんでいるのが多い気がします。

投稿: のら兎 | 2007年8月10日 (金) 18時05分

かき氷の蜜のかけ方、地方によっても違うらしいですよ。奥深し。

投稿: mayoneko | 2007年8月10日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/16046112

この記事へのトラックバック一覧です: 上か下か:

« ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための協奏曲作品88 | トップページ | 手帳 »