« 贈るにはちと不便 | トップページ | ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための協奏曲作品88 »

遂に・・・!

のら兎さんから強く勧められたこともあり、行ってきましたよ歯医者。
前回反対側の親知らずを抜いた時は、
くちびるってこんなに伸びるのか~ってくらい引っ張られて抜かれて、かつしばらく出血止まらず、後からじわりと痛みも・・・
という経験があったので、かなり心の準備をしていったのだが・・・

・・・
痛くなかった!
引っ張られなかったし、出血もそんなになかったし、今現在痛みもなし。

医学の進歩ってすばらしい~。
それとも単に腕前の違いなのか?

行ったところは、この前どうしても痛くって日曜日に受診したお医者様。
口数が少ないのだが、ちょっと説明を求めると途端に饒舌になって懇切丁寧に解説をしてくださる。
この風景、どこかで経験したことがあるような・・・

・・・・

思い出した。近所の自転車の親父さんだ。
「職人」だね。

今度からここを行きつけにしようかな。ちょっと遠いけど。

|

« 贈るにはちと不便 | トップページ | ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための協奏曲作品88 »

mayoneko日記」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
腕の良い歯医者さんが見つかって、よかったですね!
下あごの方が上あごよりも抜きにくく、後が大変みたいです。人によっては顎関節症になってしまうこともあるようで。
親知らず恐るべしですね。

投稿: のら兎 | 2007年8月 7日 (火) 15時11分

そうそう。下の親知らずの危険性についてもその先生は解説してました。うっかり(!?)「下の歯は・・・」と聞いてしまったら、レントゲンやら歯の断面図やら登場して、それはもう丁寧にお話を・・・。

投稿: mayoneko | 2007年8月 7日 (火) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/16028885

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に・・・!:

« 贈るにはちと不便 | トップページ | ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための協奏曲作品88 »