« 風邪薬 | トップページ | エチカ »

シュターミッツ:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲ニ長調

以前探していたシュターミッツの協奏交響曲。おかげさまで手に入れております。
Vn、Va、Vcの協奏交響曲にいたってはすでに他のCDの中に入っていたことも判明。

さて掲題の曲。
モーツァルトの曲と比べて、お互いの寄り添い度高し、仲良し度高し。
全三楽章中、好きな楽章をあげるとするならば
一楽章でしょうか。
寄り添いながらも、こっち(ヴィオラ)だってちょっとは弾けるんだぜ~的な場所があって楽しい。

明るくて楽しい曲だとは思うのだが、なんかヴィオラのA線というか高音域ばかりを使っているような気がして、だったら別にヴィオラ使わなくって、ヴァイオリンでもいいじゃんと思えないこともない。ヴィオラの低音域もフルに使うともっと良かったのではないだろうか。そうしたら少なくとも二楽章はもっと深みのある曲になったかも。

そこが改めて聴いて思ったことかな。やっぱりモーツァルトの曲と比較しちゃうね。

Stamitz : Sinfonia Concertante for Violin, Viola and Orchestra in D major

CD情報なんだけど、このCD他にも面白い曲が入っていて、それも紹介したいのでまた今度。

|

« 風邪薬 | トップページ | エチカ »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

シュターミッツ Stamitz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/15817240

この記事へのトラックバック一覧です: シュターミッツ:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲ニ長調:

« 風邪薬 | トップページ | エチカ »