« 盆踊り・・・! | トップページ | 座布団 »

ヴィオラのコンクール

前回の話題の続き(でもないか。)

ホフマイスターのヴィオラ協奏曲といえば、オーディションやコンクールの課題曲の常連。なので、この曲を検索にかけると時々面白いものに出会ったりします。

こんなコンクールが出てきました。

Internationaler Johannes Brahms Wettbewerb
国際ブラームスコンクール

へえ。こんなコンクールがあったんですね。
場所はオーストリアのペルチャッハ・・・あの第2交響曲を生み出した場所に滞在できるとは羨ましい。

ピアノ・ヴァイオリン・チェロ・ヴィオラ・声楽に室内楽という部門があって
課題曲をそれぞれ眺めるのも楽しい♪
ファイナルにブラームスの曲が無いのはチェロだけ。室内楽は大変そうだなあ。

ブラームスのヴィオラソナタは当然ヴィオラ部門の課題曲に入ってるわけで。
第二次とファイナルにどちらかのソナタを弾くように(二次に1番ならファイナルは2番というように)と、指示されています。

それにしても知らない曲がいくつかあって・・・一次のT. Bischof (Viola Tricolor)ってどんな曲なんでしょ?現代曲?聴いてみたい。

前回2006年には31人の参加者(ヴィオラ部門)あり。第2位に日本の方(女性)が入賞されています。今年は8月25日からのスタート。

International Johannes Brahms Competition

ところで、このサイトを見ていくと、日本語のページがあることに気付きます。
日本からの参加者が多いのでしょうか?(rulesのページです。探してみてくださいね。辿っていくと日本のピアニストの方のサイトにたどり着きます。)

|

« 盆踊り・・・! | トップページ | 座布団 »

viola」カテゴリの記事

ブラームス Brahms」カテゴリの記事

ホフマイスター Hoffmeister」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/15771020

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィオラのコンクール:

« 盆踊り・・・! | トップページ | 座布団 »