« ぐらんぱの入院 | トップページ | ダジャレスケッチ »

ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第9番

先日実家から送られてきた荷物の中に、かつて所属していた弦楽合奏団の演奏会のパンフレットが入っていた。
前に思い出せなかった、「動物の謝肉祭」を演ったときの他のプログラムが判明。
コレッリにバッハにヴィラ=ロボス。

ブラジル風バッハの9番!
弾きましたよ~。
5番が有名ですけど、弦楽合奏好きなら是非9番を聴いて欲しいです。
バッハのオルガン曲を意識したようでPléludeとFugueの部分に分かれています。
5番同様民族調のメロディーが楽しい。

プレリュード冒頭のテーマはヴィオラ。そして、ヴィオラのソロが現われます。ちょっとだけ。

何故にヴィオラ?そしてヴィオラソロ?でも嬉しい~。

この時、私トップだったので、このソロを弾きました。たった5小節だったんですが、他の団員から、複数のCDでこのソロを繰り返しているという指摘があり、指揮者と協議の結果、

ありがとうございます。10小節になりました(^^;;)

でも本当に面白いのは後半のフーガにあり!
1.2、1.2.3 1.2、1.2.3.4 という11/8拍子。混乱すると思いきや、意外に大丈夫。このリズム、「はまり」ますよ。

リズムよりむしろ声部が増えることが大変。
最大1stヴァイオリンは3部(さらに一番上のパートは二つに分かれているから正確には4部?)、2ndは2部、ヴィオラもチェロも2部、そしてなんとベースも2部。これって結構大変。
ヴァイオリンの声部が分かれだした頃から、混沌としてきて、練習では何がなんだかわからなくなったこともしばしば。特にフーガの後半はほんとに大変。でもこれがピタリと合うと、すごく気持ちがいいのだ。

本番は上手くいったのか?
・・・いったはずです。どこかに演奏会のテープが残ってるから久しぶりに聴いてみようかな。
こんな曲誰が見つけたのかって?
スイマセン。私です。FMで聴いて、絶対に弾きたい!と思ったの。レンタル譜だったけどお金をかけて取り寄せる価値はあったと思う。

H. Villa-Lobos : Bachianas Brasileiras  No.9
私の持っているCDは作曲者本人の指揮のもの。後日CD情報を書き込みますね

追記:もう少し詳しく書いてみました。

更に追記:CD情報です。
Orchestre de National de la Radiodiffusion Française
Heitor Villa-Lobos

[EMI CDH 7610152]

フーガが結構バラバラなのには安心したり笑ったり・・・

|

« ぐらんぱの入院 | トップページ | ダジャレスケッチ »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

ヴィラ=ロボス Villa-Lobos」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/15169818

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第9番:

« ぐらんぱの入院 | トップページ | ダジャレスケッチ »