« お!こんなところに | トップページ | ジャズ風はいかが? »

ディッタースドルフ:ヴィオラとコントラバスのための協奏交響曲 krebs 127

Aちゃんから貸したCDが帰ってきました~。
ディッタースドルフの協奏曲集。
ディッタースドルフというとコントラバスのイメージが大きいが、実はヴァイオリニストとして有名であったことはあまり知られていない。

この協奏交響曲は笑えます、いや凄いです。
組合せがどうしてこうなったんだ!のヴィオラとコントラバスというマイナーチーム。
ヴァイオリンではだめなんでしょうかね。ボッテジーニが確か曲かいてますね。

そして、問題の一楽章。聴きすすめていくと、どこからか聞いたことのあるフレーズが流れてきます。
そう、私には某童謡のフレーズに聴こえるのですね。
かえるの・・・

おーとっとっと。この先はCDでお確かめくださいませ。
それにしてもこれを真面目にヴィオラが弾かなければいけないのか・・・うーむ。
一応譜面は持ってます♪

他にもコントラバスやヴィオラのそれぞれの協奏曲が入っていて楽しい。
これらも聴いてみて。

Karl Ditters von Dittersdorf :
Sinfonia Concrtante for Viola, Double Bass and Orchestra, Krebs 127

私の持っているCDはこちら(試聴できます。でも件の部分はでてこないかも)
でも他のCDもあるみたいですね。

追記:そういえば優音さんのブログでも話題になりましたね。

|

« お!こんなところに | トップページ | ジャズ風はいかが? »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

ディッタースドルフ Dittersdorf」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/14829712

この記事へのトラックバック一覧です: ディッタースドルフ:ヴィオラとコントラバスのための協奏交響曲 krebs 127:

« お!こんなところに | トップページ | ジャズ風はいかが? »