« 花よりだんご | トップページ | バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番 BWV1048 »

シューベルト:幻想曲 D 934

シューベルトのヴァイオリン曲を全てではなけれどもいろいろと聴いてみた。
その中で一番いいなと思ったのが、幻想曲である。

作曲が1827年というから晩年の作(若くして亡くなっているので晩年という言い方はどうかとは思うが)。

なんとも不安げなピアノの序奏につられてヴァイオリンが低音で奏でるメロディー。
おいおい、C majorだよねこの曲と思いつつもひき込まれていく。
そして、気がつくと、耳はヴァイオリンよりも、ピアノの方に向いていることに気がつく。
実際、中間部(2楽章?)の変奏曲なんかはピアノが主役を奪って楽しそうに奏でているように聴こえる。ああ、これはヴァイオリン曲と言ってはいけないのね、二重奏なのね。
一旦最初のテーマに戻ってそこから最終楽章へ繋げていくのは、先に紹介したロンドのようでなんともドキドキする展開。そこからはようやくヴァイオリンの見せ場。華やかに歌って終わる。

この曲を聴いちゃうと、先に紹介したロンドなど、若々しい、瑞々しいという印象。
もしこの曲をオケ版にするとどうだろう、伴奏は楽しいだろうか?少なくともロンドのときより楽しいに違いない・・・と思っていたらどうやらオケ伴奏版があるらしい。

探してみよう。

Franz Schubert : Fantasia for Violin and Piano in C major D 934(op. post. 159 )
Gidon Kremer(Violin)
Valery Afanassiev(Piano)

[Deutsche Grammophon 453 665-2]
追記:上記CDがもう無いようで。
探してみたのですが、とりあえず幻想曲だけは
こちら

|

« 花よりだんご | トップページ | バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番 BWV1048 »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

シューベルト Schubert」カテゴリの記事

コメント

初めまして
バイオリン弾きの友人にシューベルトの幻想曲D934の
ピアノ伴奏をしてほしいと言われ、検索していて、
このページに遊びに来ました〜
クラッシックの事なら任せて。。。という感じですね
すばらしい。
私はピアノ弾き(専門はジャズ、フラメンコです)でありながら、
知らない事ばかりなので
また遊びに来ます。ありがとうございました  

投稿: めがねをかけたウサギ | 2010年1月11日 (月) 23時37分

めがねをかけたウサギさま
初めまして。mayonekoと申します。
いや、任せてという訳ではなく・・・かなり偏食です。
シューベルトの幻想曲を演奏されるのですか?
素敵だなあ・・・伴奏ではなく対等な二重奏曲ですのできっと弾きがいがあると思います。
またどうぞお寄りいただき、演奏の様子をお聞かせくださいませ。

投稿: mayoneko | 2010年1月12日 (火) 23時19分

シューベルト:幻想曲 D 934のオケ伴奏版はみつかりましたか?

投稿: | 2017年2月 2日 (木) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/14489593

この記事へのトラックバック一覧です: シューベルト:幻想曲 D 934:

« 花よりだんご | トップページ | バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番 BWV1048 »