« がすてなーに | トップページ | すべり止めは文房具屋へ »

R. クラーク:パッサカリア

前回の続き。

このNAXOSのディスクには、ヴィオラとピアノのための小品が何曲も収められている。
どれか一つ選べと言われたら・・・どれも捨てがたいけど、
・・・
パッサカリアかな。
古いイギリスの歌を主題に、ゆったりと変奏が綴られていくのだが、
なかなかに、盛り上がっていくところなど感動的である。
A線のハイポジションとかね。

楽譜が手に入るなら是非弾いてみたい曲。

ちょっと調べてみると、
Hildegard Publising Companyという出版社に行き当たった。

Hildegald?ヒルデガルド?

そう。
女性作曲家としてはクラークの大大先輩に当たるHildegard von Bingenの名前を冠したこの出版社は、女性作曲家の楽譜を専門に取り扱っているようである。
女性であるが故に、埋もれていたクラークの作品が、このような出版社で復活できた。
ありがたいことである。

Rebecca Clarke : Passacaglia (on an old English tune)
Philip Dukes (Viola)

Sophia Rahman(Piano)
(Naxos 8.557934)→こちら
他にもいい曲がいっぱい。
クラークの楽譜は他にもOxford University Press等から出ています。
パッサカリアはHildegard だけのようですね。

追記:
スイマセン。パッサカリアの譜面も
Oxford University Pressから出ていました。
"Shorter pieces for viola and piano"(多分・・・うろ覚えですが)という小品を集めた楽譜がヤマハ銀座店にありました。
でも高いよ。6000円くらいするよ。。。

さらに追記:
単品で売っているとの情報が寄せられました。これだとお安く買えるようです。
ああ、でも出版社を聞くのを忘れました。。。今度また追記できれば!!

もっと追記:
「ば」さんからの情報です。G.Schirmerからこの曲だけの譜面が出ています。2007.8現在で$6.95。


|

« がすてなーに | トップページ | すべり止めは文房具屋へ »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

viola」カテゴリの記事

クラーク Clarke」カテゴリの記事

コメント

おおう、レベッカ・クラークは弾いたことがありません。よろしいのですね。

ビオラの楽譜は売っているものは大体難しすぎるのが多いんですが・・・
クラークの曲はどうでしょう?
とってもこの曲気になります。素敵なんでしょうねえ。

投稿: ばお | 2007年3月20日 (火) 00時47分

いつでも伴奏つかまつりますぞ!

投稿: 皇子 | 2007年3月20日 (火) 09時02分

>ばおさま
いい曲ですよ~。ナクソスのミュージックライブラリーで試聴ができる(30秒ほどですが)ので、まずは聴いてみてください。
>皇子さま
わああ~。で、では来世に行くまでにはなんとか(汗)

投稿: mayoneko | 2007年3月20日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/14313570

この記事へのトラックバック一覧です: R. クラーク:パッサカリア:

« がすてなーに | トップページ | すべり止めは文房具屋へ »