« 協奏交響曲といえば | トップページ | ねるねるねるね »

レスピーギ:バレエ組曲「シバの女王ベルキス」

妖しい音楽が好きである。
妖しいというのは、mayoneko的にはアラビア風であったり、中国風であったりとか、民族音楽調なもの。
何かの拍子にそういう曲にめぐり合えると、しばらくの間、はまってそればっかり聴いてしまうことも。

この「シバの女王ベルキス」もそんな曲。

妖しさ大・大全開で、ローマ三部作よりも大好きである。

今まで全然知らなかったのだが、吹奏楽をやっていたうちのだんな様から教えてもらった。
吹奏楽の方で有名な曲なのかな?
確かに弦楽器より管・打楽器が大活躍しているし。
この終曲Danza Orgiasticaが一番妖しい曲なんだけど、この前のトリノオリンピックのフィギュア・スケートで誰かがこれを使って演技していたね。

うちのオケでやるとしたら・・・絶対やらないだろうけど、スコアは欲しいなあ。

編成は、
おおっと、チェレスタがいるのか。それにシロフォンにグロッケン
・・・
・・・
あ、ピアノにハープ2台・・・だめだ。編成でかすぎ。予算オーバー。

Ottorino Respighi : "Belkis, Regina di Saba" Suite for Orchestra from the Complete Ballet
Philharmonia Orchestra
Geoffrey Simon

(Chandos CHAN 8405 Ottorino Respighi: Belkis, Queen of Sheba/Metamorphoseon)

追記:ブログを見ただんなが、俺は教えてない。
とのこと。うーむ、誰に教えてもらったんだろう??

|

« 協奏交響曲といえば | トップページ | ねるねるねるね »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

レスピーギ Respighi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/14206979

この記事へのトラックバック一覧です: レスピーギ:バレエ組曲「シバの女王ベルキス」:

« 協奏交響曲といえば | トップページ | ねるねるねるね »