« 追記など | トップページ | ルクレール:2つのヴィオラのためのソナタ op.12 »

ブルッフ:2台のピアノのための協奏曲 op.88a

知る人ぞ知る、ブルッフ唯一のピアノ協奏曲。
しかも2台である。

全4楽章。
第1楽章は劇的に始まり、聴く者をその世界に引き込んでいく。
オケは雄弁だが、ピアノは静かに語るのみ。他の3つの楽章への序章といったところか。
第2楽章は、(恐らく)チェロとヴィオラの美しい序奏に続いて、
明るい曲調のアレグロ。
第3楽章は、ブルッフらしい、甘く切ない曲調にたっぷりと浸れる、
この曲の白眉とでもいうべき楽章。
そして終楽章。この楽章が一番コンチェルトらしい楽章である。
2台のピアノがオケを従えて華やかに曲を締めくくる。

全体的に協奏曲的と言うか、2台のピアノが火花を散らす!といった印象は受けない。
どちらかというと2台が溶け合っているというか、2台で1つの楽器といった感じである。

その疑問はCD解説を見て納得がいった。
前に書いた弦楽八重奏曲が弦楽五重奏曲が原曲だった様に、
このコンチェルトにも原曲があったのだ。
それはオルガンと管弦楽のための組曲第3番。

おお、これは絶対に聴きたい。と思っていたら、
思わぬところで手に入ってしまった。
それはまた後日。

Max Bruch : Concerto for two pianos and orchestra, Op.88a
Güher and Süher Pekinel(piano)
Philharmonia Orchestra
Sir Neville Marriner

(CHANDOS CHAN 9711)
因みにこのCDにはモーツァルトとメンデルスゾーンのやはり2台のピアノのためのコンチェルトが
収録されています。
もちろん2曲とも長調の中で、ブルッフ君は短調♪as-Moll(変イ短調)ですよ。

|

« 追記など | トップページ | ルクレール:2つのヴィオラのためのソナタ op.12 »

mayoneko聴く」カテゴリの記事

ブルッフ Bruch」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ブルッフの2台のピアノの・・・を検索していたらここにたどり着いたharuと申します。
突然の書き込み、失礼かと思いましたが、あまりにも嬉しくてつい。

私はこの曲がすごく好きで、いつも聴いているのですが、原曲があるんですね!
知りませんでした。
しかも音源があるんですか?
是非聴いて見たいです。

なかなか演奏会には登場しないですからね・・・
一度は生で聞いてみたいです。

投稿: haru | 2007年4月 8日 (日) 18時17分

haruさま初めまして。
つたない文章をお読みくださってありがとうございます。
しかも、同じ曲が好きな方がいらっしゃって嬉しいです。びっくり!
お持ちのCDはやはりCHANDOSのものでしょうか?教えていただければ幸いです。
それと、原曲の音源は確かにあります。ただしあまり演奏がよろしくないですが・・・それはまたブログに書きますので、お待ちくださいませ。

投稿: mayoneko | 2007年4月 8日 (日) 21時42分

私が聞いてるのは、PHILIPSのCDです。
メンデルスゾーンとブルッフの2台のピアノのための協奏曲が入っていました。
図書館で借りたので実物は持ってないですが(笑)

ブログ楽しみに拝見させていただきます


投稿: haru | 2007年4月 8日 (日) 22時31分

haruさんのお持ちのものはラベック姉妹のものですね?
私の持っているのも姉妹デュオですし・・・この曲の初演もやはり姉妹デュオだったのですね、名前は・・・おっとこれはブログに書かなきゃ。
私もラベック姉妹のものを探してみます。

投稿: mayoneko | 2007年4月 9日 (月) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203003/14078605

この記事へのトラックバック一覧です: ブルッフ:2台のピアノのための協奏曲 op.88a:

« 追記など | トップページ | ルクレール:2つのヴィオラのためのソナタ op.12 »